夏休みに入って、高校3年生の娘も忙しそうです。
娘はクラブが9月半ばまであり、まだ引退はしていません。
個別塾にも行っていますが、夏休み中はコマ数を増やしました。
クラブの合宿もあります。
興味のあることの、専門学校の体験もいくようです(志望は4年制大学です)
でも、勉強をしている姿は家では見かけません。

朝クラブに出かけた娘は、夕方から塾へ行き、20時半頃帰宅です。
夕飯後は、ず〜っとパソコンをしています。
はたして、この状態はがんばっているといえるのか?
それとも、受験生の自覚がなさすぎるのか・・・


今日は、娘の懇談がありました。
さすがに、受験の話一色です。
今までの懇談は、事前に担任の先生に連絡を取り、状況を説明しこちらからのお願いを話していました。
内容は、遅刻・欠席の話がほとんどです。
三者懇談ですが、娘は先生の話にも適当に相槌を打つだけで、積極的に話すことはありませんでした。
しんどい。
めんどくさい。
これが、娘の言い訳の定番でした。

今日の懇談は、そういう意味では、少し違ったものでした。
担任の先生から、志望校のことを聞かれると
こんな学部のあるところで探した。
この大学にしたい。
ネットで色々調べて、こう思う

とえらく積極的に話しています。
これだけを見ると、すごいね〜と言いたくなりますが、
家では相変わらずのネット生活です。
「最近頑張ってるから、この調子でがんばれば偏差値あがるかな」といいます。
でもね、受験生みんながんばるんだけど・・・

目的の学部が決まっていることは、評価できます。
ただ、一人暮らしがしたいという部分が、ひっかかります。
確かに娘はがんばっています。
今年の初めに不登校気味で、留年の危機を迎えていたことと比べると、
がんばりに拍手です。
ただし、やっと他の高3生に近づいた感じでしょうか。
がんばったね。すごいね。と言って励ますことは簡単ですが、
受験をして大学に行きたいという希望があるのなら、
それではいけないような気がします。

話の端々に、軽く考えている様子がみえます。
娘の意欲をひきだして、現実に目をむけさせるには・・・

藤本先生にも、ご相談させてもらっています。
又訪問のS先生におこし願うことになりそうです。





スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None