2012年02月の記事一覧

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

月別アーカイブ:2012年02月

2012年02月の記事一覧。中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!
No Image

2012-02-29高校2年生
今日は、関東は雪で大変だったようです。こちらは、雨でしたが午後からは、晴れてきました。日本は広い!ここ数日、毎日藤本先生のブログを覗く日々でした。体調を壊され、緊急入院だったようで私達も心配しましたが、それを見透かしたかのように、ブログの更新をしてくださっていました。今日、とりあえず?退院の記事を読み、安堵しています。毎日、私たちからの相談を受け、対応をしてくださるその姿勢に感謝の言葉もありません...

記事を読む

No Image

2012-02-26家庭教育推進協会
先日、突然に懐かしい方から電話がかかってきました。今子育て真っ最中で、ものすごく頑張っている方です。携帯電話の名前表示が間違いかと思うくらいびっくりでした。普段なら、仕事に行く前で大慌ての時間ですが、その日は休み。午前中の早い時間で終わる予定が一つあるだけでした。まるで、それを知っているかのように電話をしてみようと思ってくださったのが嬉しいです。で、急きょランチをしに奈良までドライブに行ってきまし...

記事を読む

No Image

2012-02-17復学支援
2月16日の藤本先生のブログの記事を読まれましたでしょうか。記事を読み、色々考えることがあり自分のブログの記事としようと思いました。(先生の記事の趣旨とは離れるかもしれませんが・・・)ネットの世界では、復学支援は少数派なのでしょう。反対するかたもいます。実際に受けた私は反対する方の意図がわかりませんでした。それが、今回の藤本先生の記事で少し理解できたように感じます。公立中学と中高一貫校を選ぶ人の違い...

記事を読む

No Image

2012-02-13Weblog
二連休で、久しぶりにゆっくりと過ごせました。息子は、入試休暇で、土曜日から月曜日までなんと三連休!今は、試験前でもないし・・・ゆっくりと、のんきに過ごしています。昨日は、なんと起きてきたのは昼過ぎでした。今日は、10時起きてすぐに、パソコンの前に直行する息子です。私の風邪もやっとおさまり、こうしてブログの更新をすることができます。最近、なかなか更新することができずに、一番寂しいのは私かもしれません。...

記事を読む

No Image

2012-02-07高校2年生
寒い日が続いています。大阪も、とても寒いです。雪は降りませんが、備えがないので寒い私も風邪を引いております。ドスの効いた声になっています(笑)それでも、仕事も家事も休めないのが厳しいです風邪を引いた時点で、診察してもらい熱が急にあがったらもう一度すぐ病院へと釘をさされました。息子も、どうやら風邪をひいたようです。いつも、薄着でパソコンの前に座っているし、朝部屋へ起こしにいくと、布団を着ずに毛布だけ...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

学年末テスト前日

今日は、関東は雪で大変だったようです。
こちらは、雨でしたが午後からは、晴れてきました。
日本は広い!

ここ数日、毎日藤本先生のブログを覗く日々でした。
体調を壊され、緊急入院だったようで私達も心配しましたが、
それを見透かしたかのように、ブログの更新をしてくださっていました。
今日、とりあえず?退院の記事を読み、安堵しています。

毎日、私たちからの相談を受け、対応をしてくださるその姿勢に感謝の言葉もありません。
つい、自分のことを後回しにされる先生の性格もわかりますが、お体だけは気を配っていただきたいものです


わが家は、つかの間の平穏です。
息子は明日から学年末テストが始まります。
しか〜し、パソコンの前から動かない毎日です
息子が高校生になった頃から『勉強しなさい』という言葉を言わないようにしました。
それでも、親としては気になります
お世辞にも大丈夫とは言えない息子の成績

明日のテスト一日目は、世界史と家庭科ということでした。
お父さんの『100点やな〜』の言葉に、速攻で『無理』という息子でした。
2学期の中間テストで世界史は一桁の点数
家庭科は、テストは赤点ではありませでしたが提出物の未提出で結局赤点になってしまいました
今回のテストで挽回できるでしょうか

少し前に、塾の懇談がありました。
不登校中からお世話になっている塾です。
今の塾長先生も、当時の息子のことを知っていてくださり、
『この間、遅刻をしてきた時に遅れてすいませんと言ってくれたんです。』
と息子の成長を喜んでくれました。
今までなら、遅れても何も思っていなかった息子です。
遅れて、しまったと思ったからこそ出た言葉と塾長先生は知っていてくださいました。
こんなちょっとしたことも、聞かせていただけると嬉しいかぎりです。

息子は、中学の頃は数学は大の苦手でした。
1年間の不登校期間で、数学一つとっても欠損部分がたくさんあります。
高校1年の時は、数学は大の苦手科目でした。
それが、塾の先生のおかげで今では数学は得意と本人も言えるようになりました。
なんと、89点をとったこともあります(一回だけですが
勉強の土台部分がしっかりしていない息子ですが、得意科目に変わることもできるんだと、今は親の方が息子の頑張りに驚いています。
ただし、同じように教えてもらっている英語は、今でも苦手のようです

息子のテストは、5日間。
今日と明日の塾に加え、日にちを追加して4日間の塾が待っています。
頑張ってほしいです。






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
いつもこっそりポチしてくれるあなたへ、ありがとうございます


スポンサーサイト

ぷらす・エール懇親会のお知らせ

先日、突然に懐かしい方から電話がかかってきました。
今子育て真っ最中で、ものすごく頑張っている方です。
携帯電話の名前表示が間違いかと思うくらいびっくりでした。
普段なら、仕事に行く前で大慌ての時間ですが、その日は休み。
午前中の早い時間で終わる予定が一つあるだけでした。
まるで、それを知っているかのように電話をしてみようと思ってくださったのが嬉しいです

で、急きょランチをしに奈良までドライブに行ってきました
大阪から奈良というと遠いように感じていましたが、結構近いことを発見でした。
何もできない私ですが、少しは元気が出たでしょうか。
後で、帰ってから昼寝ができたとメールをいただき、ほっとした次第です。

子どもの問題は、どの母親でも大きな問題です。
それでも、自分が倒れてしまってはいけません。
その方へも、しっかり寝て・食べてねとお願いしました

話しをする。
話しを聞く。
これだけのことに、大きなパワーがあると信じて、今子育てに頑張っている方へエールを送ります


さて、その一端になればと、家庭教育推進協会の親の会(ぷらす・エール)の懇親会を予定しています。
会員の方へは、お知らせメールを送っています。
現在までに12名程度の方から参加のお返事をいただいています

もし、会員なのにメールが来ていないという方や、
これから会員になる予定の方。
一度覗いて見ようと思われる方は、
このブログの【メッセージ】(PC画面左横のバー上部にあります)でお名前とアドレスお知らせください。


ぷらす・エール(西日本支部)懇親会

◆開催予定日時◆
2012年3月31日(土曜日)

◆開催場所◆
大阪 難波周辺

◆運営管理◆
ぷらすエール西日本支部長および副支部長

※参加希望のメールはなるべく3月10日までにお願いいたします。(10日以降も受け付けいたします)

たくさんの方とお会いできることを楽しみにしています




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
息子の学年末試験が近づいてきました。無事進級してくれ〜(汗)

皆と違うことがストレスになる

2月16日の藤本先生のブログの記事を読まれましたでしょうか。
記事を読み、色々考えることがあり自分のブログの記事としようと思いました。
(先生の記事の趣旨とは離れるかもしれませんが・・・)

ネットの世界では、復学支援は少数派なのでしょう。
反対するかたもいます。実際に受けた私は反対する方の意図がわかりませんでした。
それが、今回の藤本先生の記事で少し理解できたように感じます。
公立中学と中高一貫校を選ぶ人の違いはあっても、どちらかが間違いという人はいません。
家庭の考え方・子どもの性格が違うのですから。
不登校の対応も違って当たり前なのかもしれません。

先生の記事で、「みんなと同じことができるようにすること」と、「人と違った道でもいいじゃないか」、という選択肢を考えた場合として書かれています。
そして、子どものタイプに2種類あると書かれています
1 違った道を選ぶことで可能性を引き出すタイプ・
2 違った道を選ぶことで違うことにストレスを感じて可能性が損なわれるタイプ

息子は、2のタイプでした。そして、親から見ても不登校中の息子が自ら動きだす確率は低いと判断しました。
わが子だからこそわかる親の感としか言えません。

わが家の不登校は、当たりまえと思っていた学校という社会にうちの子はいられないのだと気づくことから始まりました。
親としてそれがどれだけ辛いことかは言葉にできないくらいです。
それでも、わが子の辛い様子を見て自分の考えを変える必要性を感じます。
その時に、わが子のタイプを見極めることから入ると、親も納得できます。

日本の社会は、みんな同じを良しとする傾向が強いです。
みんなが行く学校に行けないということを受け入れ、その次にどう対応するかを考える時期に先生の今回の記事をぜひ読んでほしいと思います。

私は、不登校という問題が起こって初めて息子にはどんな方法がいいんだろうと考えました。
学校の先生やスクールカウンセラー・医師・臨床心理士・経験されたお母さん。
どの方の話を聞いても混乱するばかりでした。
今思えばわが子のことがわかるのは、自分しかいません。
ならば、自分がたくさんの方法・道・いろんな立場の人の話をふるいにかけ判断するしかないのでしょう。

不登校の最初は、親も子も混乱しています。
どの道を選べばいいのかなどわかるわけもありません。
ならば、先生の書かれているように、まずみんなと同じ道はどうだろうかと考えることも一つの方法だと思います。
親が思いつくことをやってみて何か違うと思えば道を変えればいいだけです。

今、私は偶然といっていいほどの確率で息子が2のタイプであり、
学校へ戻れたことが息子には何よりもよい方法だったと確信しています。

復学支援を選ぶことは、親のエゴなのか?と考えたことは確かにあります。
それでも、息子の毎日の姿・一年前の姿と比べると親としてできることをすべてやりたいと思った自分の考えに後悔することはありません。
私の中で一番怖いのは、子どもから心を離してしまうこと。
そんな私の想いを支援の先生方は、受け止めわが子にあった方法を教えてくださいました。

どんな方法でも、目の前の問題から逃げずに向き合うことが未来を少しでもよくする一歩なのだと感じています。





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。

入試休暇

  •  投稿日:2012-02-13
  •  カテゴリ:Weblog
二連休で、久しぶりにゆっくりと過ごせました。
息子は、入試休暇で、土曜日から月曜日までなんと三連休!
今は、試験前でもないし・・・
ゆっくりと、のんきに過ごしています。

昨日は、なんと起きてきたのは昼過ぎでした。
今日は、10時
起きてすぐに、パソコンの前に直行する息子です

私の風邪もやっとおさまり、こうしてブログの更新をすることができます。
最近、なかなか更新することができずに、一番寂しいのは私かもしれません

いつも、のぞきに来てくださる皆様の足跡が、元気をくれます


去年の今頃の記事をもう一度見ていました。
雪がふっていたのですね
今年は、積もるほどの雪はこちらではありませんが、寒いことには変わりありません。

そろそろ、寒い冬のことは忘れて、春への想いを重ね初めてもいいかもしれませんね。
春休みには、皆さんの近況も聞きたい気持ちがむくむくと・・・・

過去記事(2008年10月中2)のアップをしようと思い、メモを見ていると、、
毎日、同じような対応の失敗をしていてよく先生にあきれられなかったものだと・・・
最近は、子どもの対応に口を出すべきなのか?黙って見守るべきなのか?と迷うことが増えたように思います。

以前に、先生に伺ったこともあります。
何も選択肢のなかった状態から、迷えるほどの選択肢が自分の中にあるということ。
あの時はこうした。この時はこうしたと考えることができることは良いことです。
何も迷わずに決めていく方が問題です。
と聞かせてもらい、迷い悩みながらも向き合う姿勢の大事さを感じさせてもらいました。

過去記事で、朝の対応が良く出てきます。
過去の私は、問題が起こっても先生に聞くことしかできませんでした。
そこから少しでも前進しているでしょうか。

今継続登校を頑張っておられる方は、この状態がずっと続くような気持ちがするのではないでしょうか。
私もそうでした。でも、今日と明日の変化はなくても、今日と半年後の変化はあります。
そして、1年後・2年後の変化は、自分でも驚くほど大きくなっています。

今までの子育ての結果の現在。
どうして、子どもはそんなふうに考えるんだろう。なんでこんなことで・・・と思うことがたくさんあります。
それでも、その都度の対応が未来には大きな変化につながると信じて子ども達と向き合うことが必要と感じています。


【過去記事】

体調不良の原因

徹夜で宿題

今日は無理

娘の高校へ



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。


『休みたいオーラ』の出る日

寒い日が続いています
大阪も、とても寒いです。雪は降りませんが、備えがないので寒い

私も風邪を引いております。
ドスの効いた声になっています(笑)
それでも、仕事も家事も休めないのが厳しいです
風邪を引いた時点で、診察してもらい熱が急にあがったらもう一度すぐ病院へと釘をさされました。

息子も、どうやら風邪をひいたようです
いつも、薄着でパソコンの前に座っているし、
朝部屋へ起こしにいくと、布団を着ずに毛布だけで震えている有様です。
半分自業自得と、冷ややかな目でみています。

朝、息子を起こすと、どうやらしんどい状態らしい。
もちろん、私から何も言わずにいつもと同じ対応です。
息子は、しきりに震えたりしんどいアピール全開でした。

以前は、つい私の方から
「しんどいの?」
「熱は?」
「学校行ける?」
と考えるより先に口を動かしていました。
親も大分と図太くなりました。

この日も、起きてきた息子は、
「なんかしんどい。頭痛いし・・・。どうしよう・・・
とつぶやいています。

できるだけ、そばにいかないことにしました。
すると、こんな時だけ息子の方から寄ってきます
「学校どうしよう・・・。休みたくないんやけど・・・。」
そんなこと聞かれても、息子の体調まで私にはわかりません。
「う〜ん、さあ?」
と返し、薬だけ渡しました。

その様子を見ていたお父さんが、
「おまえ、昨日遅くまで起きてるから違うんか!
と言うと、息子は不機嫌そうなままあわてて登校していきました。
登校できるぐらいのしんどさだったということでしょうか。

その日のお昼すぎに携帯に電話が入りました
息子から、「今日早退します。」との連絡でした。
思わず電話じゃなくてメールか?と思うような簡潔な言い方。
携帯の充電切れで友達の携帯を借りてかけてきたようです。
担任の先生もしんどいんやったら、帰ったらと言ってくださったそうです。

息子は、その日帰宅後ずっと寝ていたようです
イオン飲料のお土産をもって帰宅すると、部屋でおとなしく寝ていました。
夕食も食べずにそのまま寝ています。
(体の大きな息子ですので、一食くらい食べなくてもどってことありません
連日の寝不足もあったようですが、息子の口からそんなこと言えませんよね。
翌朝、すっきりとした顔で起きてきた息子は昨日の夕食(巻寿司の丸かぶり)を食べて復活でした。

以前は、息子が朝欠席するかどうかは、私の中では大きな問題でした。
そして、つい先回りして息子に話しかけていました。
今では、息子の口からはっきりと休むと言う言葉がでれば、親は何もいわず病気なんだからという対応をします。
以前は病気なのかどうかを私自身が疑っていました
なので、つい息子へ掛ける言葉も回りくどい言い方をしていたかもしれません。

「お母さん、○○していい?」
と欠席中に聞いてくる息子に、「学校へ行っていないんだからダメ」と言っていました。
そうではなく、「学校へいけないほどの病気なんだから(あなたの体調が心配)やめときなさい」ですね。
病気でしんどいとい言ってきた息子の言葉をまず信じることが私の第一歩でした。

次は、息子自身が体調がおかしいと感じたら事前に早く寝る・薬を飲むといった対応をとれるようになることが目標でしょうか。





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
熱はないけど、咳が続く息子です。マスクをして登校。『他のクラスは20人休んだ。俺のクラスは、休んでない。みんなマスク姿』とのことでした。
学級閉鎖も近い?
Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。