この日娘は、昼からクラブでした。
息子も、夏休みで家にいます。

昼前に、娘から電話がはいりました。
     『お昼のチャーハンこがした。どうしたらいい?』
この日、近所で女子高校生の自殺事件がありました。
娘にも話しをし、たしなめたのですが、
娘 『私だって、なんどもそう思った。パソコンないとストレスたまる!』
愚痴のオンパレードでした。

娘との電話の後、 藤本先生へ電話をかけます。
相談の電話の途中で、家から電話が入っていました。
先生の電話の方にも、電話が入ったみたいで、一度切りました。

その間に、家からの電着信があったので、かけてみます。
すると、息子が電話に出てリビングの扉のガラスが割れたと言ってきました。
娘とケンカしたようです。
ちょうど、訪問のM先生とN先生がこられていました。
M先生が電話口に出て状況説明をしてくださいました。

再度藤本先生から電話がはいります。
息子と娘のトラブルのことも報告しました。
すると、N先生から藤本先生へ電話が入ったようで、もう一度中断です。

少しして、藤本先生から連絡をもらい、ケンカの顛末を聞きました。

どうやら、口げんかがエスカレートして、息子が娘を殴ろうとしたようです。
娘は、逃げようとしてリビングの扉をしめます。
ちょうどそこへ息子のこぶしが当たったようです。
扉にはめてあったガラスが粉々に割れて飛び散った状況でした。
息子も、娘も擦り傷程度の怪我をしています。

ちょうど、訪問の先生が来ていただいていた時だったのがよかったのかどうか・・・
訪問の先生が後片付けまでしてくださいました。
家にほうきといった掃除用具がなかったので、近所のホームセンターまで買いにいってくださいました。

この件の対応を先生に伺いました。
ご主人が怒るのはOKです。ただし、二人ともに怒ってください。

19時 主人とともに帰宅しました。
息子が、待ち構えていた様子で謝ってきました。
そのあと、娘がクラブから帰ってきました。
息子と娘の前で
父 『どうなったんや』
娘 『ごめんなさい』
息子『ごめんなさい。』
  『全部、俺が悪いんや』とずっと言っています。
娘 『いらんこと言わんといて!』
息子『全部俺が悪いんや』
息子は、しょげてしまっていてうなだれています。
父 『おまえだけ責めているんと違う。今度こんなことがあったら許さへんで』

この後、まだガラスが落ちていたので、もう一度掃除でした。


パソコンがつぶれた件について伺いました。
修理してOKです。
ただし、娘さんから「ストレスたまるから早くして」といわれても、お金もかかるし時間もかかるから待つようにとはっきりと言ってください
要求ばかりでは、筋がとおらないとわからせてください
娘さんは、こんなにしんどいのに(慰めて・私は悪くない)とアピールしてくるかもしれません。
この場を同情せず、『やることは、やれ。今までお前の言い分を聞いてあげたやろ。』
と切る感じで対応するように

藤本先生から、お母さんがもっと怒っても当然ですよ。一人で抱え込むのは無理だからと言ってもらいました。
このときは、怒るほうがパワーがいると思っていました。
まだ、感情とむきあうことができませんでした。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None