パソコンがここまで家庭の中に入ってくるとは思ってもみませんでした。

我が家は、中学生・高校生の子供ですので、パソコンを使うこと自体はいけないとは思いません。
しかし、不登校を経験した息子・五月雨登校から欠席が増え留年の一歩手前までいった娘の姿を見ていると、弊害も感じられます。

ぶにん先生のブログの記事オンラインゲームについての考察????を読まれましたか?
我が家も例にもれずゲーム・ネット・オンラインゲーム(MMO)が蔓延しています。
どんな種類のものかはぶにん先生の記事を読んでいただくとよくわかります。

実際に不登校であった息子が、パソコンとどうつきあっていたのか、
娘の場合は・・・
親の目からみてどんな不安があるのかを、あくまでも我が家の場合としての状況を残しておこうと思います。

同じ家の子供でも息子と娘では全く違います。
息子は、携帯ゲームとネット
娘は、オンラインゲーム(MMO)

そして、各家庭・子供の状況によっても違うと思います。
こんな場合もあるのだなぁと思っていただけたらと思います。


我が家は、最初は父親がネットで調べたいためにインターネットを導入しました。
特に必要だからというわけではありませんでした。
ただあれば便利なため使ってしまいます。
けれどこの頃は子供もまだ小学生だったため子供は、使ってはいませんでした。

そのうち子供の使う頻度が増えてきます。
そうすると父親の使いたい時に使えない不自由さがでてきました。
そこで、パソコンの買い替え時に古いパソコンを子供専用としました。
我が家の失敗はまずこのことだったと思います。

子供専用としたため、休みの日など無制限に使います。
使用時間の取り決めもありませんでした。

子供のパソコンの使いすぎが問題となってきたため、
パソコンの故障を機に専用性をやめました。
しかし、もうこの頃には、パソコンが子供の生活の中の一部となっていたようです。




長くなりますので、息子の場合は又次回






___________________________________


不登校とパソコンの記事が思った以上に多くなってしまいました。
関連記事を載せておきます。
よろしければ、一度ご覧下さい
                2009・5・16


不登校とパソコンー我が家の場合1    ≪本記事≫

不登校とパソコンー息子の場合2  

不登校とパソコンー娘の場合3

不登校とパソコンー娘の場合4

不登校とパソコン 【フルーツさんの場合】

不登校とパソコン(ゲーム)【ラベンダーさんの場合】

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None