不登校とパソコンー娘の場合3

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

不登校とパソコンー娘の場合3

前回(4月27日)の記事で息子の場合のパソコンとの問題点を書きました。
不登校とパソコンー息子の場合?

今回は、高3の娘の場合です。
息子の場合は、コミュニケーション面の問題でしたが、娘の場合は同じ家庭なのに?と思うくらい問題点は違いました。


最初娘が中学生の頃パソコンでチャットをはじめました。
タイピングの練習をしたり、操作方法を調べたりしていたため、特に禁止はしませんでした。
このチャットからネットゲーム(MMO)へ誘われたようで、しだいにネットゲームにはまっていきます。
この頃は高校生になっていました。

ネットゲームの世界では21時頃から夜中、2時3時までが一番にぎわっているらしく、
娘もそれにあわせた時間にするようになります。
すると現実世界への影響が出はじめました。

高校2年生の5月の連休明けの頃からでした。
学校から帰ると19時頃です。
そのあとすぐ寝て0時頃に起きて夕食。
そこからネットをし、朝4時頃に寝る。
そして朝7時に起きる生活をしていました。

この時は、親も睡眠時間としては足りているし(8時間)『かまわないかな』と軽く考えていました。

しかし、この夜起きている生活には色々な落とし穴がありました。

朝方(4時頃)寝ると寝過ごしてしまい登校時間に起きられない。遅刻して行く
又熟睡できていないためしんどいので欠席する。
これの繰り返しとなっていきました。

遅刻・欠席が増えてくると、クラスの友達からよく休む子、よく遅刻してくる子とみられるようになります。
何か変わっている子というところでしょうか
学校を休むとクラブも休むため、クラスだけでなくクラブでもいづらくなっていきます。

もし学校だけが、友達との場所であれば、何かうまくいかなくても改善しようと努力したと思います。
しかしネットの世界があったため学校での友達関係をよくしようとする努力をしなかったようです。

ネットの世界では、学校にいっていない人・ずっと家にいる人もいます。
そのような場で『学校おもしろくない。どうしよう』と相談すると、
『学校なんかいかなくてもなんとかなるよ。』
といった一方的な励ましをうけていたようです。

もちろん学校に行くことだけが、大切なわけではありませんが、
学校へいかなければどうなるのか?
そのことによる影響は?
といったところまではアドバイスをもらえるとは思えません。
結局その責任は娘が背負わないといけないものです。

娘の性格・状況すべてをみてのアドバイスであるならよいのですが、
あくまでも娘が言ってほしそうなよい返事だけをもらっていたのだと思います。

この現実社会である学校での居場所作りをおろそかにしたことが、まず第一の問題であったと感じています。
そして、もう一つあります。

長くなりますので、2つめの問題は又次回に。





___________________________________


不登校とパソコンの記事が思った以上に多くなってしまいました。
関連記事を載せておきます。
よければ、一度ご覧下さい
                2009・5・16


不登校とパソコンー我が家の場合1

不登校とパソコンー息子の場合2  

不登校とパソコンー娘の場合3   ≪本記事≫

不登校とパソコンー娘の場合4

不登校とパソコン 【フルーツさんの場合】

不登校とパソコン(ゲーム)【ラベンダーさんの場合】




スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (6)

Unknown

なるほどと思わせられました。
オンラインゲームにはまだ縁がないのですが、ネットはうちの子どもにとても魅力的なようです。
少しならいいかと始めた事でもネットが生活の中心になってしまうこともあるのですね。居心地のいい家にいながらにして外とつながっているような錯角に陥ってしまうのは怖いですね。
なんとかなるよ~って、言ってる子に何がどうなるのかと聞きただしたくなりますね。
ネットとは上手につきあっていってほしいと願いますが、なかなか難しい問題ですね。


メリーベル URL 2009-05-07 09:58  [Edit]

Unknown

そうでしたか。そのような順番に影響していったのですか。
きっと、娘さんのような経過をたどっている子どもたちはたくさんいるのでしょうね。
我が家の今後について考えていく上でも、とても参考になります。
やはり、現実の学校生活を大切にし、優先順位を第1にすることが大切だなと感じます。
ネットの時間的、内容的誘惑に負けないだけの強い意志が必要ですね。
そのために、親はどう関わっていくのか...難しい課題ですが出来る限り良い結果が出るようにお互い頑張っていきましょう。
ふらわぁ URL 2009-05-07 11:00  [Edit]

はじめまして

ランキングからきました
そうですか・・そうゆう連鎖ですか。。
今パソコンはリビングにあり私のパスワードがなければ開きません
長男(高3)はもっぱら携帯ですね
12時過ぎは何をやっているのかわかりません
娘(中3)の携帯はリビングでのみ使用可。
自分の部屋には持ち込みません

学校なんて・・・ どうなんでしょうねぇ
ひめ URL 2009-05-08 14:35  [Edit]

メリーベルさんへ

ネットは、子供にとって魔法の箱にみえるかもしれませんね。
我が家は、なんの規制もなしに始めてしまったための弊害がありました。
失敗して初めてわかったこともたくさんあります。
ぜひ、まだ子どもさんが小さいうちに一度考えてほしいと思ってます。

>なんとかなるよ~って、言ってる子に何がどうなるのかと聞きただしたくなりますね。

本当に、そうですよね。子どもがよく考えることができるきっかけを作ってあげたいですね
ちゃろ URL 2009-05-09 21:13  [Edit]

ふらわぁさんへ

ネットゲーム(MMO)には、ぶにん先生の記事にもあったように中毒性もあるように思います。
我が家には、パソコンを禁止することは、良い方法ではないようです。
上手な付き合い方を身につけることが急務です。

>ネットの時間的、内容的誘惑に負けないだけの強い意志が必要ですね。

本当にそう思います!
娘にとって、受験がそのきっかけになればとも考えます。
もう一つの問題も、できるだけ早くアップしますので、又意見をいただければと思います
ちゃろ URL 2009-05-09 21:36  [Edit]

ひめさんへ

はじめまして!
お越しいただいてとてもうれしいです。
パソコンの規制をかけておられるのですね。
うちもその知識が親に必要だったと今切実に思います。
息子さんは、携帯ですか。高校生には、今や携帯は必需品のようですね。
娘も持ったまま寝てますよ。
又覗きに来て下さいね。
ちゃろ URL 2009-05-09 21:44  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。