不登校とパソコン(ゲーム) 【ラベンダーさんの場合】6

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

不登校とパソコン(ゲーム) 【ラベンダーさんの場合】6

これまでに、我が家の場合とフルーツさんの場合で、パソコンに関する記事を書きました。
たくさんの方が見てくださり、又コメントもいただき、とてもこれからの励みになりました。
みなさんありがとうございます。

今回はもうお一人、『ラベンダーさん』という方から、記事を寄せていただきました。
パソコンだけでなくゲーム・そして勉強へとのお考えを記事にしていただきました。
ぜひ、たくさんの方に見ていただければと願います。

                                ちゃろ

____________________________________


ラベンダーさんのお宅は、現在高校3年のT君、高校1年のR君お二人の息子さんがおられます。
息子さん二人とも、中高一貫校へ通っておられます。

長男のT君が中学1年の11月に完全不登校になり、
中学2年の6月にFHEの支援を受けて復学。
現在も継続登校されています。


____________________________________

 『ラベンダーさんのcase』



うちの場合、ゲーム、パソコン、携帯、テレビ等について制限を設けたことはありません。
(与えた頃よりです。今思うと、あまりにも考えなさすぎてました)

小学校の頃はそれでも何も問題はありませんでした。
外でも遊ぶしゲーム漬けでもなかったですしね。
ゲームが友達とのコミュニケーションのツールになってる部分もあったし、
少しぐらいやりすぎても大丈夫だろう、
年齢があがると時間も減るだろうなと考えてました。
大きな考え違いでした。
中学生になると減るどころか増えていきました。  

二人とも私学に通っていますから近所の友達とも時間も合いません。
どんどん距離が出てきました。
そうなると家でゲームをする時間が自然と増えていきました。

時間さえあればゲーム(試験前でも平気でやってました。今でもデス)。
その姿にイライラしだし、息子たちに何度も話しました。
しかし、息子たちには全く響きませんでした。
当たり前ですよね。
今まで許していて、急にダメだとか時間を減らせだなんて。
ルールも決めずに与えておいて今更って感じですよね。
親の都合でしかないですよね。


不登校中も一日ゲームをしてました。
私も家にいましたから、息子の姿がいやでも目に入ってきます。
学校に行ってないわけですからゲームを許可する必要はないのでしょうが、
取り上げたりもしなかったです。

不登校中のゲームについてはよくわかりません。(ごめんなさいね)
取り上げてしまうとこの子はどーなるのだろか?
布団から出てこないのではないだろうか?
起きてくるだけマシかも・・・・と自分の都合の良いように解釈してました。

ゲームの与え方ですが、やはりルール決める必要があると思います。
(ありきたりの答えですみません。でも、これしかないように思います)
こんな時代ですから、ゲームそのものを与えないというのは、考えにくいです。

次男の同級生で(小学生のころ)ゲームをもっていないため、友達のDSを盗んだ子
がいました。
これは極端な例ですが周りの状況を見て与える必要があるかなと思いました。
大勢の子が持ってるのに持ってないとなると上のような問題も起こりえますものね。


よくゲームばかりして勉強しないというお話を聞きますよね。
私も子供が勉強をしないのをゲームのせいにしていました。
確かにのめりこむと思考力が弱まったり
集中力が続かないといった弊害があると思います。

でも勉強をしないこととゲームは関係ないような気がします。
スイッチのonとoffの切り替えの出来る子供さんはゲームと上手につきあっておられるようです。
息子たちはこの切り替えが下手なんですよね。

今でこそなくなりましたが、勉強しなさい!といったようなことを
毎日言ってました。
ゲームを捨ててやろうかと思ったこともありました。
でも捨てたところで効果はないでしょうね。


不登校中の方や復学されて登校が安定してきたら
きっと勉強の遅れが気になるでしょう
(学年が上がると受験や単位の問題もあるし)

でも、見守ってあげてほしいと思います。
やらされた勉強は全く身に付きません。
弊害のほうが多いです。
これは間違いないと思いますよ。
向上心をくすぐるような言葉がけをすればよかったと後悔しています。


中学受験をして私立の中学に入り、この先も親の考えてるような道を行ってくれるんだ
ろうな〜と思っていました
普通に大学まで行って就職するだろうと勝手に妄想してました。
わが子が不登校になるなんて思いもしなかったです。
不登校なんて我が家には関係のない世界の話だと思っていたのです。

私立に行けば学校がある程度導いてくれるだろう考えていました。
それも間違いではないです。
先生方はほんとに熱心に指導してくださいますし、
子供が少しでもやる気を出してくれるように叱咤激励してくださいます。

でも、やはりここでも同じなんですよね。
本人たちの向上心や学びたい気持ちがないと無理なんですよね。
いくら環境や周りが良くてもね。

公立・私立、どちらへ行こうが本人次第なんですよね。
(以前どなたかがブログで『無作為に集められた集団=公立』このような解釈をされていました。
二人を私立に通わせている私から見れば、いろんな子供さんが集まっています。
無作為集団としてみるなら、公立・私立あんまり関係ないかなと思います)


卵から殻を破って自分で出てこようとしている子供を自分の理想の子供にするために、
時には、まだ出てくる時期が早いよと、その割れかけた殻にガムテープを何重にも貼り合わせたり、
時には、ひとりじゃ無理よねと殻を割るのを手伝ったり・・・・。
やっと外の世界に出られても弱い子供ですよね。
思い通りにしたいがためにやったことが、子供を不幸にしました。


ここに書いたことですが、不登校中はこんな冷静に考えられなかったです。
だから、今もし私と同じように悩んだり、失敗しそうな人がいたら、
「子供は親の思い通りにはならない。親のする通りになる。」
と言ってあげたいです。
親のする通り・・・・・怖いですよね。
子供に恥ずかしくない生き方をしなければね。


少しでもいい学校に行ってほしいとか、
もう少し勉強してほしいとかいうのは親だったら誰しも思うことだと思います。
でも、そのことで我が子を他所の子と比べてイライラしたり、
定期考査の成績に一喜一憂したりは、子供も親もしんどいですよね。

私は最近自分に言い聞かせてるんですよ。
「幸せは、いつも自分の心が決める。」
不登校を経験しなければ、このように思えなかった気がします。


                   ラベンダー



___________________________________


不登校とパソコンの記事が思った以上に多くなってしまいました。
関連記事を載せておきます。
よろしければ、一度ご覧下さい
                2009・5・16


不登校とパソコンー我が家の場合1

不登校とパソコンー息子の場合2  

不登校とパソコンー娘の場合3

不登校とパソコンー娘の場合4

不登校とパソコン 【フルーツさんの場合】    

不登校とパソコン(ゲーム)【ラベンダーさんの場合】   ≪本記事≫

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (6)

ラベンダーさんへ

頑張って私立中学に入ってからの、ゲーム漬け、不登校は、勉強のこと、将来のことなど心配が大きかったことでしょうね。
確かに、夢中でゲームをして勉強しない姿を見れば、ゲームのせいだと思ってしまいそうですよね。
でも、本当は本人が「よし、勉強するぞ」と思ってon、offの切り替えが出来るかどうかが大切なのでしょうね。
親はどうしても、環境や周りが良いことを望みがちですよね。
私立を選択される方だけでなく、公立でもよその学区の中学が荒れていると聞けば「ああこちらで良かった」と安心したり...
でも、全ては本人次第なんですね。
自分で向上心を持って、ゲームもon、off切り替えて勉強できる子になるよう見守っていきたいなと思いました。

ふらわぁ URL 2009-05-22 12:34  [Edit]

ラベンダーさんへ

今まさに、不登校から学校へ戻り、息子は次のハードルである勉強にむかわなくてはいけない時期です。
同じような経験をされた、ラベンダーさんのお話が、とても心に響きました。
『やらされた勉強は全く身に付きません。』
本当にそう思えるようになりました。
じゃあ、ほっとけばいいの?と思ってしまいますが、そうではないんでしょうね。
まず、親の私が、息子のやる気をじゃましないように、勉強しないといけませんね。

『子供は親の思い通りにはならない。親のする通りになる。』
そうですね、この言葉を、しっかり覚えておこうと思います。
ありがとうございました。
ちゃろ URL 2009-05-23 21:39  [Edit]

ふらわぁさんへ

コメントありがとうございます。

勉強をやる・やらないは子供自身の問題なんですよね。
私もそのことについては理解しているつもりでしたが、どこか子供を信じてなかったり、
周りに流されたりして揺れ動いてました。

なかなか「よし、やるぞ~」とはいきませんが
少しずつ変ってきているなと感じる時もあります。

子供の頑張る力を信じたいと思います。
ラベンダー URL 2009-05-25 08:25  [Edit]

ちゃろさんへ

私の思いを記事にしてくださりありがとうございます。

心に響いたと言っていただき嬉しく思います。

「子供は親の思い通りにはならない」
こんな当たり前のことに気がつかず子供を縛り付けていました。

普段の子供たちの様子を見ていると
まだまだ歯がゆく感じる面もありますが、
子供を信じて見守りたいと思います。
ラベンダー URL 2009-05-25 08:43  [Edit]

こんばんは

お子さんの不登校をきっかけに
子育てのことや
幸せとは……そんなことを考えられたんですね。
不登校のおかげ……ですね。
そう思うから価値のあることになる。
まさに「幸せは、いつも自分の心が決める」ですね。

ラベンダーさんの記事が多くの方の心に響き、
子供を縛り付ける子育てから抜け出ることを期待したいと思います。
思いのこもったすばらしい記事でした。
ありがとうございました。
空飛ぶミケ猫 URL 2009-05-25 22:17  [Edit]

空飛ぶミケ猫さんへ

コメントありがとうございます。

私の気持ちをストレートに書かせていただいた
だけなのですが、読んでいただいたこと
嬉しく思います。

間違った育て方をした弊害だろうな~と思う
時が未だにありますが、後悔ばかりしてもしょうがないですよね。
私自身も前向きに頑張りたいと思います。
ラベンダー URL 2009-05-26 19:46  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。