息子の補習4日目

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

息子の補習4日目

  •  投稿日:2008-07-28
  •  カテゴリ:中学校
補習中の様子を、担任のT先生に後日教えていただきました。

今日は一番に来てくれました。
国語の宿題を自分で始め、漢字の読み方で自分にわかるところは努力して書いていました。
数学はなかなか進まず、時間がかかっています。
勉強の途中で『頭ではわかっているけど、喉から出てこない〜』と話していたり、
急に話が変わり『塾の時に家で寝ていて怒られたことがあった』と突然昔のことを話す場面もありました。

休憩がてら、教室を回っていると、自分から『窓閉めとくわな〜』と言って、教室に入って手伝ってくれます。
『○○(息子)って優しいよなぁ〜』と言うと、『そうかなぁ』と照れていました。

雑談の中で話していたのですが、誕生日のプレゼントを楽しみにしていることと、皮膚科にもう一度行って、早く手を治したいと言っていました。

担任のT先生は、前半の補習に全て参加できたことを、喜んでくださいました。
そして、新たに追加で勉強会をするからと息子を誘ってくださいました。
息子は予定があるから・・・と断ったそうです。
本当は予定はないのですが。
息子自自身に聞いても、「行かない」といいます
理由を聞くと、「暑いから。先生(訪問の)が来てくれるかもしれないし・・・」
なんとなく、息子の気持ちもわかります。

支援の藤本先生に相談しました。
「もう十分がんばりました。休憩させましょう。」

担任のT先生にもお断りのメールをしました。
親として、ひとつできるともう一つ、もっとと考えてしまいます。
それではいけないのですね
つい、勉強の心配をしてしまいました。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。