訪問の先生との外食

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

訪問の先生との外食

今日訪問のN先生がこられました。
がんばって登校している息子への息抜きの意味と、
もうすぐ始まる定期テストのチェックもしてくださいました。

N先生は年明けすぐにこられてからしばらくぶりでした。
前回冬休みの宿題で、息子はもう出来ているとウソをついたため時間が足りなくなってしまい先生にもご迷惑をかけました。

今日息子は夕方私に電話をしてきて、
おやつ何食べたらいい?ご飯食べていい?ときいていました。
しかしその後すぐ先生がこられたようで、夕食にも連れていってもらいました。

いったい食事をしながらどんな話をしたのかと思って聞いてみますと、
ゲームのことやメニューのこと食べ物のこと家族のことなど
いろいろ普通に話していたようです。
この当たり前の会話をしながら食事をすることが息子にとってはとても難しいことでした。

不登校中は会話のキャッチボールができず、自分の話したいことだけを話す傾向が強かったのです。

親として息子を見ているとつい日常の中に変化が埋もれてしまいますが、
訪問の先生の目からみると少しづつ成長してますよと言っていただきました。


登校の定着は少しづつ感じられますが、勉強や受験に対する意識はまだまだ低いようです。

今日は娘が欠席してしまいました。それを見て息子は非常に気にします。
又マイナスに影響し合わないといいのですが・・・

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。