2014年03月の記事一覧

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

月別アーカイブ:2014年03月

2014年03月の記事一覧。中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!
No Image

2014-03-26専門学校
息子の実習も無事に終わり、今はお家生活真っ最中です。中旬に実習が終ると、あとはほぼ春休み。途中で、卒業式と入学式に在校生としての出席があるだけだとか。式はもちろんスーツ。去年初めて作ったスーツが、専門学校では意外と出番が多かったです。実習先へのあいさつこれが3回。そして、卒業式と入学式への参加。学校行事には、すべてスーツ着用と言った感じでした。休みに入ると、あいかわらずの生活昼すぎに起きてきて、パ...

記事を読む

No Image

2014-03-08専門学校
息子の専門学校生活も1年目が終わりつつあります。最初は果たして通い続けることができるのかと心配しましたが、なんとかやっています。単位を2つ落としているのは、息子らしいというか・・・息子の学校では、1年生の間に3回の実習があります1回目は少人数のアットホームな感じの施設だったようです。お昼ご飯も、利用者さんと一緒に(←お弁当がいらずに楽でした)1週間(5日間)という短い期間でしたが、実習記録との戦いだったよ...

記事を読む

No Image

2014-03-02専門学校
息子は今福祉の専門学校へ通っています。果たして、息子に仕事として勤まるのか?という気持ちはありましたが、ふたをあけてみれば、高校の延長のような学校で(担任・クラス制・毎日朝から夕方まで授業がある)、息子と似たような雰囲気の友達もでき、なんとかやっています。ただ、専門学校というのは仕事を見据えて勉強することを目標としています。2年間で、必要な単位の修得が最低限必要です。後期試験で7科目の追試があり、そ...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

春休み

息子の実習も無事に終わり、今はお家生活真っ最中です。
中旬に実習が終ると、あとはほぼ春休み。
途中で、卒業式と入学式に在校生としての出席があるだけだとか。
式はもちろんスーツ。
去年初めて作ったスーツが、専門学校では意外と出番が多かったです。
実習先へのあいさつ
これが3回。
そして、卒業式と入学式への参加。
学校行事には、すべてスーツ着用と言った感じでした。

休みに入ると、あいかわらずの生活
昼すぎに起きてきて、パソコンの番をしています。
そこだけは変わらない息子ですが、さすがに以前のようにゲームをしていて朝おきられないということがなくなりました。
学校がある日は、声をかけると
『あっ!そうやった』とむっくりとおきてきます。
中学・高校とずっと朝が弱い息子でしたが、多少は自分でコントロールできるようになったみたいです

春休みが実質3週間ほど。
なら、バイトでもと親は思うのですが、息子の中では途中で卒業式・入学式に参列しないといけないからと
結局はバイト実現はなりません。
バイトに行けばよかったのにと言うと
『そうやったな〜。ほんまや』
とやっと気づく

まあ、学校とバイトの両立ができるほど器用な息子ではありませんので、
お金がなくても本人納得しているなら、それもアリかなと思っています


やっと暖かくなってきましたが、息子はそれよりアトピーで顔がひどいです
もちろん、月に一回の皮膚科へ通院し薬も続けていますが、季節には勝てないようで・・・
ちょっと化粧水や乳液なんかも、勧めてみています。
本人もなんとかしたいと思ったようで、自分で対応がやっと身についてきたようです






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります


スポンサーサイト

ただ今実習真っ最中〜ダイエット効果付き

息子の専門学校生活も1年目が終わりつつあります。
最初は果たして通い続けることができるのかと心配しましたが、なんとかやっています。
単位を2つ落としているのは、息子らしいというか・・・

息子の学校では、1年生の間に3回の実習があります
1回目は少人数のアットホームな感じの施設だったようです。
お昼ご飯も、利用者さんと一緒に(←お弁当がいらずに楽でした
1週間(5日間)という短い期間でしたが、実習記録との戦いだったようです。
朝起きて、『書いてない・・・どうしよう
なんて場面もありました。
そして、1日中体を緊張させて過ごす初めての経験だったようです。

2回目の実習は規模の大きな施設で2週間。
この時は、実習記録にも少しなれて、なんとかこなしたようです。

そして3回目の今。
3週間の実習期間です。
今回は近隣の施設というわけにもいかず、1時間半ほどかかります。
そして、最寄り駅から徒歩30分!
確実にいつもより30分は早く家をでないとまにあいません。
実習1週間目は、立ちっぱなしで足が痛い・しんどい・・・
普段、どれだけ楽な生活をしているかということですね

作文が大の苦手な息子ですが、実習が終わってすぐにメモに下書きをするという技を覚えたようです
そして、それを見ながら家でパソコンに入力
字のフォントを10.5→12にしたら、字数が少なくていいことに気づいたと
指導される方も、汚い字を読むより入力した字の方が助かりますよね。

今の実習先は、結構遠いので、朝7時過ぎに出て帰宅は19時近く。
ヘロヘロになって帰ってきます
途中でおやつを食べることもできず(余裕もお金もない)、
片道30分の徒歩があり
ダイエット効果抜群のようです

息子「お母さん、見て〜。なんかへっこんだで
そう、メタボ体型の息子のお腹が目に見えて引っ込んできたようです。
楽な生活では得られない効果ですね。

今回の実習は、早出・遅出・泊まりまであるというフルコース。
早出の時は、朝6時前の電車にのっていきました。
朝食・昼食はコンビニで調達でした。
朝寝坊するかなと予想していたのですが、
自分で起きて
自分で用意して
家をあとにしました

あの朝が苦手な息子が・・・と思うと、それだけでとても嬉しかったです。
次は泊まり実習があります。仕事の厳しさが見えるかもしれませんね







にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります
この間、ちょっと体調を壊した日があり、息子にお粥を作ってと頼むと、快くOKしてくれ
初めて息子が作ってくれたお粥をありがたくいただきました




やらなきゃいけないことを後回しにしたツケは必ずやってくる。

息子は今福祉の専門学校へ通っています。
果たして、息子に仕事として勤まるのか?という気持ちはありましたが、ふたをあけてみれば、高校の延長のような学校で(担任・クラス制・毎日朝から夕方まで授業がある)、息子と似たような雰囲気の友達もでき、なんとかやっています。

ただ、専門学校というのは仕事を見据えて勉強することを目標としています。
2年間で、必要な単位の修得が最低限必要です。
後期試験で7科目の追試があり、その結果2科目落としてしまいました
息子の言い訳は、「答えを作文形式でかくやつだったから〜。」←(言い訳ですね
これが大学なら追試などありませんので、まだ追試があって助かるというものです。
もしこれが2年時ならもうこれで卒業延期?
まだ1年時でよかったと思うべきなのか。

落とした単位を2年時で再履修するようにとの手紙が学校から家へ届いていました。
1科目2万円×2科目=4万円
お金のことを置いておいても、もし単位がとれなければ、国家試験を受けるのか?
卒業できるのか?
卒業できても、資格のとれなかった生徒が就職することができるのか?

もちろん、これは息子の問題であり、親の出る幕はありません。
マイナスばかり考えてもいけませんが、親として口にはださず心つもりは必要かなと思います。
親が代わりに仕事をするわけではありませんので、どんな仕事をしようと息子が選ぶ道です。
卒業時に福祉の道で就職するのか?
やっぱりパソコン関係の勉強をもう一度したいと思うのか?
それは、親としても白紙に戻して考えることも視野にいれています。
でも、資格は取っておいてほしいと思うのは親のかってな想いなのかもしれませんね。

今の時点で息子の頭の中には、他の道への想いはないようにみえます。
そして、ここ最近はゲームに割く時間の方が多くなっているようにもみえます。
夜中2時頃まで起きていて、翌朝ギリギリで登校していきます。(←遅刻はしません
休みの日は、昼すぎても起きてきません。
だんだん緩んできているように親の目にはみえています

もちろん、もう20歳目前の子供に、細かいことを言う必要はありませんが、まだ学生という立場にいるのなら、『最低限のやるべきことをやる』というのが我が家の方針です。
そこで、専門学校から再履修の通知が来た日、息子と話しをしました。

今やらないといけないことは何か
やることをやっていれば、どんな時間の使い方をしていてもかまわないが、今回の試験の結果をみると、今のままではいけないと考えざるを得ない。
ゲームと単位修得、優先しないといけないのは何か考えなさい。

こんなようなことを息子に親から話しました。
支援を受ける前は、親から子に話しをすることすらできない我が家でした。
思春期の子供に、親からの話を伝えるにはどうすればいいのかがわかりませんでした。
普段会話のない親が、いざと言う時に子どもに話しを伝えることがとても難しいかったのです。
親もうるさいことを言って、子どもに嫌われたくなかったのかもしれません
それでも、親だからこそ子どもに言わなければいけない時と場があると気づかせてもらいました。

少しでも、息子の心に親の気持ちが届くと言いなと思います。






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります
Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。