過去記事 【再登校〜欠席〜登校】

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

過去記事 【再登校〜欠席〜登校】

息子は、去年の7月4日に再登校できました。この日は金曜日。
はたして週明けの月曜日、本当に行くのかとても心配でした。
月曜日(再登校2日目)は、訪問のM先生が来てくださいました。
火曜日再登校3日目)は、息子一人で登校です。藤本先生が近所で待機してくださっていました。

そして、水曜日息子は欠席しました。
『ああ、やっぱり・・・』と思う気持ちと『何とか行かさないと』という気持ちで複雑でした。
もし、これが母親だけで対応していたなら、ここで休んだら学校にも何かいわれるかもと思い無理矢理登校を促したかもしれません。
再登校〜欠席 を読んでいただければわかりますが、藤本先生にメールで指示をいただき、必要以上の干渉をしないようにしました。
我が家の場合は娘の登校も重なっていたため、少しわかりにくい記事となり、申し訳ありません。

息子に対しては、パッシブな対応をと指示していただきました。
その当時は、何のことかわからず『先生日本語で言ってください〜』っていう感じでした。
親は、『学校は行くもの。行かないようすをみるのは悲しい』という気持ちを表すということだったのかと、今では考えています。

そして、翌日木曜日(再登校〜欠席?)もやはり欠席でした。
藤本先生は、このことも想定内だったようで、コーチングに来てくださいました。
この時のことは、あまり私の記憶になくどのように対応したのかも定かではありません。
でも、後日息子が担任のT先生に『自分が甘かった』といったのを聞いて、又一つ階段を上ったように感じました。

翌日の金曜日(登校)、息子はきっちりと登校しました。
ただ、朝は機嫌が悪く終始無言でした。
でも、帰宅後に『学校に行ってよかった』の言葉を聞き、とても嬉しかったことを覚えています。

他の先生方や、親御さんのブログで再登校後の記事を目にすると、休むことなく登校していることも多く、なんて息子はこけるのが早かったんだ・・・と思います。
各家庭・子供によって違うのでしょう。

このあと、息子は夏休みにはいります。
夏休み中は、ものすごい姉弟げんかもありました。
2学期開始そうそう、事件もあり又休みました。
そのことなども、過去記事でいれていきたいと思います。
本当〜に、事件の耐えない我が家でした

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。