息子の定期テストの結果がでました。
あまりにも低い点数です。ひと桁の科目もあります
この結果をどうとらえたらいいのか?
口を開くと否定の言葉が飛び出しそうです。

がんばって息子に聞きました。
母 「自分ではどうだったの?」
息子「前より点数あがったし、やったねって思う」
母 「そうやね」
確かに息子はがんばりました。
登校刺激の時に、はたして学校へもどるのがいいのか・特別支援をうけたほうがいいのかと迷ったことを思えば格段の成長です。
でも、心の中で『こんな点数じゃダメじゃない』と思う親の自分がいます。
そして、まったなしでやってくる受験のことも気になります。

今息子は藤本先生のおかげで、もう学校は休みたくないと言うまでになりました。
しかし、登校できたことを喜んでいるだけでは、そろそろいけないような気がします。

学校の先生からも、
『がんばって学校へ来ていますね。授業もしっかりうけています。
でも、なかなか内容の理解までは、難しいです。点数には、結びつきませんね。』

と様子を教えていただきました。

最近は、朝も少し落ち着いてきていたため、親の方も『さあ次は』と考えてしまいました。
そろそろ、いろいろな情報も耳に入ってきます
『○○点ないと、行く高校はないわよ〜 』
とお母さん情報が入ってくると気になります。

支援の藤本先生にうかがいました
『息子さんは今登校に関しては安定がとれています。
でも、登校して、授業を受けて、宿題をして、提出物を出してということだけでやっとの状態です。
もちろん、最初の予想以上に良い状態ですよ。
しかし、中学3年生という学年で受験のことを考えないわけにはいきません。
受験による負荷をかけていかないと仕方ない部分があります。
負荷がかかることで、現在の安定がくずれることもあります。
それでも、くずれることを想定にいれて負荷をかけていきます。
難しいですが、様子を見ながら容量オーバーにならないように調節していかないといけません。』


息子は勉強も1年間のブランクがあります。
しかしその借金がなくても、もともと勉強が苦手なタイプのようです。
そのためか、自分では受験に対する不安はないようです。

今回、かなり親の私の方が不安になってしまいました。
でも、学校へ行って受験を考えられること自体ありがたいことですね。
先生方の邪魔をしないように親も子育ての勉強をしていかないといけませんね。

継続登校を続けるということは、次々におこる問題を自分で解決していく力を身につけることなのだと痛感します。
まだまだ支援の先生方にお力添えいただく必要を感じる息子です。
受験も、自分の問題とは捉えていないようです。

ああ。替わりに勉強できるならいいのに・・・

スポンサーリンク

 
 タグ
None