先週、娘の訪問のS先生がこられました。
外で娘と食事しながら話をしてくださったようです。
大学受験に関して、かなり現実的な話もしていただいたようです。
娘は、以前S先生の動機付けで、具体的な道を探し始めました。(娘の進路)

情報学科に行きたいと言ってきました。
メディア関係の勉強をする科目に興味をひかれたようです。
情報学科のある関東の大学を2校探してきました。(我が家は大阪です)
自分で学部を決めたことは、娘が大学受験を自分の問題としてとらえた証拠ですよね。
それだけでも、うれしいのですが、そんなに受験は甘いものじゃないですよね。

娘の望む道の応援をしてやりたい気持ちはあるのですが、
決められたことをしない
寝坊してクラブを休む。
ネットばかりして、勉強しない
ネットの終わる時間も守れない
こんな毎日をみせられると、不安が先にたってしまいます。

体調不良もあります。
夜遅くまでパソコンをし、朝起きれない。体がだるい。クラブを休む。食欲がない。昼過ぎまで寝ている。夜眠れない。この繰り返しのようです。
実際体調も悪く、体重が40?をきってしまったことも気になります。
持久力がなく、夏バテ状態です
いつ、『もう何もかも嫌』と投げたしてしまわないかS先生が心配されていました。


今の段階では、S先生は関東にいくのもOKという立場で話していただいています。
実際親としては複雑なのですが、関東に行くことが、娘のやる気を引き出すことに一役かっています。
頭からの反対は、逆戻りになりそうです。
娘も、親が関東の大学に賛成していないことは気付いています。

S先生が関東の大学に行きたいのなら親を説得しないといけないけど、自分で話できそう?と聞くと
「う〜ん、ちょっと・・・」と。

親 「関西にも同じような大学があるやろう」
娘 「でも、関東にいきたい。関西の大学は調べてない。行く気ないし」
親 「なんで?」
娘 「何ででも」

これじゃあ、話し合いになりませんよね。

親に何で関東に行きたいの?ときかれて納得させる材料がいります。
お金の問題もS先生が話をして、入学金に140万・生活費に最初○○万と細かく計算してみせてくださったようです。
本人は、お金のことなどなにも考えていません。
考えたくないんでしょうね。

S先生がその点もいろいろ助言してくださったようです
『大阪の学校も調べたけど、こういう理由で関東のこの大学がいいと言う風に言わないと、親は納得できないよ
まず、大阪の学校も調べないといけないよね』

去年の娘の状態と比べると、先生方のおかげで、状態は持ち直してきています。
でも、夏休みムードにのまれています。受験生なんですが・・・


そんな状況の中で、がんばって娘に方向を示していただいたS先生のお力添えに感謝です。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None