先週、息子の訪問のN先生が来てくださいました。
今までは、継続登校のガス抜きだったり、テスト前の提出物の対応だったり、長期休み中の宿題対策だったりと色々でした。
今回は、目的は一つ。
受験に対する勉強の導入です
常々、藤本先生からも言われていました。

夏休みに入り、息子の毎日は、
食べて、ゲームして、寝て、パソコンして・・・
この繰り返しです。
『勉強をしなくちゃ』という意識は見られません。
かろうじて、学校の補習にだけは、自分で起きて、用意をして登校します。
でも、それだけでは、たくさんの借金を抱えている息子には追いつくはずがありません。

最初先生方は、息子にはプロの家庭教師の先生を探そうかと考えておられました。
息子の場合、どうしても学生の方では、教えていただくことができるかどうか不安です。
向こうから断られそうです。
しかし、N先生が息子に話してくださいました
「中3だからみんな受験の勉強をしている
自分の将来のためにも、ここでがんばらないといけないよな」 と

息子も、勉強をすることには同意しました。
でも、家でする(家庭教師)より塾に行くと言ったようです。
先生方が、家庭教師をと考えておられても、基本的に息子の意思を尊重されます
N先生も、『家庭教師という方法もあるけど、塾がいいんやな』と念を押されてました。

どう考えても集団の塾では息子はついていけません
そうなると、個別塾になります。
学生でないプロの方が教えている個別塾は近隣にはありません。
又、今から探すための時間もあまりありません。
一度、息子が不登校中に行っていた個別塾があります
そこの塾長先生は、娘もお世話になっていて、息子のこともご存知です。
そこへ、早急に頼んでみることになりそうです。



親として、息子に対して、もっとがんばらせたい気持ちがあります。
でも、がんばらせて又だめになったらという怖さもあります。

今回藤本先生に相談させていただいて、
これからの人生のために、努力させてみたいです
そのことで、登校自体が怪しくなることも考えられます
それでも、しっかりと勉強をさせて厳しくやらせてみましょう
本人が、もうしんどいと思うぐらいさせてください
そのことで不安定になることのフォローの体制はこちらでとります
今から勉強を始めても、結果がでるのに3ヶ月以上かかります
その結果を見て、進路を決めていきましょう

こう言っていただきました。

親として、受験の心配ができるようになったこと自体とてもうれしく感謝の気持ちで一杯です。
でも、ついその次へと目が行ってしまうことも否めません。

どんなに、周りがうるさく言って、がんばらせても、結果は同じかもしれません。
でも、がんばったというその過程が今の息子には大事なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None