インフルエンザ

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

インフルエンザ

  •  投稿日:2009-10-11
  •  カテゴリ:Weblog
インフルエンザが広まっていますね
みなさんの地域・家庭ではいかがでしょうか。
我が家では、主人がかかりましたが、子供はピンピンしています。

なぜこれほど一気に広がるのか?
看護師をされている方に伺いました。
もちろん新型であるため、免疫がないことも一因ですが、
学校での広まりが目立ちます。

9月から10月にかけて学校行事の多い時期であること

学校の先生も、修学旅行や体育祭・文化祭など子供たちががんばっているのをみて、
出来るだけ実行したい気持ちがある(すぐ中止にしにくい)

子供もせっかくがんばったのだから、ちょっとくらいしんどくてもやりたい

一番最初に休むとその子が広めたような目でみられる
(なので、ちょっと熱があってもかくして登校している)

テレビなど報道の仕方が、原因探しとなっている
最初の流行時に神戸の学校やクラブの名前がでましたよね
そんな世間の姿勢も問題だと聞きました。

学校では、子供同士の距離が近いため、飛沫感染がおこりやすい
(子供はマスクをいやがりますね)

こんな理由もあるのかなと言っておられました。
なんとなく納得です。


この時期にきっと再登校の予定のご家庭もあったと思います
きっと、先生方も困っておられるでしょうね。
本当にいろいろな方面で困らされます

我が家のインフルエンザも、家族全員に広がるかと思われましたが、今の所無事。
同じ家にいると、絶対うつりそうですよね。
病人自身のマスク着用・家族と別の部屋ですごす(食事や寝室も)
発熱後、翌日すぐの受診(タミフル服用ただし10代の子供には別の薬になります)
この点で、家族内感染には至らなかったようです。
でも、子供は外からもらってきそうです

我が家のインフルエンザの反省点は、
かかりつけの医療機関が(親は)なかったため、夜19時の時点で熱が高くなっていたのですが、
受診できる所がわかりませんでした。
大人でも、子供でも夜診をしている所を把握しておく必要がありました。

熱があがった日から4日目くらいからほぼ平常状態(うるさかった)でしたが、
一週間目にぶり返しがありました。(吐気や倦怠感(だるい)・筋肉痛)
だいたい10日間くらいは、症状が残っていると思わないといけないようです。
大人と子供の場合は違うかと思いますが、いかがでしょうか。

休日ならどこの病院に行く?
平日の夜なら何時までOK?それ以降なら?
かかりつけ医の休診日はどこに行く?
救急外来をしている病院は?

みなさんも、どこの病院にいくかは考えておきましょうね。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (2)

Unknown

看護士さんの考察(?)を読んで『なるほど』と思いました。小学校は皆出席賞があるので、今回(金曜が前期終業式でした)も「この後、病院に行きます」という親御さんがいらしたようです。『なんかそれって…』とも思ってしまいますが、もしうちが微妙ラインだったらやっぱり登校させてしまうかも…。実際、子が2年生の時、熱があり早退したのですが、迎えに行った私に「明日、休んだら皆出席がだめになる!」と泣きわめきました。(このときはインフルエンザだったので出席停止で皆出席はもらえたのですが)。励みにもなり、感染拡大の可能性も含むこの皆出席。難しいです。

それから前回の夫のセリフ。娘がスイミングがいやで行き渋ったときの対策としてぶにん先生に教えていただいたものなんです。
うちはDSのルール拡大(時間を増やす)時に「これで揉めたりしたら元に戻す。お母さんを困らせるようなこともするな。」で締めました。家族会議の方法や、どの程度ルールを緩めるかについてもぶにん先生に細かくご指導いただきました。子どもたちは元のルール(1人1回20分・休みの日は60分・ルールを破ったら2週間禁止)に戻されないよう、それなりに気をつけています。喧嘩してるときも「そういうのお母さん悲しいし困る!」というとわりと効き目がありますよ。うちはDSが1台しかないので、取り合いになりそうなときも、「それで揉めるの困るわ」というとどちらかが折れたり、兄が妹を泣かしたので、『ついに父の出番か…』と思ったときも、兄が妹に謝り「お父さんには言わないで」でした。
ぶにん先生に本当に助けていただいています。
かのん URL 2009-10-12 20:38  [Edit]

かのんさんへ

コメントありがとうございます。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">
小学校には皆出席賞があるんですね。すごい励みになる反面、休みづらい面もありそうですね。
不登校を経験した親は、病気による欠席であっても、もしかして又と思ってしまいがちですよね。(私だけかな?)
子供の状態の見極めや、休ませる勇気(?)も必要なのかと感じています。

かのんさんちの、家族会議、覗いてみたいです。兄弟間の関係など、もつれると大変そうですが、スムーズに回り出すと、2倍3倍の効果がありそうですね。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/presents.gif">
ちゃろ URL 2009-10-14 08:52  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。