ノエルさんがご紹介くださった本『思春期の子どもの心のコーチング』が、
偶然近所の本屋にあり、GW中に読むことができました。
御本の紹介はノエルさんがされているので、
私は本を読んで、我が家にとって必要なことを忘れないためにも、記事にしておこうと思います。
本の正確な内容が知りたいかたは、ノエルさんのブログへどうぞ

思春期の子どもの心のコーチング
菅原 裕子
二見書房


この本は、子どもが思春期を迎え、なんとなく今までの方法ではいけないんじゃないかと、思う方にお勧めです。
我が家は、中学生の息子より、高校生の娘と自分のためにうなずいてしまいました。

娘は、高校3年生です。
この年齢であれば、来年親もとを離れる子どもさんもいます。
子どもが、一人暮らしをすることが現実になったらと考えると、我が家は、とても無理と即座に思いました。
勉強が・・・でなく、生活を維持していくための能力が一定レベルに達していないように感じます。
その根本が「自立・自律」です。

以下文中から引用しています
「じりつ」のために親が子どもに教えたいこと
?自分には生きる価値がある(自己肯定)
?人生は自分次第
?周囲とよい関係を持つために自分を表現する(コミュニケーション)
?自分をコントロールする
?意識して自分で選択する(できないとしないの違い)
?異質なものを受け入れる力をつける(自分と違う意見)


これらは、本来子どもが小さな頃から教え始め、15歳くらいまでで、教え終わるそうです。
残りの3年間は見守るだけ。
しかし、我が家は、15歳までのことを終わっていないため、もう少しかかりそうです。


子どもに責任を教えるために、「愛すること」を教える必要があると書かれています。
そのための方法として、黙る・話しを聞くことがあげられています。

我が家では、子どもの話を聞く・意見を押し付けないようにと、そのまま言葉を返してしまうことがありました。
しかし思春期の子どもにこれは通用しないようです。
オウム返しをしていると、バカにしているように感じるようです。
そうならないためには、親は、子供の話を真剣に聞くことが大切、
もちろん何かの片手間ではいけませんね
「あなたの話を聞くことは私にとって大切なこと」と考えないと上辺だけになってしまいますね。


『子どもに責任を教える方法のひとつとして、朝起こさないことから始めよう』とあります。

この言葉、どう思われますか?
「おこさなければ、起きないし!」と私は思っていました。
でも1年前と比べて、娘は時間に起こすと、起きてくるようになりました。
と、書きたいところですが、
起きるようになりましたが、学校へ間に合うようにまでは、なっていません。
ほかの方の1歩の前進の半歩分といった感じでしょうか。

『学校に遅刻しないために、何時に起きる必要があるのか、
そのためには何時に寝なければならないのかを考え、自分で起きる。
どうということのない一日の始まりが、すでに責任を学ぶ一歩なのです』


これは、娘にはできでいませんが、社会へ出た時の「じりつ」のために必要なことだと、痛感しています。


『生きることは自分の仕事です
自分が今手にしているもの(結果)は、自分がまいた種(原因)の結果です。
ほしいものの種をまけば欲しいものの芽が出ますが、
そうでないものの種をまけば、そうでないものが手にはいります。
子どもの日々を子どもにまかせ、余計なヘルプはせずに、自分の行動の結果を体験させてあげてください。』


この一文は、私にとってとても耳に痛い言葉でした。
娘の種を母親がまいてやることはできないのですものね
この言葉を忘れないように、ここへ載せておきたいと思います

まだまだ、これらのことが、「できました!」と言える我が家ではないのですが、
立ち止まらずに、進んでいければと思います。


スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None