娘がパソコンをしていました。息子はソファでテレビをみています。
父・母も同じ部屋にいました。

娘 「あんた(息子)、なんでソファのクッションぐちゃぐちゃにするん!」
息子「うるさい!自分もしてるやろ!」
娘 「私が座っても壊れへんし。あんたが、重いからやろ」

息子が娘に腹をたてて、パンチ。
それが、娘の手にあたりました。

娘 「お母さん!痛い!
見てや、赤くなってるし!どうするん!」
母 「大丈夫や」

娘は怒って、息子にクッションを投げてきました。
息子もやり返そうとします。

母 「もう、いいかげんにしなさい!」-――① OK
? まだ続けています。父に注意してもらおうと声をかけました。

父 「おまえら!いいかげんにしろ!」―――① OK
娘 「もう、だからこの家いややねん!」
娘ソファを蹴飛ばして、泣きながらその場を離れました


会話ノートで添削してもらいました。
この対応でOKです。しつこくなりだしたら、「うるさい」「いいかげんにしろ」など、
どちらか一方に向けて言うのではなく(絶対にどちらかの立場になって話さない)抽象的に二人ともに向けてストップかけてください

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None