昨日から京都の大原に、友人と行ってきました。
今回の旅行は1泊でしたが、主人が快く了解してくれました。
結構子供が小さい頃からあちこちに出かけていたもので家族はもうなれっこかもしれません
(良い母親ではないですね)

私が新卒で入った仕事場の同期の4人で、○十年ぶりの再会です。
それぞれ辞めた時期は3年目・5年目・6年目と違います。
子供がいる人・いない人、色々です。
でもみんな今も仕事はしています。

その中で、中2の女の子のお母さん(A子)がいます。
A子は実の母と同居で、ご主人ともに行政で働いています。

彼女は仕事が忙しくほとんど家事ができない。みかねて母がやってくれる。
お弁当も娘が自分で詰めていく。と言っていました。 

「子供に関しては何もしていない」と言いう彼女。

少し前の私なら、「そんなことじゃダメよ。勉強は?クラブは?」と他人の家庭のことにまで口を出していました。
自分の方法以外は認められなかったんです。

でも息子の不登校を経験して、彼女の場合子供に手をかけないことが良い状態なのだと見ていてわかります。

娘さんも、朝は自分で起きて登校されていますし、家のことも手伝っておられるようです。
それもA子が自分がするべきことはしっかりとし、できないことは家族に頼み、素直に感謝できることの結果なのだろうなぁと感じました。

自分なら、やらなくていいことまで私がやらなくちゃと手と口を出していたなと今ではわかります。
でも以前は、これが全くわからなかったんですよね。

今子供との距離の取り方について、考えさせられます。

又ゆっくり考えてみないといけないなぁと思っています。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None