2008年04月の記事一覧

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

月別アーカイブ:2008年04月

2008年04月の記事一覧。中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!
No Image

2008-04-26復学支援
息子はこの日、自転車で漫画やゲームの店へ行くと言っていました。そこで私が帰宅後、息子との会話でこの話しをしていました 母 「今日は出かけたん?」・・・? 息子「うん。昨日言ってたとこ」 母 「疲れたやろ」・・・? 息子「足が痛いわ」この時の会話で添削されました本来学校へ行っているから土・日・祝・春夏冬休みがありますよね。学校休んで漫画屋に行っている子に「お疲れ様」はないです!本来は親として認められな...

記事を読む

No Image

2008-04-25娘のこと
この日父親が休みのため、なかなか起きない娘のことを父親に任せて私は出勤しました。父親は娘に対してかなりきつく登校を促したようですそのあと、娘から電話がかかってきました。「もうわからへん。どこにも居場所ない。学校でも家でも。どうしたらいいん?」涙声で電話してきた娘に対してどういえばいいのか迷いました。この時はとにかく娘のいいたいことを聞いてやろうと思って注意して話しました。 母「今体はしんどくないの...

記事を読む

No Image

2008-04-24復学支援
支援の依頼を決めた日から『会話ノート』をつけはじめました。この時のノートをみると、朝子供にむかって「学校どうするの?」という言葉かけに対して学校は行くべきなので、「どうする?」と聞くことはありません。これには休む又は行くというように休む選択肢を与えてしまっています。と添削されていました前日にも書きましたが、朝なかなか起きない高2の娘に対して 母「学校どうするの?」 娘「わからへん。どうしよう」 母...

記事を読む

No Image

2008-04-23復学支援
朝7時に娘を起こします。弁当がいるといっていましたが起きてきません息子も起こします。起きてきますがリビングのソファで又寝ています学校どうするん? と聞くと息子は手を横にふって行かないしぐさをします娘のほうは10分おきにおこしますが、起きませんとうとう私のほうから聞きます 母 「学校どうするん?」 娘  「わからへん」 娘の体をゆすぶって起こしますが起きません 娘 「 やすむ・・・」 母 「学校...

記事を読む

No Image

2008-04-22復学支援
不登校自立支援センター(ファーストホームエデュケーション)に初回カウンセリングをお願いしました。両親そろってということで、今まで行ったことのあるところは母親だけだったので、主人との都合をあわせるのが大変でしたが、息子の大事ですので主人も了解してくれました息子の不登校の経緯は今までいろんな所でさんざん説明してきていますので、おおまかなポイントを書いた資料は用意していたのですが、その中でも小学校時代の...

記事を読む

No Image

2008-04-19自力登校へのチャレンジ
4月19日(土)朝起きませんこの日は前日に買いたいものがあると言っていたので、無理やり起こしました夜は12時頃に寝ていると言っています。もっとはやく寝ないとダメなんじゃないのと聞くと薬(アレルギー性鼻炎)のせいといいます昼食とCDの代金として1000円渡しました休みの日は比較的すんなりと起きます本人も多少気にしているのでしょうか4月21日(月)朝7時から30分おきに起こしますが起きませんそのままにして、私...

記事を読む

No Image

2008-04-16自力登校へのチャレンジ
4月16日(水)朝7時に息子は自分で起きてきましたしかし、そのあとソファで寝てしまいます7時半にもう一度声をかけますが動こうとしませんこの日はあまりうるさく言わず、出勤しました4月17日(木)この日朝7時から30分おきに起こしますが起きません起きる様子がないため、そのままにして出勤します4月18日(金)この日も息子は起きません本人は昼間ゲームとパソコンで1日すごしているようです。塾も行っていません様子をみ...

記事を読む

No Image

2008-04-15自力登校へのチャレンジ
朝起こしますが起きません息子「・・・しんどい」母 「 病院へ行こうか?」息子「うん」母 「病院のあと、1時間だけでもいいから学校へ行きなさい」 息子「 ・・・・」 8時半頃、息子に用意ができたかどうか声をかけます息子「ちょっとくらい待たれへんのか!」 怒ってイライラしてる様子ですさっさと私服に着替えて、玄関へ向かいます母 「 もう準備できたの?」息子「お母さんが行くって言ったんやろ!」かかりつけの胃腸内科...

記事を読む

No Image

2008-04-14自力登校へのチャレンジ
朝7時10分に起こしますが起きません10分後にもう一度起こしますがやっぱり起きません息子はとてもしんどそうな様子をしています息子も頭ではわかっていても、体がいうことをきかないのでしょうか8時10分頃、息子はトイレへ入ってしまいました1時間後、トイレから出てきました 母 「今週は遅れてでも・ちょっとでも学校へ行ったほうがいいよ」息子「・・・・・」 つらそうな表情はしていますが、あまり反発はありません母 「昼(5...

記事を読む

No Image

2008-04-10自力登校へのチャレンジ
4月10日(木)7時に起こしますが起きません7時半になってやっと起きました。しかしヨーグルト1個だけ食べて家を出て学校へ行きました。息子は無言です。4月11日(金)7時に起こしますが起きません7時半になり、つきっきりで起こしますが起きようとしません表情がとてもつらそうです。結局この日は行くことができませんでした。頭がぼーっとするというので、朝1番で耳鼻科へ息子は『稲科の雑草』でアレルギー性鼻炎を持っています。...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

不登校中の外出

息子はこの日、自転車で漫画やゲームの店へ行くと言っていました。

そこで私が帰宅後、息子との会話でこの話しをしていました

 母 「今日は出かけたん?」・・・?
 息子「うん。昨日言ってたとこ」
 母 「疲れたやろ」・・・?
 息子「足が痛いわ」

この時の会話で添削されました

本来学校へ行っているから土・日・祝・春夏冬休みがありますよね。
学校休んで漫画屋に行っている子に「お疲れ様」はないです!
本来は親として認められないことをさせていると自覚しましょう。


不登校中、学校の先生にも外出のことで注意されたことがあります。
近所のコンビ二に昼御飯を買いにいった時にたまたま先生が息子をみかけられたそうです。

その時は、別に悪いことをしてるわけではないし、家から一歩もでないことも健康上よくないから、外出はかまわないのではないかと思っていました。

でも支援の先生のいわれていることをみると、親が学校に行かないことを認めてしまっている対応をしていると、子供の気持ちも家での楽な生活に流されるのでしょうか



夕食の手伝いを息子に頼んだのですが、
休んでいる子に手伝いはさせない。
「お手伝い」は本来自分のすべきことをして余力でサービスしてもらうものですね。

と注意されてしまいました。

この時期、食事中の会話も私が口出しをして息子が怒って空気がわるくなることが多かったようです。
私がよかれと思って息子との会話に努めていたのですが、逆効果だったようです。
スポンサーサイト

娘の迷い

この日父親が休みのため、なかなか起きない娘のことを父親に任せて私は出勤しました。
父親は娘に対してかなりきつく登校を促したようです

そのあと、娘から電話がかかってきました。

「もうわからへん。どこにも居場所ない。学校でも家でも。どうしたらいいん?」

涙声で電話してきた娘に対してどういえばいいのか迷いました。
この時はとにかく娘のいいたいことを聞いてやろうと思って注意して話しました。

 母「今体はしんどくないの?」
 娘「うん。何もかも中途半端なんがあかんのやと思うけど」
 母「何が中途半端なん?」
 娘「わからへん」
 母「いろいろ考えられへんもんな」
 娘「お父さんが心配してくれるのは」いいけど、心配しすぎるのはいやや」
  「 まだ不登校ちゃうやん。学校も行ってるし、大学も行きたいもん」
 母「がんばってるもんな」・・・?

仕事中のため、この場はとりあえず電話をきりました。
一生懸命娘の言いたいことを聞いたつもりです。

ただあとで?のように
アクティブに聞くのことは大切ですが、後々のことも考えて
(頑張れていないことを追求しないといけない時がきます)
ウソにならないように気をつけましょう

と指導していただきました。

会話ノート

支援の依頼を決めた日から『会話ノート』をつけはじめました。

この時のノートをみると、朝子供にむかって
「学校どうするの?」という言葉かけに対して

学校は行くべきなので、「どうする?」と聞くことはありません。
これには休む又は行くというように休む選択肢を与えてしまっています。


と添削されていました


前日にも書きましたが、朝なかなか起きない高2の娘に対して
 母「学校どうするの?」
 娘「わからへん。どうしよう」
 母「・・・」
 娘「休むわ」
 母「わかった」
というようなやりとりをしていました。

これは、
母親の私が娘に対して「わかった」と休む許可を与えていることになると教えていただきました。

半分くせのようになっていて
「お母さんどうしよう?」「そうやなぁ。〜したら」というやりとりが頻繁にありました。


この日、娘が朝登校するのを確認することができずに出勤しました
10時頃、仕事場から家へ電話しました。息子が出ます
 母「お姉ちゃん(学校)行ったかなぁ」・・・?
 息子「行った」
 母「朝ご飯たべたん?」
 息子「食べた」
 母「お昼何食べるかわかる?」・・・?
 息子「うん」

以前はまったく気にせずにしていた会話です。
あまり自分からしゃべろうとしない息子に対して、私からしゃべってしまう傾向がありました

この会話で、?休んでいる息子に姉の登校を確認することはよくありません。本来家にはいないはずですよね

お昼を心配して聞いたのですが、?本来は学校で食べるべきところですよね。「悲しくてこういう話はできない」気持ちではないでしょうか。普通に家での昼食の話をしていると行かないことを認めてしまうことになります。

上記のような問題があると言われました。


私の頭の中では学校へ行ってほしいという気持ちがありますが、
実際には家にいることをあたりまえのこととして対応してしまっていました。

支援依頼の決断

朝7時に娘を起こします。弁当がいるといっていましたが起きてきません

息子も起こします。起きてきますがリビングのソファで又寝ています

学校どうするん? と聞くと息子は手を横にふって行かないしぐさをします

娘のほうは10分おきにおこしますが、起きません

とうとう私のほうから聞きます

母 「学校どうするん?」

娘  「わからへん」

娘の体をゆすぶって起こしますが起きません

娘 「 やすむ・・・」

母 「学校に電話するよ」

娘 「うん」

この後、朝食を無理やり食べるように言い、娘も食べましたが、その後夕方までずっとねていました 



支援を頼むかどうするかの結論をださなくてはいけません
私の気持ちはほぼ固まっていたのですが、主人の気持ちは?

あまり、私が主導で決めてしまうと後々うまくいかないかと思い主人の返事を待ちました
「頼むしかないやろ」という結論をだしてくれました

主人にしてみれば、息子だけの問題と思っていたのが、急に娘の問題としても登ってきたため、すごく心配だったようです。
男親にとって娘は又息子とは違うのでしょうか

夕方 不登校自立支援センター(ファーストホームエデュケーション)に電話をし、支援の依頼をお願いしました。

初回カウンセリング

不登校自立支援センター(ファーストホームエデュケーション)に初回カウンセリングをお願いしました。

両親そろってということで、今まで行ったことのあるところは母親だけだったので、
主人との都合をあわせるのが大変でしたが、息子の大事ですので主人も了解してくれました

息子の不登校の経緯は今までいろんな所でさんざん説明してきていますので、
おおまかなポイントを書いた資料は用意していたのですが、
その中でも小学校時代のことを聞かれるとほとんど記憶がなく、言葉につまります。
よほどこの時期は親が子供を見ていなかったんだなあと反省です

中学校になってからのことや、心理検査の結果などもみてもらいました。

多少障害があるかないかの分かれ目(グレーゾーン)より少し上程度の結果です。


この時藤本先生に息子の性格やコミュニケーション能力は改善するのでしょうかと伺ったところ、
わからないという答えだったと思いますが、自分の子供ならやってみる価値はあると思いますといっていただきました。
もし学校へ行けなくても、人とのかかわり方がよくなるのならと思いました。


娘のことも聞かれました。
特に私たちは娘の心配はしていなかったのですが、娘のほうが心配といわれ、
主人が大変心配していました

方法や金額の説明をしていただいたのですが、さすがに金額のことは良く覚えているのですが、
復学の方法についてはほとんどこの時何を説明してもらったか覚えていないのす。
それだけ混乱していたのでしょうか。

この時期、息子に直接働きかけてくれる方法の必要性を強く感じていました。

そして、訪問カウンセラーを取り入れられていることはホームページでみて理解していましたので、
私の中ではほぼお願いしたい気持ちが強かったのですが、やはり夫婦の足並みがそろわないことには、
後々難しくなると思い、後日返事をすることにし、この日は帰りました。

逆もどりー2

4月19日(土)

朝起きません

この日は前日に買いたいものがあると言っていたので、無理やり起こしました

夜は12時頃に寝ていると言っています。
もっとはやく寝ないとダメなんじゃないのと聞くと薬(アレルギー性鼻炎)のせいといいます
昼食とCDの代金として1000円渡しました

休みの日は比較的すんなりと起きます
本人も多少気にしているのでしょうか



4月21日(月)

朝7時から30分おきに起こしますが起きません

そのままにして、私は出勤しました

息子が何時に起きたのかわかりません
息子は多少イライラしているようです

このところ朝起きずに昼頃におきているようです。
そうすると食事時間もずれてきています。

13時から14時  朝・昼兼用の食事を摂る

夕方18時頃  お腹がすいて御飯だけ食べる。

夕食20時   お腹がすかないといって、食卓にはつきますが不機嫌な様子です

夜中1時2時  お腹がすいて何かたべます。

夜中の3時頃にねています

逆もどり

4月16日(水)

朝7時に息子は自分で起きてきました

しかし、そのあとソファで寝てしまいます

7時半にもう一度声をかけますが動こうとしません

この日はあまりうるさく言わず、出勤しました



4月17日(木)

この日朝7時から30分おきに起こしますが起きません

起きる様子がないため、そのままにして出勤します


4月18日(金)

この日も息子は起きません

本人は昼間ゲームとパソコンで1日すごしているようです。

塾も行っていません

様子をみるようにと支援の先生に言われたので、何も言いませんが、
朝は起きない・1日かってにすごしている・塾も行っていないという状況では、
こちらが我慢できなくなり、息子につらくあたってしまいそうになります。

食事中に食べ方や昼食のことで注意すると
「もう食べへんよ」と言って部屋へもどってしまいました

しかし少し時間をおくと、又いつもどおりの様子でパソコンをしています

自力登校の限界

朝起こしますが起きません

息子「・・・しんどい」
母 「 病院へ行こうか?」
息子「うん」
母 「病院のあと、1時間だけでもいいから学校へ行きなさい」
息子「 ・・・・」

8時半頃、息子に用意ができたかどうか声をかけます

息子「ちょっとくらい待たれへんのか!」

怒ってイライラしてる様子です
さっさと私服に着替えて、玄関へ向かいます

母 「 もう準備できたの?」
息子「お母さんが行くって言ったんやろ!」


かかりつけの胃腸内科へ行きました
少し風邪の引き始めのようです
息子ヌキで医師に不登校による症状の話をしました。
今後又お世話になるかもしれません

家に戻り朝ごはんを食べます。

息子に学校へ今からでも行くように促しました

息子はトイレに入ってしんどそうにしています

母 「 3時間目か4時間目どちらか行きなさい」
息子「 どっちでもいいよ」
母 「 じゃあ、3時間目に行く?送っていくよ」
息子「自分で行く」

息子は制服に着替えて、自分で行くからと言って家から出て行きました。


私は学校へ連絡をとるべきかと悩んでいると、息子が戻ってきました。

息子「 もう嫌や!」

玄関で泣き叫んでいました

息子「 後から行くのが嫌や。昨日も言われた。
   もうどうなってもいいから、ほっといてくれ!」

強く押していた分、反動が出たのでしょうか
この時の息子の様子をみて、もう今までの方法ではダメだと思い知らされました。


息子は部屋でこもって泣いていました

私は以前、電話で相談した不登校自立支援センターへ電話しました。

この時、もう私にできることはないという思いで一杯でした。

あいにくこの時は藤本先生がでられず、夕方4時にもう一度電話するようにいわれました。


息子を追いかけて、部屋で話をしました

息子は遅れて学校へ行くくらいなら1時間目から6時間目まで行くほうがいいと言っています。
やはり学校で友達に何か言われたのでしょうか

息子の様子は大分落ち着いたようでした。
この後、私は仕事へ行きますがなかなか仕事が手につきません。


夕方4時にもう一度不登校自立支援センターへ電話しました

藤本先生がでられ、始業式からの経過を相談しました
息子が始業式に行ったことを話すと、特殊な例と驚かれていました

「学校へ行けるのなら、毎日行けるはず。朝無理やり起こさないとダメなのは、行く気がないからですよ。 あまり、無理に学校へ行ったり行かなかったりするとクラスの雰囲気が悪くなって『あいつなんや!』と思われるので、今は無理に行かさないほうがいいです」と教えてもらいました。

このあとカウンセリングの予約をお願いしました。

先生から「 カウンセリングまではそっとしておくように」といわれました


仕事から家へ戻り、息子に話をしました

 母 「 これから方針をかえようと思う。
    学校へ行くのなら自分で7時に起きて行きなさい」
 息子「 わかった」



(4月22日にカウンセリングの予約をいれてもらいました)

自力再登校のハードルー3

朝7時10分に起こしますが起きません

10分後にもう一度起こしますがやっぱり起きません

息子はとてもしんどそうな様子をしています
息子も頭ではわかっていても、体がいうことをきかないのでしょうか
8時10分頃、息子はトイレへ入ってしまいました
1時間後、トイレから出てきました
 
母 「今週は遅れてでも・ちょっとでも学校へ行ったほうがいいよ」
息子「・・・・・」

つらそうな表情はしていますが、あまり反発はありません

母 「昼(5時間目)から学校へ行ったら」
息子「顔だけ見せて帰る」
母 「学校はそれではダメだよ」
息子「・・・昼から行くわ」


車で息子を中学校まで送っていきました

ちょうど正門で特別支援の先生とお会いしたので、息子のことをお願いして私は仕事へ行きました。


この時考えていたのは、

 今週は1時間だけからでも学校へ行かせたい

 休み始めると、いやな気持ちが大きくなってくるのでは?

 来週は無理強いをやめるべきか?

 朝は本当にしんどい・お腹が痛い様子で、この症状をどうしたらいいのか?

というようなことでした。

自力再登校のハードルー2

4月10日(木)

7時に起こしますが起きません

7時半になってやっと起きました。

しかしヨーグルト1個だけ食べて家を出て学校へ行きました。

息子は無言です。



4月11日(金)

7時に起こしますが起きません

7時半になり、つきっきりで起こしますが起きようとしません

表情がとてもつらそうです。

結局この日は行くことができませんでした。


頭がぼーっとするというので、朝1番で耳鼻科へ
息子は『稲科の雑草』でアレルギー性鼻炎を持っています。
毎年6月頃まで症状がでます。この日も診察と薬をもらいました。

4月14日(月)から授業が始まります。息子もやはり心配な様子です

1週間がんばって行って、つらい教科だけ対策を考えるべきなのか。


この時考えていたのが
  1週間で3日・4日と行く日を決めたほうがよいのか
  学校・適応指導教室・病院と選ばせればよいのか
       →適応指導教室へ流れてしまいそうです
  朝どうすればよいのか

行っても行かなくて迷います




(後から考えると、まだがんばらないと学校へ行けない状況だったんですね。)
                      2009・2月


Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。