この日は、夕方から訪問のM先生・N先生がこられました。
もちろん、私は仕事でしたのでどのような状況だったのかはわかりません。
でも、息子が大喜びしたであろうことは想像できます。

夕方17時頃に藤本先生からメールが入りました。
藤本先生からのお話は、息子の誕生日の件について。

息子の誕生日は6月29日
再登校日が7月4日だったので、誕生日の日は延期でした。
再登校日の朝に、藤本先生から
『誕生日プレゼント(ゲームソフト)は登校をがんばったら』
といわれていました。
息子にとっては、もう買ってもらえないものとあきらめていたようです
それでも、事あるごとに話しを持ち出すのを見ると待ち遠しかったのでしょうね。

息子の誕生日プレゼントOKの話を母親からするように言われました。
しかし、この時期まだまだ不安定な息子です。
話の持っていきようでどうころぶかわかりません。
そこで、訪問の先生がこられている日を選ばれたようです。
帰宅し、息子と訪問の先生の前で、先生から言われたからと話をしました。
本人は、もうあきらめているような口ぶりでした。
「どうせ無理やし・・」
「もう、いいねん・・・」
それを、訪問の先生方がうまく話を持っていってくださり
最後には、本人もうれしそうにしていました。
息子は7月末発売のゲームソフトが欲しかったようです。
訪問の先生方から、夏休みの登校・宿題・汗の件の注意を聞いてこの日は終わりとなりました。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None