2008年09月の記事一覧

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

月別アーカイブ:2008年09月

2008年09月の記事一覧。中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!
No Image

2008-09-29訪問カウンセラー
訪問のN先生が夕方から、こられました。帰られる時に、駅まで送らせてもらい、息子の様子を伺いました。『頑張っているが、学校が楽しいわけではないので、いつこけてもおかしくないと見ています。学校へ行かなきゃいけないという意識は入っています。多少、自閉傾向があります。自分の興味のあることに固執する傾向がみられます。誰とでも、気軽にしゃべれるわけではありません。』まだまだ、復学して日が浅く、2学期早々の忌引き...

記事を読む

No Image

2008-09-26娘のこと
9月に入って、7回目の欠席でした。最初は、お腹が痛い・風邪ひいたといろんな理由を言っていました。前日は風邪の理由で結局休んでしまいました。この日は、朝娘が動く様子がないので、藤本先生にメールで連絡をとっていました。先生(様子どうですか?風邪アピールしてきていますか?)母 (今日は、動いていますが微妙な感じです。今はしんどいとは言っていませんがだるそうにしています。「学校は行く」と言っていますが、用意...

記事を読む

No Image

2008-09-23復学支援
前日、学校を休んでしんどいといっていた息子です。この日は、祭日で学校はありません。息子は、朝一度起きてきますが、もう一度部屋へ戻ってしまいました。母 「あんた、風邪どうや?」−?息子「まあ、なんとか」?―誘発です。聞かない。夕方、外出から帰った時も同じことをしてしまいました母 「ただいま、調子どう?」―?息子「なんとか」母 「夕飯やで」?−これも誘発になるそうです。どんだけ心配性なのかと赤面です。...

記事を読む

No Image

2008-09-22復学支援
息子は昨夜から風邪気味でした。案の定、朝起きません。学校へ欠席の連絡をいれると、休みあけからのテストのことを言っておいてほしいと言われました。(言っても頑張りにはならない・・・)息子の欠席の理由はいくつか考えられます・風邪気味・テスト前・体育祭の練習・土曜日に遠出をして疲れた親の感では、体育祭の練習でひっかかっているのではないかと感じています。藤本先生に相談しました頑張っているところなので、盛り立...

記事を読む

No Image

2008-09-18娘のこと
娘を病院につれていきました。診察の医師に事前に少しお話をしました。娘が今、学校に行きたくなくなっていること登校が五月雨状態になっていることパソコンで、ネット依存がでていることカウンセラーの先生に対応してもらっているが医療系ではないこと娘からの、状態の説明はしんどい・ムカムカする頭が痛い生理不順があるそれに対しての医師からは、→いつから?それは、毎日か?1日のうちでずっと?→娘『今はしんどくない』 血圧...

記事を読む

No Image

2008-09-17中学校
中学校のT先生から電話が入りました学校での様子を教えてもらいました○朝保健室によっている。休み時間も。保健室の先生に『 しんどいんや』と話を聞いてもらっている。○手首を切った後がある。8月の末に姉とケンカした後にやったと本人が言ったそうで、生徒指導の先生が、息子に聞いた時は、ごまかしたようです。その後、保健の先生が聞くと、1時間くらい話をしたそうです。『 お姉ちゃんとケンカして、イライラしてハサミで傷つ...

記事を読む

No Image

2008-09-16娘のこと
娘が、起きてきましたが、リビングのソファで寝てしまっています。10分おきに声をかけるが、動きません。藤本先生にメールしました。『言い訳を許さない毅然とした態度で対応してください』難しいです・・・この日は、3時間目の途中から登校しました。学校からの連絡で、5時間目から保健室に行っていたそうです。このことを藤本先生に報告しました。『朝、もう休むつもりだったのでしょう。仕方なく登校したけど、5時間目から保健...

記事を読む

No Image

2008-09-10復学支援
息子は、朝機嫌が悪いなりにも、がんばって登校しています娘は起こしても起きません。娘 『22時半に寝て、朝の3時に目がさめた。もう一度寝てしまったから、眠くてしんどい。早く寝すぎた。』 −?こういって、悔しがっています。娘が「学校は行くから」。こう言うのを聞いて、私は出勤しました。11時半 娘から電話が入ります。まだ、家で寝ていた・・・?−?娘 「しんどい・・」母 「学校には遅れて行くって連絡したよ。」娘 「...

記事を読む

No Image

2008-09-08復学支援
朝、息子を起こしに行きます7時・7時30分と起こしますが、動きません。7時40分 父親が息子を起こしにいきました。息子は、起きましたが、登校の準備をしながら「ないものがたくさんある」と言っていました。このあと、トイレへ入って出てきませんでした。藤本先生へ、連絡です。夕方に入っていただけることになりました。待ち合わせの場所へ、藤本先生と訪問のM先生がこられました。こちらは、私と主人とでむかいました。簡単な...

記事を読む

No Image

2008-09-04復学支援
今日から、学校があります。忌引きで登校のリズムが崩れているのではないかと心配していました。すると、息子は朝起きましたが、気持が悪いといっています。トイレに入り、洗面器を抱えて吐きそうと言っています。しかし、実際には吐いていないようでした。娘は、短縮授業です。それでも、朝起きず学校は休みました。昼からのクラブには行ったようです。この翌日も、二人とも欠席です。とうとう・・・という気もちでした。メールで...

記事を読む

訪問の先生だから見えること

訪問のN先生が夕方から、こられました。
帰られる時に、駅まで送らせてもらい、息子の様子を伺いました。

『頑張っているが、学校が楽しいわけではないので、いつこけてもおかしくないと見ています。
学校へ行かなきゃいけないという意識は入っています。
多少、自閉傾向があります。
自分の興味のあることに固執する傾向がみられます。
誰とでも、気軽にしゃべれるわけではありません。』

まだまだ、復学して日が浅く、2学期早々の忌引きでピンチがありました。
そこからの立て直しをしてもらいました。

親として、つい勉強のことも気になります。
しかし、まだその段階まで行っていないようです。
今は毎日行くことが課題だと。
こうして、訪問の先生の目から見た息子の様子を聞かせてもらうことで、先へ進もうとする親の気持ちを何度も戒めました。

息子と父親の関係についても、助言いただきました。
N先生がこられている時に、父親が帰宅したようです。
すると、とたんに息子がソワソワしだして、2階の自分の部屋へ行ったそうです。
我が家は、怒りすぎる父親という感じで、
訪問の先生の目からみても、父親として機能していないとききました。
ただの怖い人になっている。怒っても最後まで言うことができていない
売り言葉に買い言葉ではいけません

まだまだ課題の多い我が家です

朝のメール対応

9月に入って、7回目の欠席でした。

最初は、お腹が痛い・風邪ひいたといろんな理由を言っていました。
前日は風邪の理由で結局休んでしまいました。

この日は、朝娘が動く様子がないので、藤本先生にメールで連絡をとっていました。

先生(様子どうですか?風邪アピールしてきていますか?)

母 (今日は、動いていますが微妙な感じです。今はしんどいとは言っていませんがだるそうにしています。「学校は行く」と言っていますが、用意はまだしていません。)

先生(行く気はあるのね)

母 (行く気はあるけど、気力がない感じです。この場合、何も言わずにまかせるべきでしょうか?)

先生(いや、声かけしてみましょう。時間だよと緩い感じではなく毅然とした態度で。)

母 (言いに行くと、部屋でテレビを見ていました。「わかっているよ」だそうです。)

先生(今出ても、遅刻じゃない時間?)

母 (今からでは遅刻です)

先生(じゃあ、テレビ見ている場合じゃないですね。「出なさい。今でても遅刻でしょ!」くらい言いに行きましょう)

母 (「すぐに着替えて、出なさい」と言うと、「うん」と言って着替えようとはしました。でもそこで止まっているようです)

先生(そこまでで、OKです。お母さんのプレッシャーで押し出す力まではありません。ただ親として対応が緩んで認めてしまったのを徐々に正しい位置に戻している感じです。)

母 (娘は部屋から出てきません。何時に出勤しようか悩んでいます)

先生(もう、パッシブで家を出ましょう。これ以上お母さんが追い込んでも泣き出された時点で負けます。わかりますよね。流れは悪くないので学校と相談しましょう)

母 (何も言わずに、家を出ていいですか?)

先生(怒って出る感じでもいいですが、難しければ黙って出てください)

このあと、先生と連絡をとり、相談させてもらいました。
メールで指示をもらい、対応をします。
でも、その場では対応をすることで手一杯でなぜそうするのかといったことはわかりません。

後で、先生に電話で聞かせてもらいました。
もういい訳もでてきていない。親の対応もできている。学校からプレッシャーをかけてもらいましょう。担任と連絡を取ってください。
と指示をもらいました。

娘の担任に連絡し、一度学校へ相談に行きたい旨伝えました。
欠課数・欠席数といった細かい部分の計算を出してほしい
本人も、卒業したいと思っている。
親もできることはなんでもさせてもらいます。
学校側にも、ぜひ力を貸してください
こうお願いしました。

誘発

前日、学校を休んでしんどいといっていた息子です。
この日は、祭日で学校はありません。
息子は、朝一度起きてきますが、もう一度部屋へ戻ってしまいました。

母 「あんた、風邪どうや?」−?
息子「まあ、なんとか」

?―誘発です。聞かない。

夕方、外出から帰った時も同じことをしてしまいました
母 「ただいま、調子どう?」―?
息子「なんとか」
母 「夕飯やで」

?−これも誘発になるそうです。

どんだけ心配性なのかと赤面です。

マイナス発言

息子は昨夜から風邪気味でした。
案の定、朝起きません。
学校へ欠席の連絡をいれると、休みあけからのテストのことを言っておいてほしいと言われました。(言っても頑張りにはならない・・・)

息子の欠席の理由はいくつか考えられます
・風邪気味
・テスト前
・体育祭の練習
・土曜日に遠出をして疲れた

親の感では、体育祭の練習でひっかかっているのではないかと感じています。

藤本先生に相談しました
頑張っているところなので、盛り立ててあげたいですね。頑張りの量にガス抜きの量が見合っていないのかもしれません。夕方からM先生に対応してもらいましょう。
(午後に、訪問のM先生とS先生が来てくださいました。)

夕方、親が帰宅すると、息子は真っ暗な部屋で寝ながらテレビを見ていました。
父 「おまえ、今日どないしたんや」
息子「昨日から、しんどかってん」
父 「死ぬ気でがんばるって言ったんちゃうんか!」
息子「死んだらいいんやろ」
父 「・・・・」―?

険悪な状態になってきたので、母も息子の部屋へ行きました。
母 「しんどいの?」
息子「頭がわれそうに痛い」
母 「ちゃんと、朝言わないとあかんで」
息子は、話の間中、自分の手首をこぶしで殴っていました。手をつかんでやめさせようとしても無理やり続けています−?


?「自分で言った言葉に責任をもて。できなかったら死ぬなんて卑怯なこと言うな!」くらい言ってもかまいません。

?自分が悪い状態だという親へのアピールですから、止めなくて良いです。のらないようにしてください  

病院へ行く

娘を病院につれていきました。
診察の医師に事前に少しお話をしました。

娘が今、学校に行きたくなくなっていること
登校が五月雨状態になっていること
パソコンで、ネット依存がでていること
カウンセラーの先生に対応してもらっているが医療系ではないこと

娘からの、状態の説明は
しんどい・ムカムカする
頭が痛い
生理不順がある

それに対しての医師からは、
→いつから?それは、毎日か?1日のうちでずっと?
→娘『今はしんどくない』

血圧が低い
→血圧を下げる薬はあっても、上げる薬はない。(厳密にはあります)
これには、自分のモチベーションに関係します。
自分のハンデキャップと認めて対処方法を考えることです。
社会に出ると、血圧が低いからといって許してくれません。
今の学生の間に調整しないとね。

ドクターの奥様も血圧が低くて苦労された話を娘にしてくれました。
娘も、一生懸命聞いていました。

この診察の状況を藤本先生にも報告しておきました。

もちろん、娘の場合は、体調不良もウソではないのでしょう。
しかし甘えの部分も大きく見えていました。
それでも、母として本当の病気だったら・・・?という、気持も持っていました。
藤本先生にも、その気持は聞いてもらっていました。

先生に病気対応のメリット・デメリットを聞きました。
しかし、ゆっくりしてその後どうするのか?
元気がたまるまで待つのか?

先生に、両方の考え方を聞き、親として最善の方法を選びました。
娘には、今つらくても大学へ行って楽しい経験をさせてあげたいと思ったのです。


学校での様子

  •  投稿日:2008-09-17
  •  カテゴリ:中学校
中学校のT先生から電話が入りました
学校での様子を教えてもらいました

○朝保健室によっている。
休み時間も。
保健室の先生に『 しんどいんや』と話を聞いてもらっている。

○手首を切った後がある。
8月の末に姉とケンカした後にやったと本人が言ったそうで、
生徒指導の先生が、息子に聞いた時は、ごまかしたようです。
その後、保健の先生が聞くと、1時間くらい話をしたそうです。
『 お姉ちゃんとケンカして、イライラしてハサミで傷つけた』

担任のT先生が聞くと、すんなり話をしたそうです。
息子『ハサミで傷つけたんや〜』
T先生『痛かったやろ?傷つけても、解決しないし、やめときや』
息子『うん』

○勉強の面で、全体的にどの教科もよくがんばっています。本人の成長がみられます。
体育は、途中でギブアップですね。

○話が途中で突然変わることが多いです。
びっくりした顔をしてみせると、自分から『話かわるけど〜』と言ってくれました。
気づきがふえています。

○お昼の時、食べるのが早いです。
それを見てクラスメイトは笑っているのですが、本人は気にしていないようです。

細かく見ていただいていることに感謝です。

親の毅然とした態度

娘が、起きてきましたが、リビングのソファで寝てしまっています。
10分おきに声をかけるが、動きません。

藤本先生にメールしました。
『言い訳を許さない毅然とした態度で対応してください』
難しいです・・・

この日は、3時間目の途中から登校しました。
学校からの連絡で、5時間目から保健室に行っていたそうです。
このことを藤本先生に報告しました。
『朝、もう休むつもりだったのでしょう。仕方なく登校したけど、5時間目から保健室へ逃げた感じですね』

以前、娘が言っていた、一度病院へ行きたいという思いが強くなったようでした。
そこで、病院へ行くにあったて、気をつけることを伺いました。
体調不良には、軽い薬で対応してもらう。
メンタル的なことは、この年齢なら一般的なことと言ってもらってください。
年齢的に、精神的なことが原因と思い込みたい時期です。
『 ゆっくり休め』は休みっぱなしになる可能性もあるので、困ります

娘の「しんどい」

息子は、朝機嫌が悪いなりにも、がんばって登校しています
娘は起こしても起きません。

娘 『22時半に寝て、朝の3時に目がさめた。もう一度寝てしまったから、眠くてしんどい。早く寝すぎた。』 −?
こういって、悔しがっています。
娘が「学校は行くから」。こう言うのを聞いて、私は出勤しました。

11時半 娘から電話が入ります。まだ、家で寝ていた・・・?−?
娘 「しんどい・・」
母 「学校には遅れて行くって連絡したよ。」
娘 「しんどい」
母 「授業中寝ているからあかんのと違うの?」
  「体内時計が狂っているんじゃない?コマ切れで寝ているからしんどいのと違う?」
娘 「うーん」

娘のここまでの、出席状況は
登校日数99日・欠席日数28日


藤本先生に娘の対応を聞きました。
?−『5時間も寝ておきれないのは、言い訳です。娘さんの言い訳を切っていかないといけない時期です。』

娘からの電話に出ると、しんどいと言ってきます。どうすればいいのか・・・
?−『電話に出るとダメです。聞かないようにしてください。
どうも、お母さんは娘さんには弱いところがあるので、気をつけないといけませんね。
遅刻が続くとクラスのみんなから浮いてきます。女の子は特に。
訪問のS先生に、高校やめたら大変な話をしてもらうことも考えています
。』

息子の様子を見ていると、頑張りすぎているのではと思ってしまいます
今は、エンジン全開の状態だけど、またこけます。
それでも、そのつど指導が入っていくからそれでOKです。
朝送っていくのは、無しです。それで、遅れても良いです。
休んでしまっても、その後でフォローするから。送らない方針で行きましょう
。』

コーチング 3

朝、息子を起こしに行きます
7時・7時30分と起こしますが、動きません。
7時40分 父親が息子を起こしにいきました。
息子は、起きましたが、登校の準備をしながら「ないものがたくさんある」と言っていました。
このあと、トイレへ入って出てきませんでした。

藤本先生へ、連絡です。
夕方に入っていただけることになりました。

待ち合わせの場所へ、藤本先生と訪問のM先生がこられました。
こちらは、私と主人とでむかいました。
簡単な打ち合わせを聞かせてもらい、いざ家へ

家に帰ると、息子は部屋で寝ていたようです。
藤本先生が、息子の部屋へ行きリビングにつれてきました。
藤本先生と息子と二人で話しをしていました。

しばらくして、両親もリビングへ
息子「死ぬ気でがんばります」
父 「学校行かんでどうするんや!昼(ご飯)もかってなことしやがって。
   お前の体を心配してるんや!」
母 「今、みんなが手伝ってくれる時にがんばらな、いつがんばるの?」

息子に、少しは伝わったでしょうか?
訪問のM先生が残って、明日の準備を手伝ってくださいました。
M先生が帰られる時は、息子は玄関まで出て、うれしそうに話をしていました。

その後、藤本先生からメールで子供の様子を気にしてくださいっていました。
子供も落ち着いた状態でした。
父・母の対応があれでよかったのか、伺ったところOKの返事をいただき、ホッとしました。

忌引き後の欠席

今日から、学校があります。
忌引きで登校のリズムが崩れているのではないかと心配していました。

すると、息子は朝起きましたが、気持が悪いといっています。
トイレに入り、洗面器を抱えて吐きそうと言っています。
しかし、実際には吐いていないようでした。

娘は、短縮授業です。
それでも、朝起きず学校は休みました。
昼からのクラブには行ったようです。

この翌日も、二人とも欠席です。
とうとう・・・という気もちでした。
メールで、何か息子に言ったほうがいいのかと先生に問い合わせしました。

『完全パッシブで』というお返事でした。
週明けの月曜日が怖いです。

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます