2013年06月の記事一覧

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

月別アーカイブ:2013年06月

2013年06月の記事一覧。中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!
No Image

2013-06-28専門学校
6月も終わりになってきました。やっと雨が降ったと思うと、ずっと空模様が怪しかったり・・・降ったら降ったで、早く天気にならないかなと無責任に思ってしまいます。息子は、元気に専門学校に通っています。息子の学校は、9時半から始業なので、朝はゆっくりでもOKのようです。息子の学校の近所は住宅街なので、コンビニが一件だけ。他は何もないところのようです。息子なりに、学校付近の探索をしている様子です。近所のパン屋さ...

記事を読む

No Image

2013-06-16専門学校
このブログでも、息子のお小遣いのことでお金についての記事を以前に書きました。復学後の中学生の時期は、息子のお小遣いは1000円でした。それを変えるべきかどうか藤本先生にも相談し、結局息子から強力に言ってこなかったので、そのままに。高校へ進学した時は、さすがに1000円では厳しいだろうと、4000円にアップ。しかし、ここでも上がった分のお金をすべてゲームにつぎ込む可能性のあった息子です。先生と相談し、緊急用のお...

記事を読む

No Image

2013-06-11家庭教育推進協会
近所の高校から、プール授業の声が聞こえてくるようになりました。これを、聞くと夏もすぐです。本日から、家庭教育推進協会の座談会の申し込みがはじまりました。もう、皆さんお気づきでしたか?ぷらす・エール西日本支部座談会〜訪問カウンセラーを囲んで日時:平成25年7月28日(日)   14時〜16時半場所:大阪府教育会館 たかつガーデン   近鉄上本町駅すぐ参加費:会員 1000円    一般 2000円申込みはコ...

記事を読む

No Image

2013-06-03家庭教育推進協会
息子の不登校を経験して、不登校関係のつながりがいくつかできました。支援をお願いしたFHEのクライアントの親の会そして、このブログからつながったmixiのコミュニティそして、そして家庭教育推進協会の親の会であるぷらす・エール前回の記事は、4月にぷらす・エールの会報への記事の依頼をいただいたことから始まります。相変わらず忙しそうなN先生に頼まれると嫌とはいえませんね。GW明けくらいまでと聞き、GWにあわて...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

専門学校は順調のようです

6月も終わりになってきました。
やっと雨が降ったと思うと、ずっと空模様が怪しかったり・・・
降ったら降ったで、早く天気にならないかなと無責任に思ってしまいます。

息子は、元気に専門学校に通っています
息子の学校は、9時半から始業なので、朝はゆっくりでもOKのようです。
息子の学校の近所は住宅街なので、コンビニが一件だけ。他は何もないところのようです。
息子なりに、学校付近の探索をしている様子です。
近所のパン屋さんは、こんなのがおいしそうだけど、高いしなあ
駅から学校まで、ほとんど何もないんやで
駅のホームが狭くて、落ちそうになる・・・等々
少しずつ、息子の世界が広がっています。

7月には、初めての定期試験があります。
ここが最初の山場です
息子に、それとなく聞いてみました
母 「テストって、いつなん?」
息子「7月の22日からだったと思う」
母 「テスト、なんとかなりそう?」
息子「今みんなで頑張ってるねん

なるほど、なるほど〜
まず、テストがあることが頭に入っていることでほっ
そして、そのテストをクラスの友達と一緒に話題にしていることに一安心です
もちろん、テストで点数がとれるかどうかという問題はありますが、それは息子自身の問題ですものね。

友達の存在は、大きいです。
高校時代にも、友達はいたようですが、学校の外で遊びに行くという付き合いはあまりなかったようです。
年に1〜2回程度。
なので、息子の口から友達と中華バイキングに行くと聞いて、まずびっくりして嬉しい驚きでした
バイキング代3000円と交通費で4000円のおねだりがありました

ちょうど午前授業の日に、クラスメイト5人で行ってきたようです。
ランチバイキングらしいのですが、帰ってきたのは22時頃
どうやら、バイキングのあとゲームセンターやネットカフェにでも行ってきた様子です。
息子から、「胡麻団子みたいなのが、最高においしかった!」と報告してくれました。
その後、2回くらい胡麻団子の話を聞いたので、よっぽどおいしかったのでしょうね

本来なら、高校生の間に経験するようなことかもしれません。
それでも、学校という場に所属しているからこそ味わえる楽しさですね。

息子より、少し早く出勤する私は、「いってきます」の声に答えてくれる息子の「いってらっしゃい」が嬉しい一日の始まりです




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります
スポンサーサイト

子どもに話すお金の話

このブログでも、息子のお小遣いのことでお金についての記事を以前に書きました。
復学後の中学生の時期は、息子のお小遣いは1000円でした。
それを変えるべきかどうか
藤本先生にも相談し、結局息子から強力に言ってこなかったので、そのままに。

高校へ進学した時は、さすがに1000円では厳しいだろうと、4000円にアップ
しかし、ここでも上がった分のお金をすべてゲームにつぎ込む可能性のあった息子です。
先生と相談し、緊急用のお金というものをつくり、
どうしても困った時、(お昼を忘れた・自転車がパンクして電車で帰る)に使う用としました(お弁当その?
高校3年間で、この緊急用のお金の出番が何度かありました。
帰りにボールペンを買ってきたっていうことも
お正月のお年玉も、すぐにゲームやネットの課金へ消えていく息子です。
きっちりと登校して、学校の勉強もしっかりやっていれば制限はなしという方向でした。

高校を卒業し、自転車通学が電車通学へ変わりました
本来お小遣いは、高校を卒業するとナシの我が家です。
欲しい物があれば、バイトをする。不便さを感じれば自分で動きなさいと言う考え方です。
ただし、息子の場合は学校とバイトの両立ができるか?という問題がありました。
バイトを頑張れば頑張っただけお小遣いが増えます。好きな物が買えます。
だからといって、学校がおろそかになるようでは本末転倒です。
訪問のN先生からもバイトの話はしてもらっていました。姉がバイトをしている姿も見ています。
新しく学校が始まるまでの間2か月ほどありましたが、なかなか動こうとせず、親の方がヤキモキしました。
それでも、短期のバイトに申込み、一回だけですが自分で1万円稼いできました。
夜間の事務所移転のバイトだったのですが、かなりしんどかったようで、お金のありがたさも身に染みたようです

定期とお弁当は家から出します。それ以外は月に5000円のお小遣いのみ。
本当は、もう少し必要かなと思うのですが、何もかも不足がなければ、自分から動こうともしない息子なので、今は様子見です。
ただし、友達と食べに行く時などは、その都度相談です。
まあ、こんなふうにお金に関してあまり満足していないであろう息子です。

この間、学校から奨学金の申し込みがOKになったと連絡がありました。この奨学金は、特殊なものなので、保証人がいります。
一般の奨学金は保障協会を利用することが多いようです。
親戚や肉親関係でもお金を借りるための保証人になるということは、もしもの時にはそのお金を代わりに払うということなので、誰でも簡単には了承はしてくれません。
今回は、それをあえてと言う形で私の姉(息子にとっては伯母)に頼むことになりました。

姉の自宅へ息子とお願いにいきました。
息子には、保証人になるということはどれだけ大変なことなのか。
もし、自分が保証人を頼まれてもすぐにOKするべきものではないこと
またお金を借りるということはどういうことなのか。
そのあたりの話をしっかりとしておきました。
今は、ネットで簡単にお金が借りられるようになっています。それにともなう危うさがあること。お金を借りると利子をとられること。
もし、自分がお金に困ることがあれば、まず両親に相談すること。
それができなければ、伯母さん夫婦も相談にのってくれること。
決して安易に民間のキャッシングを利用しないこと
このあたりを、し〜っかりと話すことができました。
息子は、神妙な顔で聞いていました。
伯母さんの真剣な口調から保証人になることの大変さも理解してくれたでしょう。

伯母さんに、学校はどう?と聞かれ
「学校、むっちゃ楽しい!」と答える息子の姿がとても嬉しかったです

お金に関しては、まだまだな息子ですが、思いがけずお金に対しての真剣な話をする機会を持てました。
今回のことで少しでも息子へ大事な話が届いたでしょうか






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります
早速、友達と中華バイキングに行くから3000円よろしく〜だって


ぷらす・エール西日本支部座談会〜お知らせ

近所の高校から、プール授業の声が聞こえてくるようになりました
これを、聞くと夏もすぐです

本日から、家庭教育推進協会の座談会の申し込みがはじまりました。
もう、皆さんお気づきでしたか?



ぷらす・エール西日本支部座談会〜訪問カウンセラーを囲んで

日時:平成25年7月28日(日)
   14時〜16時半

場所:大阪府教育会館 たかつガーデン
   近鉄上本町駅すぐ

参加費:会員 1000円
    一般 2000円

申込みはコチラ


今回の座談会は、昨年12月に関東であったものと同様のものです。
今まで、関西は先生方のセミナーや講演会がメインでしたが、今回は訪問の先生方やメンタルフレンドさんから色々現場のお話もうかがえるそうです。
また、参加者同士のグループ討議も計画されていますので、自分の家庭の気になることも聞けますよ。

どなたでも、参加OKです。
支援を受けていない方・支援中の方、休み始めてどうしたらいいのか道を探している方、

興味のある方は、ぜひご参加ください
私も、先ほどネットで申し込みしてきました




なお、2次会も計画していますので、そちらもぜひご参加ください。
2次会の問い合わせは、このブログのメッセージ欄でも受けていますので、ご利用ください。
(PC版左バーのプロフィールの下)





息子も毎日休むことなく、駅まで自転車で学校へ通っています
息子に雨の日はどうしてるの?と聞くと、
「え〜、いつもより、速くこぐ」との返事
台風のようにがっつりと雨にふられるとどうするのでしょうね。
カッパもありますが、ズボンは入らないかも??
困ったら、考えるでしょうか






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります


ぷらす・エール会報、届きましたか?

息子の不登校を経験して、不登校関係のつながりがいくつかできました。
支援をお願いしたFHEのクライアントの親の会
そして、このブログからつながったmixiのコミュニティ
そして、そして家庭教育推進協会の親の会であるぷらす・エール

前回の記事は、4月にぷらす・エールの会報への記事の依頼をいただいたことから始まります。
相変わらず忙しそうなN先生に頼まれると嫌とはいえませんね
GW明けくらいまでと聞き、GWにあわてて記事を書きました。

最初、いったい何を書いたらいいのか?という状態でした。
たいていのことは、このブログに書いています。今さら目新しいこともないのでは?という想いもありました。
N先生から、最初から今までのダイジェスト版という感じでどうでしょう?と言われ、書き始めました。
不登校初期のことから書くとなんだか、テーマが散漫になり、やたらと長くなります
勉強のことに焦点をあてるのか。でも大事なことは勉強だけじゃないよな・・・
家庭のいざこざは山のようにあります。ここも一口には言えません

息子の不登校の始まりは中1です。今から6年前になります。
この6年間で何が変わったのか?
最初は何が目標だったのか?

もちろん復学が目標で支援を依頼したのですが、私が最初のインテークで藤本先生に聞いた言葉それは、
『息子の性格は改善するでしょうか?』でした。
では、6年たって今はどうなのか・・・
そのあたりに焦点をあてて記事をかかせてもらいました。
息子の不登校の一番の原因は息子のコミュニケーション能力の幼さだったと感じています。

GW明けにN先生に送った記事は3500字。もう少し短くするべきだよなあと自分でも感じていました。
その初稿にN先生が誤字脱字のチェックをしてくださり、少しすっきりとしましたが、これでいいのかと思いつつも、N先生からOKをいただきほっとしたものです。

そして、日曜の午後に実際の原稿の形にしたものを先に見せてもらいチェックをと言われました。
夜にチェックをし、気づいた部分をメールで送りました。
それが夜の10時ころだったでしょうか。
会報の発送が翌日という時の夜に、間違いを言われても、なおせないよなあと思いつつ・・・

先日手元に届いた会報を見ると、きちんと訂正されています
あの後、校正されたのか?
なかなか会報一つとっても大変な様子を垣間見させてもらいました。N先生お疲れ様でした

会報の記事は、中学から6年間の息子のコミュニケーション能力の成長の軌跡です。
これを書いた後にN先生の訪問があり、N先生から息子の成長の様子を教えてもらいました。
その嬉しさに前回の記事(コミュニケーション能力は成長するのか)を書きました。
N先生がコメントをくださり、しっかりと会報の宣伝もされていましたね
そして、会報を目にすると、さらにN先生からのコメントが・・・
先生方、みなさんのお力添えの結果が、今の息子だと感じています。
本当にありがとうございます

ぷらす・エール会員の方々、第7号の会報はいかがだったでしょうか。
個人的には、かかわりの多かった号なので、もう隅から隅まで読ませていただきました(笑)
『ちょっと一息』というコーナーがあるのですが、先生方の個性がよ〜くあらわれているのがとても印象的でしたよ(笑)

この会報にご興味のある方は、どうぞ一度家庭教育推進協会の親の会(ぷらす・えーる)への入会もご一考ください。
申込みはコチラ





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります
さあ、私も会費振込にいかなくっちゃ



Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。