2015年03月の記事一覧

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

月別アーカイブ:2015年03月

2015年03月の記事一覧。中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!
No Image

2015-03-27専門学校
卒業試験をなんとかクリアした息子ですが、ここで終わりにはなりません。普通の大学生なら就活でたくさんもまれています。それが成長の助けにもなっているように思います。やっとここからが息子の就活のスタートです。友達はどうなの?と聞いてもさあ?と答える息子。周りの子もぼちぼちと決まってきている様子です。息子はあわてる様子もなく、家でゲームをする毎日です。 ある日、息子が「明日面接に行ってくるわ」と言って...

記事を読む

No Image

2015-03-23専門学校
このブログは、今不登校で道を探している方が来てくださることが多いかと思います。平成27年の今、不登校だった息子は、学校から卒業します。介護福祉士の資格を手に社会人となります。 このブログは我が家の不登校の軌跡をしるしています。中1で不登校になり、ほぼ一年間家で楽しい不登校状態 中2でFHE(ファーストホームエデュケーション)に復学支援をお願いし藤本先生に助けてもらいました。 中3で勉強の遅...

記事を読む

No Image

2015-03-09Weblog
夕方の番組で、その日に生まれた赤ちゃんを紹介するコーナーがあります。 そこで、流れてくる曲、『誕生日のことを覚えていますか〜』で始まる曲。 これがなんだか頭からはなれないんです(笑) 調べてみると、熊木杏里さんの『誕生日』という曲なんですね。 YouTubeで探してみました。 この動画を見ると、生まれたばかりの息子のことを思いだします。 元気で育ってくれればと思った自分を思いだします。 Baby's Memories by Happ...

記事を読む

No Image

2015-03-01FHE親の会
『第9回 FHEの親の会 関西』のお知らせです。日時 平成27年3月29日(日)場所 大阪上本町時間 13時〜17時   18時より2次会も予定しています対象 FHE(ファーストホームエデュケーション)の支援卒業者及び支援中の親御さん毎年、年度末のこの時期に親の会を開催しています。受験を経験された方はお子さんの大きな成長を聞かせていただけます。新しい学年への心配と楽しみ。新しい環境へ適応できるのか。親はやっぱり...

記事を読む

不登校だった息子が社会へ

卒業試験をなんとかクリアした息子ですが、ここで終わりにはなりません。


普通の大学生なら就活でたくさんもまれています。


それが成長の助けにもなっているように思います。


やっとここからが息子の就活のスタートです。


友達はどうなの?と聞いてもさあ?と答える息子。


周りの子もぼちぼちと決まってきている様子です。


息子はあわてる様子もなく、家でゲームをする毎日です。


 


ある日、息子が「明日面接に行ってくるわ」と言ってきました。


は?という感じです。


学校に相談はしていたようです。


どうやら、専門学校の系列の施設に学校の先生があたりを付けてくれた様子です。


学校の系列に施設や病院などがあります。それもありがたいです。


 


面接が終わって、息子に聞くと


「とりあえず行くことになった。」


どうやら3か月の試用期間があるようです。


息子の話をあわせると、4月から働いて、3か月後に本採用にするかどうか考えるという話だということです。


 


施設さんも、卒業試験を一回落とすような息子を大歓迎とはいかないですよね。


とりあえず、使っていただけるだけでもありがたいことです。


まず、3か月。そして1年。


その段階までいけば、息子もこの仕事を一生の仕事にしようと思うのかどうかが、わかるでしょう。


続けようと思えたなら、一年の経験があれば、他の施設を探すこともできます。


 


本採用じゃないから、他を探すという意識もない様子です。


息子の仕事ですから、もう親がとやかくいうのもおかしなものです。


実際に働いてみて、そこから考えるスタートに立てるのかなと思います。


つい、スローモーな息子をみて、色々言いたくなりますが、息子のペースでしか歩けないんですね。


ひとまず、働ける場所がいただけただけでもよかったです。


 


まず、息子が自分の足で歩きだしたことを、この場でお知らせできたことがうれしいです。


まだまだ不器用な息子であり、気のきかない母ですが、息子の不登校でたくさんの勉強をさせていただきました。


この経験がこれからの人生に必要だったと今思える状況になることができたのも、我が家を助けてくださった藤本先生をはじめとした復学支援の先生方との出会いです。


また、母もこのブログを通してたくさんの方から力をいただきました。


この年齢になって、自分のたらないところをみつめて変える努力ができたことが、これから人生の宝物になる予感です。


応援いただいた皆様、本当にありがとうございました。


 


 


このブログをここで区切りとすることも考えましたが、今でも不登校で苦しんでいる家庭がたくさんあります。我が家の歩いた道が少しでも参考になるのなら、これほど嬉しいことはありません。


不登校で道を探している方、復学支援に興味を持たれた方がここを見てくださることを願って、細く長く続けていけたらいいなと思います。


 


 


 


 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります


 

不登校だった息子の歩いてきた道

このブログは、今不登校で道を探している方が来てくださることが多いかと思います。


平成27年の今、不登校だった息子は、学校から卒業します。


介護福祉士の資格を手に社会人となります。


 


このブログは我が家の不登校の軌跡をしるしています。


中1で不登校になり、ほぼ一年間家で楽しい不登校状態


 


中2でFHE(ファーストホームエデュケーション)に復学支援をお願いし藤本先生に助けてもらいました。


 


中3で勉強の遅れと戦いながら、私立高校を受験し、何とか合格をいただきました。


 


高1で新しい環境にはたして息子は適応するのかを心配する毎日。最初は、勉強より友達関係を心配していました。


勉強は赤点をとりながら、なんとかすり抜ける日々。


 


高2で本人も気の緩みがあったのか、勉強の危機をむかえます。


訪問の先生に助けられ、進級ができました。


 


高3は進路との戦いです。


学校は付属の短大をすすめてくれます。


でもそれではたしていいのだろうか?


短大を卒業した時に困りはしないか?


男の子なんだから大学くらいは行っておかないといけないんじゃないか?


本当にいろいろ考えました。


短大の福祉コースも考えましたが、学校の先生から福祉は評価点がたりないから難しい。合格しても資格がとれるかどうかわからないといわれました。


それならと、専門学校という選択肢を選びます。


 


本人の好きなパソコンで仕事ができるのか?


高校卒業の段階では、仕事というイメージが弱く、本人がわからない状態です。


本人は、仕事をするという意識はなく、親も一緒に相談にのりました。


親として、無駄になっても、何か資格をもって社会にだしてやりたかった。


 


息子も、別にどうしても嫌じゃないという軽い理由で介護福祉士の資格のとれる専門学校へすすみます。


ここは、少人数のクラス制でしたので、息子にとってもよかったようです。


もうこの段階になると、息子は親の手を離れます。


親は、見守るのみ。それでもお父さんは心配で心配で・・・怒っているという結果になります。


お父さんに怒られると、まだまだ不満そうな様子をしてイライラする態度をみせますが、それも徐々に自分の中で納めることができるようになりました。


我が家は、お父さんが変わることはできないので、息子が成長してくれたことで助かる部分が大きかったです。


 


専門学校は実習がびっちりとあり、普段からそれほど緊張するという生活をしていない息子は、実習に行くだけで、ヘロヘロになっていました。


そのうえ、実習記録というものを毎日書かなければいけません。


息子の苦手な作文です。


それでも、学校というレールにのっていることで、学校の先生と友達に助けられて、実習もなんとか通過しました。


 


専門学校2年の最後の実習が終わったのが11月。


そろそろ就活?と思うのですが、息子の場合、まだまだ卒業できるのか?資格をとれるのか?と気をぬくことができません。


 


1月に後期の試験があり、追試を受けてなんとかセーフ。


すると、次は卒業試験があります。この試験が介護福祉士の国家試験のかわりとなります。


これに受からなければ、この学校からの就職斡旋はほぼ無理でしょう。


また、本人にとっても、もう一年働きながら勉強をするというのはとてもハードルが高すぎて現実的ではありませんでした。


でも、親は見ているしかできないのですね。


 


さて、試験の結果は・・・


一点たらずにアウト。息子らしいともいえます。


 


ここからが、専門学校のありがたいところです。


なんと、再試験をやってくれるのです。


この段階までくると、息子自身も何ができていないか・何をやらなければいけないかがわかってくるようで、参考書片手にベッドに入っていました。


そして、とうとう合格をいただくことができました。


やっと、介護福祉士の国家資格をいただくことができました。


 


長くなったので、続きは次回


 


 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります

気になる曲『誕生日』

  •  投稿日:2015-03-09
  •  カテゴリ:Weblog

夕方の番組で、その日に生まれた赤ちゃんを紹介するコーナーがあります。
そこで、流れてくる曲、『誕生日のことを覚えていますか〜』で始まる曲。
これがなんだか頭からはなれないんです(笑)

調べてみると、熊木杏里さんの『誕生日』という曲なんですね。
YouTubeで探してみました。
この動画を見ると、生まれたばかりの息子のことを思いだします。
元気で育ってくれればと思った自分を思いだします。



Baby's Memories by Happy Mother's Factory [誕生日/熊木杏里]


 


 


子どもが不登校になって、たくさん涙を流すこともありました。
なんで、こんな辛い思いをしないといけないんだと思ったこともあります。

不登校の最初は、毎日朝は戦いです。
いつのまにか、子どもが憎くなることもありました。

『明日は行くよ。』
そういいながら動かない息子に、なんど腹を立てたことか。

そんな、息子が笑顔で登校する日がきました。
『やっぱり学校楽しいわ 』と言ってくれる日がきました。
親があきらめないことで、我が家は変わることができました。

そんな息子ももうすぐ卒業です。






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります

『第9回 FHE親の会 関西』 お知らせ

『第9回 FHEの親の会 関西』のお知らせです

日時 平成27年3月29日(日)

場所 大阪上本町

時間 13時〜17時
   18時より2次会も予定しています

対象 FHE(ファーストホームエデュケーション)の支援卒業者及び支援中の親御さん


毎年、年度末のこの時期に親の会を開催しています。
受験を経験された方はお子さんの大きな成長を聞かせていただけます。
新しい学年への心配と楽しみ。
新しい環境へ適応できるのか。
親はやっぱり心配しちゃうんです。

皆さん、色々な気持ちが起こる時期です。
お子さんの成長の様子をお聞きできればうれしく思います。

今回は、FHEの親の会としては初の試み、2部構成を予定しています。
1部は藤本先生のお話
2部はみなさんの近況報告

美味しいお食事は、2次会で楽しみたいと思います。


今までに参加経験のある方には、お知らせメールを送っています。
実は、LINEも利用してお知らせをまわしています。

FHEの会員の方で、まだ参加経験のない方もぜひ参加をお待ちしています。
藤本先生にお伝えいただくか、このブログのメッセージ欄でお知らせください。

参加の方には詳細メールを送っていますが、もしまだ届いていないという方は、お知らせください。

皆さんにお会いできるのが、今から楽しみです




参加の方へは、直前に詳細メールを送る予定です。
参加予定なのに届かないわ〜という方は、ご連絡ください<(_ _)>




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります


Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます