2008年03月の記事一覧

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

月別アーカイブ:2008年03月

2008年03月の記事一覧。中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!
No Image

2008-03-30自力登校へのチャレンジ
適応指導教室の先生の勧めもあったため、息子と今一度向き合いました。趣旨は学年が変わる4月の始業式に行くことです。又この日行けなければ担任・クラスも変わっているためもう学校へ行くことは難しいと思いました。どのように話をすればよいのか息子も適応指導教室の先生から言われたこともあり、自分でも何とかしなくてはという思いもあったようです。「始業式いってみるわ」 という息子の言葉が確認できました。でもそれを鵜呑...

記事を読む

No Image

2008-03-26不登校安定期
適応指導教室で懇談がありました。先生と親の2者です親のほうから聞きました 「ここでの様子はどうですか?楽しそうにしているのでしょうか?」 「行ったかどうかわからないのですが、どうすればよいですか?」 「先週はお腹が痛いといって行けませんでした。何か心あたりはありますか?」  本人も悩んでいる様子があります  母 「2年生になったらどうするの?」  息子「そろそろ行かなあかんなぁ」  母 「終業式はど...

記事を読む

No Image

2008-03-25相談機関(初期~)
病院のメンタルヘルス科を受診しました前回12月に初めてみてもらい、この日の予約をしていました。2月から適応指導教室に行っていることも話しますこの日病院の先生には次のようなことを伺いました ・病院で何ができるのでしょうか ・きっかけがないとこのままですか? ・うしろから押してやることは必要でしょうか ・『学校』の必要性はどう考えますか ・朝起きる・学校へ行くは本人がその気にならないと無理なのでしょうか...

記事を読む

No Image

2008-03-14復学支援
やはり8時には起きません昨日「明日は朝から行くから」と言っていたのですが、やっぱり無理なようです9時すぎに起こすとやっと起きてきます息子は10時半すぎに行くと言いますが、それではダメだと言い聞かせました10時に適応指導教室へ行きました。でも12時にはもう帰ってきましたこの日、私は休みをとっていたため以前から気になっていた相談機関、不登校自立支援センター(ファーストホームエデュケーション)へ電話をしようかと...

記事を読む

No Image

2008-03-10不登校安定期
8時に起こしますが起きません。9時に起こすと起きてきます今日は適応指導教室の日ですあいかわらず、勉強をする午前中には行こうとしません。今日も昼から遊びにだけいきました「お茶代ちょうだい」とよく言ってきます。このお茶代は150円ですが、毎日続けば結構な額になります。でもこれくらいのお小遣いで行けるのならとつい思ってしまいます。なんとなく使わずにゲームを買うたしにしているのではと。3月に入って、朝起きる時間...

記事を読む

No Image

2008-03-07不登校安定期
朝8時におこしますが、起きません今日は適応指導教室の日です9時半に起こすとすんなりと起きてきます息子はすぐにパソコンを始め、今日のお昼何?と食事の心配をしています昼食の親子丼を自分で作らせます最近よく、「お母さん、何時にいくの?」と聞きます息子を適応指導教室まで送っていきました。きょうは違う場所での活動予定らしく、事務の先生しかおられません。今からでもそっちへ行ったらと言われましたが、息子は部屋の中...

記事を読む

No Image

2008-03-06不登校安定期
朝方3時頃起きたようすです。息子 「がんばって起きとくからドリンク剤買って」母  「朝になったらね」その後卵丼を自分で作って食べています。きがつくと又寝ていました。9時に起こすと、息子は時計をみて「 しまった」という表情をしています食事時間以外に食べたことを注意したかったのですが、がまんしました息子は「今日遠出するから、お茶代ちょうだい」といいます夕方の塾は、遠出して疲れたのかやすみました...

記事を読む

再登校準備

適応指導教室の先生の勧めもあったため、息子と今一度向き合いました。
趣旨は学年が変わる4月の始業式に行くことです。
又この日行けなければ担任・クラスも変わっているためもう学校へ行くことは難しいと思いました。

どのように話をすればよいのか

息子も適応指導教室の先生から言われたこともあり、自分でも何とかしなくてはという思いもあったようです。
「始業式いってみるわ」 という息子の言葉が確認できました。

でもそれを鵜呑みにして何もせず待つには1年近い不登校の月日はあまりにも長く安心できません。
きっと息子の気持ちもいろいろ心配なことが多すぎて、具体的には考えられないのだと思います。

今まで読んだ本の中に再登校にむけての準備がかかれた本があり、素人ながら参考にしてみることにします。
以下のようなプリントを作り、息子に○をつけてもらいました

【学校について】
制服(サイズ)    着れる  ・着れない
持ち物        わかる  ・わからない
名札         ある   ・ない
上履き        はける  ・はけない  
  靴箱の位置    わかる  ・わからない
体育館シューズ    はける  ・はけない
一年時の注文品
教室の席       わかる  ・わからない
給食の当番の仕事   わかる  ・わからない
トイレの場所     わかる  ・わからない
登校           一人で行く ・ 友達と行く ・ 車で送る
クラブ          やめる  ・ もう一度したい ・わからない

【心配事】
休んでいたことを友達に何といわれるか   心配 ・気にしない
   聞かれた時に何と答えるか (               )   
クラスのみんなに不登校してたと思われる  心配 ・気にしない ・わからない
休んでいたことを先生に何かいわれる    心配 ・気にしない ・わからない
家で何をしてたか聞かれる         かまわない  ・いや 

【授業】
勉強がわからない             心配 ・気にしない
宿題がわからない             心配 ・気にしない
宿題ができていないと           学校へ行きにくい ・気にしない
授業時間中座っていられるか        心配 ・気にしない ・大丈夫
授業中あてられたら            かまわない  ・いや 
わからない事を友達に聞けるか       聞ける ・ 聞けない ・わからない
教室移動の場所              わかる ・わからない
音楽の楽器         
国語の漢字                心配   ・気にしない   
国語の作文が書けない           心配   ・気にしない ・書ける
体育                   心配   ・気にしない 
  マラソンについていけるか

一番気になる(心配)なことは? (                   )



このプリントは、言葉で説明するよりよいのではと思ったのです。

今から思えば全くの素人考えでお恥ずかしい限りです。専門の先生方から見れば、お叱りを受けるかもしれません。

でもこの時に一番良いと思ったことをしました。
又この自分でやって失敗した経験がなければ支援をお願いする所まで考えなかったかもしれません。


この次に今までの担任の先生に連絡をとりました。
もちろん来年は違う先生かもしれません。
でもまだこの時点では息子の担任なのだからという気持ちで、始業式に登校できるよう助力をお願いしました。

適応指導教室  懇談

適応指導教室で懇談がありました。先生と親の2者です

親のほうから聞きました
 「ここでの様子はどうですか?楽しそうにしているのでしょうか?」
 「行ったかどうかわからないのですが、どうすればよいですか?」
 「先週はお腹が痛いといって行けませんでした。何か心あたりはありますか?」
 
本人も悩んでいる様子があります
  母 「2年生になったらどうするの?」
  息子「そろそろ行かなあかんなぁ」
  母 「終業式はどうするの?」
  息子「悩んでるねん」

先生から息子の様子を伺いました。

「パズルを集中してやっています」
「『うの』をみんなで楽しそうにしてます」
「でも、ここへ行くように言われたから来ているようで、楽しいから来ているのではないかもしれません」
「まだ来たり来なかったりで定着していない様子です」
「本人との懇談で、始業式には行くようにいいました。
ここの性格上始業式からこちらへはできないんです。行ってみてやっぱりダメだったら、くることになるのですが」
 「本人も高校には行きたいと言っていますが、積極的な返事ではなかったです」
 「お母さんからもぜひ始業式に行くように言ってあげてください」


息子本人と懇談をされたようです。
その時に終業式・始業式の話をして誘われたらしいのですが、
それが苦しく先週のお腹痛になったのでしょうか

先生はさらりと言われましたが
本人にこの話をするのは、すごく怖いのです。
又失敗して今よりひどい状態(体調・機嫌)にならないか不安です
でも今の状態が一番よいとも思えません。
親として逃げるわけにはいかないのかもしれません。

始業式は行く方向で本人に話しをしようと思います。
『やっぱり無理だった』でも問いかけは必要かもしれません


この時私の中では4月からもここへ来るのであれば週3日の約束を少し増やさないといけないかもと思っており、息子が話しを聞いて学校へ行くとは思えなかったのです

病院ー2

病院のメンタルヘルス科を受診しました
前回12月に初めてみてもらい、この日の予約をしていました。

2月から適応指導教室に行っていることも話します

この日病院の先生には次のようなことを伺いました

 ・病院で何ができるのでしょうか
 ・きっかけがないとこのままですか?
 ・うしろから押してやることは必要でしょうか
 ・『学校』の必要性はどう考えますか
 ・朝起きる・学校へ行くは本人がその気にならないと無理なのでしょうか

先生からは、
  ・家でいても人間関係の経験は止まったままかもしれません
  ・学校へ行けても、勉強・人間関係でつらいかもしれませんね
  ・中1も終わりなのに、小学校6年生程度の人との付き合い方しかできていない感じです

 ・『 広汎性発達障害』の可能性もありますが、検査しないとわかりません
   これは本人が積極的に検査に取り組まないとわからないんです

どうも他人とのかかわりが未熟なようです

同年齢より、上の大人でない人とのかかわる機会が必要です
本人が変わらず、学校へ行ってもつらいだけかもしれない

お兄さん的な役目をしてくれる人、そして息子本人に働きかけてくれる所はないか聞きましたが、
やはり親への対応のみの相談機関が多いようです。

電話相談

やはり8時には起きません
昨日「明日は朝から行くから」と言っていたのですが、やっぱり無理なようです
9時すぎに起こすとやっと起きてきます

息子は10時半すぎに行くと言いますが、それではダメだと言い聞かせました

10時に適応指導教室へ行きました。

でも12時にはもう帰ってきました


この日、私は休みをとっていたため以前から気になっていた相談機関、
不登校自立支援センター(ファーストホームエデュケーション)へ電話をしようかと思っていました。
ネットでみて知ってはいたのですが、特に何もしていませんでした。

しかし、最近の息子のようすをみていると、このままではいけないという気持ちがふくらみます。
適応指導教室には行っていますが、毎日ではなく勉強のない昼からです。
はたしてこれでいいんでしょうか?
以前に他機関に電話をして中学生だからと聞いてもらえなかったため、
どうしても慎重になります。
今度は中学生も対応しているのでしょうか。

この時フルタイムで働いていたため、平日の営業時間内にはなかなか電話できませんでした。
そして時間を取るほどの行動をしようとしませんでした。
親も逃げていたのでしょうか。

ファーストホームエデュケーション(FHE)に相談の電話をしてみました。
代表の藤本先生が電話で応対してくださいました。

息子の状況を説明します。
中1の6月から五月雨登校で7月から完全不登校になっています。
この時期はだいぶ私のほうも落ち着いて説明できるようになっていました。
しかし小学生の時はどうですか?と聞かれて、あまりにも自分の記憶が少ないことに驚きました。

先生はまず親がどうしたいのか?
  家ですごさせるのか 
  適応指導教室に行くのか 
  学校へもどすのか 
  寮へいれるのか 
色々な選択肢があることを伺いました。

今適応指導教室に行っているというと、中学校を卒業する15才以上になった時に、
高校・家・居場所のどれを選択するのか。
一度ご主人とともに話し合って又電話して下さいといわれました。

この時、私の中で気持ちは固まっておらず、先生の書かれた本が手に入らないことを言うと直接送るように言ってくださいました。

この時1時間程もお話させてもらったでしょうか。


まだまだ私の中で決断はできませんでした。

適応指導教室 −4

8時に起こしますが起きません。9時に起こすと起きてきます

今日は適応指導教室の日です

あいかわらず、勉強をする午前中には行こうとしません。
今日も昼から遊びにだけいきました

「お茶代ちょうだい」とよく言ってきます。

このお茶代は150円ですが、毎日続けば結構な額になります。
でもこれくらいのお小遣いで行けるのならとつい思ってしまいます。

なんとなく使わずにゲームを買うたしにしているのではと。


3月に入って、朝起きる時間が遅くなりました。
適応指導教室は週3日行きますが、昼からだけです。
はたして本当にこれでいいのか迷います

やる気

朝8時におこしますが、起きません

今日は適応指導教室の日です

9時半に起こすとすんなりと起きてきます

息子はすぐにパソコンを始め、今日のお昼何?と食事の心配をしています
昼食の親子丼を自分で作らせます

最近よく、「お母さん、何時にいくの?」と聞きます

息子を適応指導教室まで送っていきました。
きょうは違う場所での活動予定らしく、事務の先生しかおられません。

今からでもそっちへ行ったらと言われましたが、息子は部屋の中に入って、すぐに出てきました。

あいかわらずやる気のない息子です

不登校中の日常ー2

朝方3時頃起きたようすです。


息子 「がんばって起きとくからドリンク剤買って」

母  「朝になったらね」

その後卵丼を自分で作って食べています。きがつくと又寝ていました。

9時に起こすと、息子は時計をみて「 しまった」という表情をしています

食事時間以外に食べたことを注意したかったのですが、がまんしました


息子は「今日遠出するから、お茶代ちょうだい」といいます

夕方の塾は、遠出して疲れたのかやすみました
Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます