ある方のコメントで、我が家の息子の『臭い』の問題を思いだしました。
今、息子は朝シャン(髪を洗って)して、顔を洗って登校します。
早く起きた時には朝シャワーのこともあります。
これだけを書くと、すごくきれい好き?のように聞こえますが、ここまでくるのに色々ありました。
特に、息子の清潔観念が乏しかったのか?
(小学校の頃、息子の足の臭いが家族で問題になったこともありました。)
太っているため汗をかきやすいこともあります
髪の毛を洗っていてもフケが目だっていました

去年の夏(7月)、復学後すぐに担任のT先生から、体臭のことで連絡をいただきました。
友達との関係にも影響すると心配していただいたようです。
なかなか言いにくい問題にあえて取り組んでいただきました。
をかく季節ですので、学校でも可能な対処方法を提案していただきました。

そして、去年の12月にも、体臭と口臭の問題が持ち上がり、担任のT先生から心配いただきました。
『○○くん(息子)だけでなく思春期の子どもたちなので、清潔に関しては気になる子も多いと思います。
体質にも関する個人的なことなので、申し上げにくいところなのですが、
今の○○くんの頑張りの妨げになるようなことはできるだけ排除してあげたいのと、
学校では対処しにくい件ですので、相談させていただきました』

お恥ずかしい話ですが、実際この年齢になると母親がお風呂で洗い方を話すわけにもいけません。
我が家では、外の銭湯で、父親から話してもらいました。


そして、今では朝必ず髪を洗って登校します。
家でも汗をかくとすぐにシャワーをかかっています
今現在の息子をみていると、何がきっかけだったのか・・

友達に言われたことがあるのか
担任のT先生の言葉かけで気にするようになったのか
訪問の先生からの話がよかったのか
親としては、よくわからないのですが、あえて考えるなら

『臭いがするから何とかしなさい』では、どうしようもなかっただろうと思います。
一つ一つ方法を提示してもらって
それが、自分に出来そうなことだったからかもしれません

朝、髪を洗う。
シャンプーの使い方・頭ブラシの使い方を話す
体臭に強いボディソープを使う
汗をすぐふく(タオルを必ず持ってくる)
学校に着替えを持っていく
学校で昼休みに保健室で濡れタオルでふきとる
制汗スプレー・制汗シートを利用する
訪問の先生から、制汗スプレーをプレゼントしてもらったこともありました。

親は、あれこれ考えたのですが、ボディソープ・シャンプー・制汗剤を揃えて息子に手渡しただけだったかもしれません
息子のできる範囲のことを具体的に提案した結果、息子自身が臭いの問題に対処する必要性を感じていたからこそ、実行につながったのかもしれません。

もちろん、問題が持ち上がるたびに、支援の藤本先生に相談させてもらい、その結果をうけて訪問の先生も対処され、担任のT先生・保健室の先生にもご協力いただきました。
これは、我が家の特殊な例かもしれません。

あれだけ無頓着だった息子も変わることができるのですね

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None