市の教育相談

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

市の教育相談

心理検査の後、医療機関での受診を一度受けてみてはということになり、
大学病院のメンタルヘルス科に受診を依頼しました。
この時点で12月まで予約が一杯ということでしたが、とりあえず予約をいれました。

このことを担任の先生に報告すると、同じように医師が担当する相談で
市が行っているものがあるということでこちらも申し込んでもらいました。

これは『医学および心理学の専門家による教育相談』で市の事業として行っています。

息子に一緒に行ってみようと誘うと、この時は場所が以前話に出たフリースクールということもあってか、
了解してくれました。

もしここに通うことができたらと思い、この日は親子ともに自転車です。

まだまだ暑いさかりでしたが、息子は文句を言わずについてきました。
息子も心の中では、何とかしたいと思っていたのでしょうか

担当の先生(医師)に今までの経緯を説明しますが、たくさんありすぎてうまく話せません。
時間の制限もあるしで、事実のみ話しますが何か気持ちがこぼれおちていく気がします。

先生は人間として伸ばすことを考えるようにといわれました
具体的には、どうしたらいいんでしょうか?と聞くと
 「夜寝て、昼に起きる生活をする」
 「昼間にすることを考える」
 「1週間のプランニングをする」
 「本人の考えを優先してあげて下さい」といわれました
そして、「月1回でいいので本人の行きたい所へつれていってください」と

「学校はもう無理なんでしょうか?」
「中学校は3年間行かないと思ったほうがいいでしょう。
 フリースクールがいいんじゃないですか」

すごくショックでした。でも心のどこかでやっぱりと思う気持ちがありました。

相談の後、今度はフリースクールの先生と面談です
息子はあまり気乗りしない様子ですが、話はしていました

1人の先生がゲームに詳しく、息子と話をあわせてくれました。
息子もいつもよりたくさん話しています。

「明日から来てみる?」
「うん」

息子も変わりたかったのでしょうか。


スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。