オープンスクール

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

オープンスクール

先日オープンスクールへ行ってきました。

まだ、息子の意識は低く、何も考えていない状況です。
たまたま中学校の先生が勧める学校のオープンスクールがあったので、取りあえずというところでしょうか。
担任のT先生も同行してくださいました。
私は、仕事の関係で、途中の駅で合流です。

すごく心配がありました。
息子は電車で出かけることはほとんどありません。
近所の駅で担任の先生と息子が待ち合わせです。
待ち合わせ場所にこれるのか。

まるで、小さな子供に対するような心配ですよね。
息子は携帯を持っていないため、先生ともし会えなかったらどうするのか
いつも使う駅でないため、駐輪所はわかるのか
さすがに、切符を買う心配はしませんでしたが、こんなに息子のことに手をだしていたのかと再認識しました。
今まで電車で出かける時は、息子の切符までもってやっていました。
手も口も出しすぎですね。

この日見せていただいた学校は、不登校児にも対応している学校でした。

息子はとにかく初めての経験ですので、
「ここもいいやん」と気楽なものです
こんな息子の姿を見ていると、もっと色々な学校があるんだよっていいたくなります。

最後に飲み物とお菓子まで用意されていて、学校側も大変だなぁって。
息子が、担任のT先生にコーヒーを入れてあげている姿をみて、
優しさをいつまでも持っていてほしいと思いました。

スポンサーリンク

 
 タグ
None

コメント (4)

Unknown

ちゃろさん ご無沙汰してしまってます。なかなか足跡残していけなく読み逃げでごめなさい。でもいつもちゃろさんの記事見せていただいて私も元気もらってます。勉強させてもらっています。パソコンの記事とか娘さんの事とか我が長男にとっても当てはまることいっぱいで共感して見ていました。

今回の息子さんの待ち合わせの心配な点!正にうちの長男(現高2)に対する私の心配でした。

中3の受験時期 願書提出に一人で学校まで電車に乗って行くっていうのに
駐輪場の事、切符買う事、乗り換え、駅からの道順、何から何まで一人で行った事なんか無かったもので それはそれは心配しました。

私の不安気な顔させてはいけないって必死に普通に対応しようとしたいた事思い出します。

本人も不安だったんだと思います。駅まで行ったけど「駐輪場がわからない」って帰って来てしまいました。(汗)結局日を改めて=気を取り直して=無事に願書は提出できましたが、
ヒヤヒヤでした。私は・・・・

こんな場面は、以前の私なら願書提出に付き添って行っていたかも知れません。

オープンスクールって?高校の体験入学 見学の事ですか? 息子さんそういう所ヘ行けるって凄いな!
一応高校受験に向かって行動してるんですもの
これから息子さんがどんなふうに進路を決めて進んでいかれるのか 楽しみです。

親は 親の価値観や体裁なぞでつい口出ししてしまいがちですが、、余計な口出ししないで子供が自分の事として進路先が決められるように話が聞ける事。私の今年の試練でもあります。
我が娘も今年中3受験生です。一緒に親としての試練乗り越えて行きましょうね。
たけ☆ふみ URL 2009-07-13 23:17  [Edit]

Unknown

オープンスクールに行ってきたのですね。
また、一歩前進ですね(*^^)v
ちゃろさんが、息子さんを心配することで自分がこれだけ手を出していたのかと気づけるところはすごいなと思いました。
息子さんが先生と待ち合わせをして、電車に乗れたことは、息子さんにとって自信につながるのではないでしょうか。
そして、ちゃろさんも前に進んでいるなと思いました。
私も、息子が初めて電車に乗って出かけるときは心配しました。乗り換えは大丈夫か、上り下りはわかっているのかなんてね。
それも、一人じゃなく、友達もいたのにこの心配です(^_^;)
でも、ここは日本、言葉は通じるから迷ったら誰かに聞けばいいんだ!なんて自分に言い聞かせてました(*^_^*)

息子さん、「ここもいいやん」って言ったのですね。その高校は選択肢のひとつってことだと感じました。「ここがいい」って言ってないから・・・(あくまでこの記事を読んで私が感じたことなので、あしからず)

先生にコーヒーを入れている息子さん、気配りのできる優しい子に育っているのですね。
みかん URL 2009-07-14 14:44  [Edit]

たけ☆ふみさんへ

ブログ読んでいただいてたんですね。ありがとうございます。
娘のことなど、色々あるのですが、息子と娘両方書くとわかりにくいかなって、ひかえてました。
たけ☆ふみさんにコメントいただいて、娘のことも又入れていきますね。

たけ☆ふみさんの息子さんも、電車での心配があったのですね。
それも、願書提出。心配されたことでしょうね。
でも、見事それも乗り越えられたのですね。

息子は、まだまだ受験という意識がないのです。

>親の価値観や体裁なぞでつい口出ししてしまいがちですが、、余計な口出ししないで子供が自分の事として進路先が決められるように話が聞ける事。

本当に親の価値観・体裁がじゃまをします。
課題でなく、試練ですね。
娘さんも受験ですね。
又いろいろ聞かせて下さいね。
ちゃろ URL 2009-07-14 21:50  [Edit]

みかんさんへ

記事を書きながら、学校のことより息子への過保護さに自分で驚いてしまいました。
でも、無意識にやっちゃうんですよね~。
これからは、意識的に息子に経験させないといけませんね。
みかんさんも、息子さんの初電車の時は、心配されたんですか。私だけじゃなかったってちょっと安心しました。(ごめんなさい)

>息子さん、「ここもいいやん」って言ったのですね

あっ、そうですね。『も』ですものね。
みかんさんに言われるまで気が付きませんでした。
ちょっと発見です。ありがとうございました。
不登校からの受験ということで、記事にしてよいものかどうか迷いました。
でも息子にとっては外せない問題のようで、あくまでも我が家バージョンとして、残していこうかと思います。
もっとこんな方法もあるよっていうことがあれば、又教えてくださいね。
ちゃろ URL 2009-07-14 22:02  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。