過去記事―学校対応

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

過去記事―学校対応

過去のことを去年の日付で書かせていただいています。
今、去年の6月まで追いついてきました。

去年の6月、息子は中学2年生で未だ不登校中でした。
支援を依頼し、5月22日に登校刺激をしていただき、その後です。

翌日から訪問カウンセラーの先生方が、息子が一人でいる自宅に来て下さいました。
もちろん日が決まっているわけでもなく、息子も先生がいつこられるかわかりません。
そうなると、おちおち昼間寝ているわけにもいかなかったようです。
この時期私が帰宅すると、インターフォンから必ず息子の返事が聞こえてきました。
息子も先生方を心待ちにしていたようです。

再登校日が7月4日と決まりました
それにあわせて、登校日までのスケジュールを書いていただいていまし
息子は、親には何もいいません。
スケジュールの紙も、リビングのテレビの横に無造作に置いてありました。
私は、それをこっそりみるという感じです

6月5日に学校対応として、支援の藤本先生にお越しいただきました。
詳しくは、過去記事を読んでいただければと思います。

息子の中学校では、今までに息子のような方法をとった家庭はなかったようで、
学校の先生方も戸惑われたかもしれません。


この後、登校にむけて必要なものをそろえたり(物品準備)、
友達にきてもらったり(友達訪問)、
担任の先生に家庭訪問していただいたり(家庭訪問)、
再登校の前日に学校までいったり(学校訪問)と目まぐるしい状況でした。

ただ、今振り返れば息子にとっても周りの環境が目まぐるしく変わっていく状況だったのに、
その不安や悩みを聞いた記憶がありません。
もちろんこの時期も私はフルタイムで仕事をしていましたので、
息子と顔をあわせる時間が少なかったからかもしれません

もし、家にずっといてたらきっと余計な母親の心配を息子へ植えつけていたことだと思います。
そして、息子の不安な気持ちを訪問のM先生・N先生が上手に受け止めて、
自信にかえてくださっていたのだなぁとやっと今になってわかります。

この時期、返ってきた会話ノートをみても、家族療法としては、まだまだな我が家の様子が書いてあります。
そんな我が家ですが、息子の中学校での貴重な出席できる日を少しでも失わないように、
登校を優先させてくださったのだと思います。
訪問の先生方が、息子をひっぱってくださったおかげで、登校ができました。
感謝の言葉もありません。

中には、そんな無理やり登校させても問題がおこるんじゃないかと考えられる方もいるかもしれません。
息子に限って言えば、横で見ているだけでなく、
一緒に歩きひっぱってくれ、後ろから押してくださった、
支援の先生方のおかげで登校ができたのだと感じます。

今日も息子はあたりまえのように学校へ行きました。
この息子の姿が答えだと感じます。

息子は、毎日学校でいろんな経験をしています。
息子に負けないように、親としての勉強を続けていかないといけませんね

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (4)

支援と学校

貴重な体験を教えてくださり、ありがとうございます。
私も学校のあり方、支援のあり方について悩んでいます。
実際今もどのようにすれば良いのか悩んでいる最中です。
過去の事を掘り起こしても仕方がないと思いますが、学校
については担任の善し悪しで対応の違いを見せつけられ
ました。学校の不登校の対処の仕方によっても支援のかたち
も変わるかと思いますし…。また地域で差もあるかと思います。
ななこ URL 2009-06-03 08:51  [Edit]

親と支援者との信頼関係

不登校の支援に関しては、様々なアプローチ法がありますが、中でも積極的なアプローチ法には訪問のカウンセリングがあるので、親とカウンセラーとの信頼関係が一番大切だと感じます。

特に、ちゃろさんはフルタイムで働かれているので、子どもしかいない家の中にカウンセラー(他人)が入るというのには抵抗があったと思います。親御さんがカウンセラーを信じる姿勢が早期解決につながったのではないかなぁと記事を読ませていただいて感じました。
お客さんを家に上げる機会の少ないご家庭ではどのように対応していいか戸惑われたのではないかと思います。お茶は出すべき?話しかけるべき?離れるべき?いろいろと迷われたのではないかと思います。
きっとお子さんだけではなく、ちゃろさん自身も支援の中で柔軟な考え方というものを身につけられたのでしょうね。

息子さんに負けないように親の勉強頑張ってくださいね。応援していますよ~

ぶにん URL 2009-06-03 10:22  [Edit]

ななこさんへ

ななこさんも、子供さんのことでいろいろ考えておられることと思います。
色々な道があるけど、自分の子供には何がいいのか?私も一杯悩みました。
ちょっと休憩中と言っておられましたので、元気がでたら又前進ですね。
学校との関係は、本当に難しいと思います。その学校の考え方というか校風もありますしね。
私の経験では、親が1歩も2歩も踏み込まないと学校側は動きたくても動けないのではと感じています。子どもを案じる思いは同じはずですよよね。
ちゃろ URL 2009-06-03 21:53  [Edit]

ぶにん先生へ

お忙しい中、こちらにまでお越しいただきありがとうございます。
確かに、息子だけの家に、訪問の先生がこられることへの抵抗感がなかったとは言えません。しかし息子へは、訪問の先生の力が一番必要なものだと確信していました。
一番最初の心配は、息子が起きているか・先生がこられたのに気がつくかということでした。
きたない家を見られるのはちょっと、いえいえかなりはずかしかったですけどね。

親としての勉強がんばりますね。これからも、ぶにん先生のブログで勉強させていただきます。
ちゃろ URL 2009-06-03 22:12  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。