元不登校児の勉強ー2

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

元不登校児の勉強ー2

このブログをはじめた時に、知りたかったことのひとつに息子の今後の勉強や受験のことがありました。
今そのことに直面しわかったこともありますし、これからのこともあります。
前回の記事元不登校児の勉強は?で、息子の勉強・受験に関する問題を色々考えました。

もちろん支援の藤本先生にも相談させていただき、今の状況・これからの見通しなど詳しく教えていただきました。
それでも、いろいろな心配がうかんできました。

中学1年生で不登校となった息子は、勉強に関しては、大きな借金を背負っています。
不登校の問題を考えた時、たとえ勉強ができなくても、学校に行って友達の中でもまれて欲しいと思いました。
もちろん、勉強にこだわることはないのですが、見ないですごすわけにもいきません

本来、授業を受けてさえいれば、その内容を復習することで、ある程度の勉強になります。
しかし、この復習をするという家庭学習の習慣が息子にはなかったようです。

復学当初は、学校に行って帰ってくるだけで、かなり疲れていました。
なので、帰宅後は好きなゲームやパソコンをずっとしています
親も、学校でどれほど大変なのかが想像できるため、行くだけでOKでした。
又、この行くだけが中々難しく夏休み後3ヶ月ほどは不安定でした。

息子の場合は、学校でのストレスがたまりイライラすることがありました。
その感情を訪問の先生が、ガス抜きしてくださっていました。

又、息子は、勉強ができなくても、それを表立って悩むことはありません。
これは、学校側の配慮による部分が大きいのかもしれません。
息子の中では、前より、テストが1点でもあがったらそれでよしと思っているようです。
自分がどのくらいの位置にいるのかといった、他の子と比べてという感覚もないようです。

子供のペースを見守ってやりたい、でも受験が気になる。
親のほうが不安で一杯になってしまいました
(今は大分落ち着きました)

こんなに心配なのは何故だろうと考えました。
これは、親の自分自身の価値観が変えられないためではないかと思いあたりました。
ある程度勉強をして、高校・大学と進み社会へ出て行くという価値観

もちろん、息子にそれを要求するときっとどこかで反古がでることもわかっています。
息子の進む道は息子のものであって、親の望むものと同じとは限らないのでしょう。
支援の先生はそんな親の思惑より子供そのものをみてくださります。
そのことに感謝し親と子供は違うのだという事実を心の底でわかることができるようにならないとと痛感しています

このブログを続けていたおかげで、自分のマイナス面も気づくことができるような気がします。
今度はそれをプラスに変えていくような努力がいりますね。

親主導の受験は、きっと高校へ行ってもまた同じ問題にぶつかるのかもしれません。
高校では、欠席が続くと即留年となってしまいます。
すると、子供はちょっと休憩のつもりでも、もう後戻りできなくなり、どうしようもなくなることもあるのかもしれません。
今、普通の高校でも学期ごとにクラスの人数がへっていきます。
途中でやめていく子供さんが多いようです。
今目先のことにとらわれず、勉強・受験に対処しないといけないのでしょうね

スポンサーリンク

 
 タグ
None

コメント (4)

Unknown

>息子の進む道は息子のものであって、親の望むものと同じとは限らないのでしょう。
>親と子供は違うのだという事実を心の底でわかることができるようにならないと

うん^^同じわけがないのよね^^
子どもは親とは別の一個(一人)の人間なんだもの。
そこがしっかり理解できると、親も子も、すごく楽になれると、私は思います^^
メロディ URL 2009-07-11 11:46  [Edit]

Unknown

この不景気の世の中で、子供の将来を考えると不安になりますよね。少しでも学力をつけていて欲しいと親は切望しますよね。
だから心配もしてしまいます。
>これは、親の自分自身の価値観が変えられないためではないかと思いあたりました。
ある程度勉強をして、高校・大学と進み社会へ出て行くという価値観

価値観を変えるのは難しいですね。
私は受験生の一親ですが、娘がどこの学校に行くか決めるのは自分だし、彼女に任せようと思い腹をくくっています(笑)
息子の時、同じように腹をくくれるかは検討がつきません(もしかしたら凄く不安になっているかもしれません。成績が悪いもので余計)が、そうでありたいと思っています。
メロディさんのおっしゃる通り、親と別の一人の人間と理解できると割切れて楽になると私も思います。

ふーみん URL 2009-07-11 20:36  [Edit]

メロディさんへ

一歩二歩も先を歩かれている、メロディさんにはあたりまえのことですよね
なかなか頭でわかっても、気持ちでわかるのには、切り替えが必要なようです。
記事にさせてもらったことで、少し整理できた気がします。
今回、ちょっと暗い内容?だったのに、お付き合いいただきありがとうございました。
又、いろんなご意見をいただけたらと思います。
ちゃろ URL 2009-07-12 14:13  [Edit]

ふーみんさんへ

ふーみんさんの娘さんは、しっかりされているようですね。
ふーみんさんが、常々子供への対応を変えてこられたことが、今娘さんに実を結んでいるように感じます。
きっと息子さんの時には、娘さんの経験がプラスされてしっかりと見ていることができるのではないかと・・・
息子のことに関しては、親の方がまだまだだと気付かせてもらっています。
ちゃろ URL 2009-07-12 14:35  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。