『謝っておこう』

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

『謝っておこう』

  •  投稿日:2008-07-16
  •  カテゴリ:Weblog
頑張って、登校しています
でも、昨日は夕方から寝てしまい、23時頃に起きました。
眠れなかったのか、そのままずっと起きていたようすです。
やはり、生活リズムに苦労しています。

不登校中から、手の甲に傷ができており、中々治らずにいます。
かいてしまうためですが、かさぶた状態で、まるで象の足の皮膚のようです
イライラするとこのかさぶたをめくってしまっています。
傍から見ても目立つため、クラスで何か言われないかと心配していました
担任のT先生に問い合わせしますが、特に心配はないようです。

担任のT先生から学校での様子を伺いました
息子「班ノート忘れた。せっかく書いたのに。」
T先生「どんなこと書いたの?」
息子「前と同じやけれど。あ〜忘れてしまった〜」
T先生「班ノートは忘れ物には入らないよ。
    班の友達に、ノートは書いたけど忘れたことを伝えたらいいよ」
息子「ついでに、謝っておこう」

息子の口から『謝っておこう』という言葉を聞いたのがはじめてだったと喜んでくださいました。
『手がかゆくて、この手を刺したい。切ってしまいたい。』と言ったそうです。
あいかわらず、大袈裟な様子です。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。