9月が始まりました。
今年の夏休みは、短かったように思います。
まあ、いろいろありましたが・・・
息子は、昨日(8月31日)から実力テストとともに始まり、明日から通常授業の開始です。

母 「テスト、どうだった?」
息子「テスト、怖い〜」

は?という感じの会話ですよね。
やっぱり、わからなかったんでしょうね〜

今年の夏休みは、塾の導入をしました。(不登校からの受験?)
そして、今朝の広告にたくさん習い事のものがあるのをみて、色々考えてしまいました。

息子は、不登校直前に、集団塾に行っていました。
同時期ではありませんが、スイミング・空手・そろばんと
いろいろやっていたこともあります。
でも、これらはすべて、小学校から帰ってきてから、一人でゲームばっかりしているのならと
親主導ではじめたものばかりでした。
そのせいか、何かでつまずくと、「お母さんがやれっていったから〜」と必ず逃げる口実にしていました。
今回の塾は、支援の藤本先生の指示で、息子が決めて始めました。
親は、一切口出しせずでした。
もちろん、自分から考えたわけではなく、訪問の先生方の御助力があってこそです。

息子爆発!で記事にしたように、塾の宿題ができなくて爆発!
でも、次の日には、宿題をしあげて塾に行きました。

この差を目の当たりにして、自分で決めて実行する大切さを感じました。
自分の問題を自分で決めて、自分で責任をもつ
これを小学校の時に知っていたら・・・
いえいえ、これからの人生?において、まだまだ役にたつことを先生方に教えてもらいました。


今日は、3時頃家にもどると、息子の友達が来ていました。
めずらし〜と思うと同時に、普通に友達とあそんでいる姿をみることができるのがすごくうれしいです。
息子が、友達と普通にしゃべれるようになったことに感動です。
そのうちに、息子の方から塾の宿題があるから〜とお開きにしていました。
友達が帰ったあともず〜っとゲームをしている息子です。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None