娘の遅刻指導(呼び出し)

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

娘の遅刻指導(呼び出し)

昨日娘の高校から呼び出しがありました。
遅刻回数が10回をこえたので、指導が入りました。

学年主任の先生からは、言外に指定校推薦は無理だよって。
あたりまえですけどね。
担任の先生からは、『毎日のリズムががついていないと受験を乗り切れない。
今から朝10分早くでるようにしよう。』と話してくださいました。
娘も納得しています。

前回の娘の記事娘への対応に書いたように、12時でパソコン終了の約束を守ってはいるのですが、ピタッとやめることはしていません。
娘の言い分「「ちゃんと起きるから、次の日が休みの日は時間が長くなってもいいやろ?」

藤本先生に、この娘の言い分への対応を教えてもらい、遅刻指導のあとで話すように指示いただきました。

帰りの車の中で、娘に話しました

『週末のパソコンの件だけど、○○の言うことを聞いてあげたい。
でも、今は12時までっていう約束守れてない。
お母さん見てるけど、約束を守ろうとする様子が見えない。
12時までに終わってることってないでしょ。
守ろうと思ったら12時前から終わる準備しないとあかんのと違う?

約束守れてないのに、要求するのはおかしい。
本当なら、こんなルール決めたくない。
守れるようになったらルールも変えていくよ。

まず、12時までっていう約束を守りなさい。
それが出来て初めて週末のパソコンの時間のことも聞ける。

今もう高3なんやで。
こんなことで、あれこれ言ってるヒマないはずなんやで。
もっと自覚せなあかんよ。
できるやろ? 』

娘も、素直に聞いていました。


でも、やっぱり夜12時は少しこえていました。
それでも、今までより早く終わっています。
朝も、8時10分は無理でしたが、いつもよりは早く家を出ました。

これでOKとしないといけないのでしょうか。


スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。