前回、訪問のN先生がこられた記事を書きました。
みなさんにも、頑張ってるね〜と言っていただいたのですが、
しかし・・・
実は、その翌日息子が爆発しました。
夏休みになって、塾に行き始めたのですが、塾の宿題ができていなかったようです。

朝、起きてこない息子に声をかけて起こします
すると、時間を間違えているのか、間に合わないとあわてていました。
その後、時間がわかり、宿題をし始めました。
でも、終わらなかったようです。
だんだん、イライラし始め、文句を言い始めます。

こんなん、絶対無理や。
あー、前に塾やめた理由思いだした!これやった。
宿題多すぎ!もう体もたんわ。
何、この苦行!
あーもう!
何もかもまにあわへん! チクショウ
何で、塾やってんねん
もう、いやや!

イライラして、顔から頭からかきむしって、泣いていました。
不登校初期のことを思い出しました。
このいや〜な気持ちは、いつまでもついてまわるようです

問題が起こることを想定していると聞いてはいましたが、
学校のない夏休みは大丈夫だろうと思っていました。
支援の藤本先生は、『新学期まではもたないでしょう』と。
あいかわらず、先生の読みははずれないですね

塾を休むことを決めた後、残っていた宿題をやりはじめました。
その時は、パソコンで調べていたようです。
その後、気が付くとゲームをしています。
後から考えると、その場で注意しなければいけなかったとわかります。
でも、その時はどう言えばよいかわからず、そのまま私は用事ででかけてしまいました。

藤本先生に伺いました。

『まず、PC・ゲームは止めてください
学校の宿題も満足にできていない状況です
その点は、注意してください』

母「息子に宿題が終わるまでゲームしたらダメというと、
一生するなっていうことかと反論されそうです」

先生「禁止してしまうと反発しますよ。
禁止ではなく、今の状況、宿題ができてないことを言って下さい」

『宿題ができてなくて、塾を休んだんやろ?
それで、ゲームをしてるのはおかしいよ。』

今、目の前の状況(宿題ができなくて、塾をやすんだ)を本人に認識させ、
何が正しいのか・何が必要なのか本人に考えさせるということでしょうか?
この、ニュアンスの違いが難しいです。

息子は、注意した後、部屋へこもっていました。
何を思ったのか部屋の掃除もしていたようです。

翌日、学校の補習と塾にいきました。
自分で宿題を終わらせ、塾に行ったことで今回はOKということでしょうか?
学校の先生からの心配のメールもいただいてしまいました。(宿題ができていません!)
新学期が始まる前から、前途多難です


今回のようなことは、不登校初期によくありました。
その時は、息子の言葉にいちいち母親の考えを言って、余計に息子を追い詰めていました。
先回りしての提案もよくしていました。

今、息子がどういう状況にあるのか・こんなことは、言ってはいけないな。
そこまでは、わかるようになりました。
じゃあ、どのような言葉を返せばいいのか?
それが、これからの私の課題のようです。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None