実は、娘が問題勃発です
我が家は、パソコンがリビングにあります。夕食後はほとんど毎日娘が使っています。
パソコンの使用は12時までと約束していました。
しかしそれを守らずネットをしていて、朝の4時までやっていたようです。
それを主人が見つけました。
注意されると、娘は部屋へ。
遅刻せずに、登校していれば、注意だけですませたのですが、この日娘は学校へ遅刻していきました。
さすがに、黙っているわけにはいきません。
支援の藤本先生に相談しました。
すると、やはりここで対応が必要。娘さんに言って下さいといわれました。

『12時までの約束やぶって、その上遅刻していくってどういうこと?
やりたいこと(ネット)だけして、しないといけないこと(学校へ行く)をしないのは、許されないよ!
人並みにやることをしなさい。それまでしばらくパソコンは禁止!

久しぶりに声を荒げて怒りました。
つい、親も真剣に怒るより、流してしまう方が楽なのか、向き合うことをしていなかったのかもしれません。

もちろん、娘からの反論は激しいものがありました。
「しばらくって、いつまでよ」
「そんなん無理。ネットできひんかったら死ぬもん」
「お母さんが、話聞いてくれへんからネットしてるねんで」
「じゃあ、1週間がんばったらOKしてくれるん?」
「ちゃんと、期限言ってくれたらするよ」

藤本先生からは、これを娘の瀬戸際外交と言われています

「でも・・・」
「だって〜」
「じゃあ〜」
娘の反論を聞くとついこちらが気弱になってしまいます。
しかし、ここが踏ん張りどころと考えて、お腹に力を入れてがんばりました

母 「期限は、約束できない。いままで約束して、裏切られたのはこっちやで。
1週間かもしれへん。2週間かもしれへん。3日かもしれへん。
それは、○○(娘)しだいやろ!わかったか!
○○がちゃんとみせてくれたら、お父さんに許してもらうように言ってあげる。
お父さんが、なんて言うかは知らないよ。」
娘 「・・・・・」
母 「わかった?!」
娘 「わかった」

最初、藤本先生から娘の口からわかったといわせるように指示いただきました。
娘もうけいれたくないものですから、なかなかいいません。
最後は迫力でおしきったかもです

藤本先生に相談させていただいた時、
「パソコンの線をぬきましょうか?」とききました。
それではダメです。犬のえさのおあずけとは違うのですから。
こっそり使おうと思えば使える。でも、信用してくれてるからがまんする。
これを娘さんに教えてくださいといわれました。

娘への対応は、本当に難しです。
でも、親として今まで逃げてきた部分だったのかもしれません。


これには続きがあるのですが、又後日・・・


関連記事
パソコン禁止?

パソコン禁止?



スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None