パソコンルール

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

パソコンルール

水曜日に、娘の訪問のS先生がこられました。

火曜日に学校を休んだ娘ですが、今まで休まずにがんばっていたのですが、とうとうこけました。
 クラブはどうする?
 進級できるの?
 友チョコをあげた友達とクラスがわかれたら?
 進路は現実に考えているの?

娘のことに関してはわからないことばかりです。

朝、藤本先生に相談しS先生に入ってもらうようにしてくださいました。
娘は、S先生と食事に行っていろいろ話しをしたようです。
帰ってきた娘の表情が明るかったです。

以前の記事 怒られた娘 でも書きましたが、
娘はパソコンのチャットやネットゲーム・スカイプにはまっています。
あの娘を怒った日からしばらくは早くにパソコンを終わらせていましたが、効果は少しずつ薄れてきます。

最近は又12時までが1時・1時半と少しずつ守れなくなっていました。
チャットをしていると相手があるのであまり大きい声で注意するのもためらわれます。
とうとう主人がみかねて注意(怒った)しました。

S先生に入ってもらってやる気がでてきたようなので、怒っていいのか迷いましたが、
翌日支援の藤本先生に伺うと
「12時までと決めたのなら、ご主人が怒るのはあたりまえ、約束を守って学校へがんばって行っているからパソコンができると考えさせる。10分くらいの延長なら仕方ないが30分にもなるとダメ。」と教えてもらいました。

そして、12時の少し前から注意したくなるのですが、と伺ったところ
「時間前から怒るのは逆効果、怒っても効果がうすれるから時間がすぎてからのほうが効果的」と教えてもらいました。

主人は「遅くまでパソコンしてるから、朝おきられへんのや!」といいます
朝起こしてもなかなか起きないことをいいます。

娘は「パソコンしてても朝ちゃんと(?)起きてるやん。なんで言われなあかんの!」
少し起きるのが遅くても間に合ったらいいんやろといいます。

微妙に論点がずれているようです。
私は間にたって?状態で、藤本先生に伺うことになってしまいます。

この翌日娘は遅刻せずに登校しました。
やっぱり言わないと伝わらないのかと思っていたら次の日又遅刻していきました。あーあ

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。