最後のクラブ―娘(高3)

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

最後のクラブ―娘(高3)

我が家の高3の娘は、息子(中3)のように完全不登校になることはありませんでした。
しかし、息子が不登校になりやはり家庭がうまくいってなかったのでしょう。
五月雨状態の時が続き、今年の3月高校2年生から3年生への進級が厳しい状況でした。
欠席数が多ければ、中学生と違って即留年です。
低空飛行で、フラフラとなんとか地に落ちずに飛んでいるような様子でした。
逆をいえば、いつ落ちても(不登校になっても)不思議ではない状況です。
それを支援の先生方の助言でなんとか乗り越えました。
でも、本人はきっと周りがこれほど心配して、心を砕いていることなど、知らないのでしょうね。

学校自体が、おもしろくない
心からの友達もいない、
クラブ(吹奏楽部)もなんとなくとけこめない。
そんな状況でした。

最初は、クラブがあるからなんとか登校できていました。
しかし、学校を欠席すればクラブも欠席が多くなります。
日曜祝日も練習があるのですが、それも昼から行ったり、結局欠席したり・・・
いいかげんなことを続けていると、なんとなく居場所がなくなったようです。
さいわいスポーツの団体競技と違って、各楽器によってわかれていることもあり、
又娘の楽器(オーボエ)は娘一人のため多少の自由がきいたのかもしれません。
それにしても、本当ならとっくにはじき出されていても文句の言えない状況でした。

学校・クラブ・友達でうまくいかないイライラを、ネットの世界で発散させていたようです。
体力のない娘なので、ネットで睡眠時間が少なくなると朝が起きれなくなります。
登校しても授業中居眠りしている
こんな子まわりからみたら近づきたくないですよね。
そんな娘に訪問のS先生が助けになってくださり、何とか現在に至っています。


娘のクラブの定期演奏会が9月中旬にありました。
この演奏会を最後に3年生は引退します。
1週間前くらいから、娘もクラブに専念していました。
パソコン禁止中でしたので、睡眠時間も確保できています。
それでもいつもより忙しい状況に、疲れた・眠たいといいながら頑張っていました。

母 「よくここまで頑張ったね」  
娘 「うん、私もそう思う。でも、あのメンバーじゃなければとっくに辞めていたかも・・・
母 「いい仲間でよかったね」
娘 「うん。
娘も何か感じるものがあったのでしょうか

定期演奏会当日の朝、集合場所まで送っていきました
すると、娘に駆け寄ってくる友達がいました。
それをみて、こんな娘にも駆け寄って迎えてくれる友達がいることを目の当たりにして、
涙がでそうでした

クラブでの娘の学年は25人。
何人か途中でやめていった子もいるようですが、ほとんどの子ががんばって続けていました。
演奏会の間中、真剣に演奏している娘をみて、うれしくて・・
『娘がこの場にいる』もうそのことだけで充分です。
演奏会の終了後に、出口でお客様を見送っている娘に一声かけました。
「おめでとう」
はずかしそうに、そして嬉しそうに笑っている娘がいました

顧問の先生から、娘がいただいた言葉です
『人は誰かのことを大切に想えば優しくもなれるし厳しくもなれる』

これから、受験にむけて又試練の時期がはじまります。
来年の春に娘が『やるだけやった』と思えるように応援したいです

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (8)

Unknown

娘さん、吹奏楽部なんですね。私も中学ではアルトサックス吹いてました。懐かしいです~。

次男が不登校の頃は兄弟喧嘩が激化し,
取っ組み合う姿を見て涙が出ました。部屋で泣いている私にティッシュを差し出す幼稚園の妹に対しても申し訳なく思い…。今も喧嘩はありますが、せいぜい口げんかか、蹴り合いになってもだいたい次男が引き下がります。あの頃は挑発的な態度を取る次男に対し、不登校で性格が荒んでいく様子がなんとも恐ろしく感じられました。
朝、起きてこない長男や、幼稚園を行き渋る妹に胸と胃が痛くなり…。

次男が再登校した日、教室に入った担任の先生に「今日弟が学校来ました!」と一番に報告したというお話を個人面談の時にお聞きし、長男の苦悩を改めて知った私でした。

私の一人暮らし…。しました。親や先生方を巻き込んだ話はここでは省きますが、いろいろありまして(汗)。
たまたま高校の同級生が同じ大学の短大と夜間部を受験し、合格したので、三人で同じアパートに入り心強かったです。

私は年の離れた兄妹の三番目。父親は定年後、第二の職場にいました。家財道具をそろえるときに申し訳なく思いました。(それまではお金のことはピンと来てなかったんです)。
バイトで生活費はわりとまわりましたが、家賃や帰省の時など「苦労かけてるな~」と思いました。ホームシックになり、友達と泣いたことも一度だけありました。

私の夫は一浪し、大手予備校の寮で過ごしましたが、「来年受かる保証はない」中での仕送りはありがたく、申し訳なかったといっています。幸い次の年に合格しましたが、その後も一人暮らしのまま就職・結婚で現在に至っています。
「あの時に本当に親のありがたさがわかった!」というのが私たちの結論(と言っていいのかな)です。
その後も母である私以上に子どもたちに気を配ってくれる両親に『こうやって育ててもらったんだ』と感謝すること等、数えきれませんが。

受験にしても、就職・結婚・その他もろもろ…、意見は言いますが、最終的に結論を私にゆだねてくれた両親に感謝しています。
苦しいことがあっても結論を出したのは自分なので、責任転嫁できない苦しさはありましたが(笑)









かのん URL 2009-09-25 21:19  [Edit]

Unknown

娘さん、頑張りましたね。
途中、皆勤賞ではなかったとしても、最後まで続けて演奏会でも立派に演奏出来たことは、娘さんの中に良い思い出として残ることでしょうね。
駆け寄って来た友達にとっては、練習の出欠に関係なく、娘さんが大切な仲間なのでしょう。
授業中の居眠り、私が高校生の頃は自分を含めて多くの生徒がしていたことを思い出しました。
この間高校のクラス会があって、一人の人が「○○さんはいつも授業中寝てたよなぁ」と先生から言われて盛り上がりました。
娘さんも長い年月が過ぎたら、「あの頃は…」と笑って仲間と語り合える日が来るかもしれませんね。
ふらわぁ URL 2009-09-25 23:26  [Edit]

かのんさんへ

かのんさんの、お子さん達みなさんお母さんが大好きで優しい子供さんですね。
子供が3人だと、大変な場面もたくさんあるんだろうなぁと思います。でも、嬉しい場面も3倍ですね。

かのんさんの一人暮らしのお話、とても興味深く読ませてもらいました。もっと聞きたいです~(笑)
自分自身が、一人暮らししたことがないもので、娘がその立場にたったら親としてどうするのが一番いいのかわからないことばかりです。
かのんさんのご両親のように、『意見を言っても決断はまかせる』ことができるように今から練習しないといけませんね。
かのんさんの、他でのブログのコメントを拝見して、あそこの機関で復学して訪問の先生の紹介であの機関でお世話になっているのかしらと想像しています。(こっそり聞きたいくらいです(笑))
ちゃろ URL 2009-09-26 22:57  [Edit]

ふらわぁさんへ

今まで、自分のやってきたことに責任をもてない娘でした。クラブを最後までやりとげたことが、これからの助けになってほしいと思ます。
将来、あの頃は・・・と考えるようになるために必要な試練の時期なのでしょうか。
子供のつまづいている様子をみるのは忍耐力がいりますね。
ふらわぁさんも、娘さんとのやりとりで難しいことが多いと思いますがお互いにがんばりましょうね。
ちゃろ URL 2009-09-26 23:05  [Edit]

Unknown

娘さんの笑顔がみれて、私も嬉しくなりました。やり遂げたという気持ちを持てたことは今後の娘さんに大きなプラスですね。少し横道に外れそうになった娘さんを、うまく軌道修正できて本当によかった。言うべきことを言えたあの話し合いが功を奏したのですね。
演奏会の時の『娘がこの場にいる』というちゃろさんの思い。じ~んときました。これって不登校を経験した親ならではの感覚ですよね。私も自分の息子が復学した当初、同じように感じた瞬間を思い出しました。

コメント出しそびれてしまったのですが、日本橋まで行って、電車賃が足りない分歩いたという息子さん、すごくいいな~と思いました。最初、東京の日本橋と勘違いして、え?日本橋?ちゃろさんて大阪だったよな?と一晩?マークで一杯の私でした。大阪にも日本橋があり、にっぽんばしって読むと、主人に教えてもらいました。これで一件落着です。お恥ずかしい~
ティカ URL 2009-09-27 19:58  [Edit]

Unknown

うふふ。
一人暮らしのことも支援機関のことも、ゆっくりじっくりお話ししたいです。

ああ もっとおうちが近ければ…。
いつか合同親の会が開催されるといいですね~。その日を楽しみにしています。
かのん URL 2009-09-27 20:52  [Edit]

ティカさんへ

娘のクラブには、いろいろな想いがあり、記事として残しておきたかったんです~。
コメントいただけてうれしいです。
娘に話をする機会がなければ、又違った結果があったのかもしれません。口に出さないと伝わらないことがあるのかもです。

『日本橋』、思わず笑っちゃいました~
さすがに、東京の日本橋まではねぇ。(笑)
でも、関東の方には当然ですよね。ご主人にわかっていただいた、お礼を言っておいてくださいね。
ちゃろ URL 2009-09-27 23:15  [Edit]

かのんさんへ

合同親の会、いいですね~
いつか、実現するよう先生に頼みましょうね

パソコンの左バーの『メッセージを送る』も利用してくださいね!
なんてね(笑)

ちゃろ URL 2009-09-27 23:37  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。