インフルエンザの休校が終わり、息子はがんばって登校しています。
あぁ、がんばっているんだ〜と思っていました。
すると、中学校の担任のT先生から体育の授業の件でメールをいただきました。
今度は何事?とちょっとドキドキしてしまいます。


息子は、体育が苦手です。
もちろん肥満体型ですので、走るのが苦手なのでしょう。
小学校6年生の頃、参観で体育がありました。
マラソンだったのですが、息子は一番ビリをすごくしんどそうに走っています。
みんなが走り終わってもまだ走っています。
異様に遅いので、後で聞くと余計に1週走っていたらしいです。

そんな息子も自転車での遠乗りは得意です、自分の足でということが苦手なんでしょうか。
中学校に入学してから、よく火曜日に休んでいました。
その当時は気がつかなかったのですが、体育のある日だったようです。
この時期息子は膝の痛みを訴えており、病院で診察してもらったこともあります。
診断名はオスグットシュラッター病といわれました。
要するに成長痛のきつい物のようです。
膝の下の部分が飛び出たようになりますが、特に支障はないといわれました。
しかし、この入学当初の膝の痛みがクラブや体育から逃げる口実にならなかったとはいえません
体操服に着替える時の自分の体型で何か言われたのでしょうか?
これが、不登校のすべての理由ではありませんが、関係があったのかもしれません


この日、息子は朝から寝不足でしんどいとT先生に言っていたようです。
(提出物があったようですが、ゲームはしっかりやっていました)
体育の時間にT先生が様子を見にいってくださいました。
すると、ランニングの後、すごい発作。ものすごい姿。
大人からみても「それは大袈裟やろ・・・」と。
もしその発作が真実なら救急搬送しなければならないくらいの激しい動作だったそうです
体育の先生は、「いつもですので、がんばらせています」と。
その姿を見てクラスの子は、「出た出た」と言う者、笑う者もいます。
T先生はその場で注意してくださいましたが、大人からみても異常なようすだったようです。

その後、クラスで、本人には「頑張っていこう!」
周りのクラスメイトには「気になるのはわかるし、ビックリするよね。でもバカにするのは違うよ」と話していただきました。
先生も驚かれた事と思います。


この連絡をいただいて、どう対応すればいいのか?
息子には何を言えばいいのか?
学校の先生には?
どうもこのような対応が私には、まだまだのようです

支援の藤本先生に、伺いました
特にびっくりしませんよ。
頑張っているのは事実ですから。
大袈裟なのは、その場でたしなめないと難しいでしょう

とお返事いただきました。
息子の大袈裟な様子は、何度もご相談させていただいているので、びっくりすることではなくなっていますよね

息子は確かに体育が、しんどい・つらいのだと思います。
でも、自分で体操服を準備して登校しています。
その姿が息子の答えなのでしょうか。
息子は、自分の大袈裟な態度が周りにどう伝わるのか、どう思われるかを汲み取ることが苦手です。
子供の様子だけをみていれば、『かわいそう』となって、学校に対応を求めたくなります。しかし、我が家の場合、今回のことに関しては、学校側の対応が最善だったと思います。
親では、できない指導を先生方がしてくださいました。

T先生にお礼のメールを送ったところ、嬉しい返事をいただきました。
あんなにしんどがってもまたやろうとする○○くんは本当にえらいです!だから厳しいかもしれませんが、一緒にできることを優先に声をかけていきたいと思います

学校での嫌なしんどい思いが、出来た! やった!に変わる経験となるよう周りの先生方が手助けしてくださいます。
息子のペースで一つ一つ乗り越えていって欲しいと思います。
親は、子供の話だけを聞いて、目が見えなくならないよう、口出ししすぎないよう注意しないといけませんね

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None