娘の3学期

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

娘の3学期

高2の娘は新学期遅れずに登校しました。
でも次の日からは遅刻の毎日です。

というのも息子だけでなく、娘も学校が楽しいとは程遠くなっています

学校の中の、自分の居場所・クラブでの居場所・家での居場所どれをとっても
娘には不満足なもののようです。

娘は高校生のため、欠席が続くと留年が近づいてきます。
又遅刻が続けば授業がわからなくなり、提出物も滞りがちです。
そうなるとテストの点も悪くなって、よけい学校がおもしろくなくなります。

冬休み前に三者懇談での結果をFHEの藤本先生に伝え、両親で娘と話すための指示をもらいました。
この時私は娘に対して一発勝負だと思い先生から聞いたことを台本にして覚え、
そして主人帰りをまって娘と話しました。

  大学に行きたいのか?
  大学受験をしたいのならどうしなければならないのか
  今なにをしないといけないのか

娘もわかってはいるようです。
ただ年齢的にも頭ごなしに言っても聞くはずがなく、とても難しいです
今は藤本先生におまかせするしかありません


最初息子のことで支援をお願いしました。

私たち両親は、娘のことは何も心配していなかったのですが、
藤本先生に初回の面談で娘のほうが危ないと言われました。
今まさにその状況です。


今日藤本先生に電話をさせてもらい、娘への朝の対応を聞きました。
我が家の場合は息子と娘の対応は分けて考えるようにと教えていただいてます。
同じ家庭でも子供一人一人によって違うんですね

あいかわらず遅刻していく娘を見て

  あまり言いすぎてはいけませんか?

  大学がんばるって言ったよね と引き合いにだしていいんですか?

  朝起こす時、動き出すまで何も言わずにまつべきですか?

  遅刻してもいいから行きなさいと言っていいんですか?
              →これはダメと即答されてしまいました

  娘の気持ちをくんでやるべきですか?
              →今の状況では聞いてやれないですね

これらのことに対して教えていただきました


もし支援が息子のみの対応であれば、娘に対しては親として十分対応できず、
最悪欠席が続き留年確実となっていたと思います。

留年してまで学校に行こうという気のない娘ですので、
当然学校はやめて、家でパソコン生活、そうなると
たちなおってきた息子もまたこけて・・・と
最悪のパターンだったと容易に想像できます


夕方電話させてもらったのですが、すぐ他の電話が入ったようであいかわらずお忙しそうな先生でした。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。