五ツ木の模試ー?

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

五ツ木の模試ー?

前回の五ツ木の模試でも書きましたが、息子は、日曜日に模試を受けにいきました。
前日に塾の先生にお願いして、志望校を決めてもらいます(一応です)
でも、息子は併願・専願の違いもわかりません。
当日の朝、早めに起きてきたのですが、2度寝していました。
息子自身も、はじめての模試でイライラしているようです。
なんとか、送りだしました。
でも、ちゃんと会場につけたのか?
名前はちゃんと書いてきたのか?
いろいろなことが、心配になります

帰宅後、息子に聞きました
母 「どうやった?うまいこといけた?」
息子「結果なんかわからん」
母 「あ〜違うよ、会場に行けた?」
息子「それぐらい、いけるよ」
母 「学校のテストと比べてどう?」
息子「う〜ん、難しかった」
つい、いろいろ聞きたいのですが、取り合えずここまででブレーキをかけました。
やっぱり、聞きすぎたかも・・・
志望校を書くことも、思っていたものとは違ったようです。
でも、一応書いてきたということでOKですね。

模試を受け、その結果見て本人がどう考えるか。
もう少しがんばって勉強したらここへいける
ここへ行きたいからがんばろう
そういうふうに考えてほしいのですが・・・

支援の藤本先生に伺ったのは、
『テストを受けて点数をあげるためにがんばる』。それには、本人の中で物さしがないとできません。
今の時期の模試で点数が悪いのはあたりまえです。模試に行ってその場の空気になれさせる。そして、その次にどうやったら点数がとれるかを考えます



息子は、8月から塾に行き始めました。
今現在の成績ではなかなか受験をすること自体が難しい状況です
今からどの程度までがんばれるのか?
はたして、がんばらせていいのか?
無理して入っても、又続かなくなるんじゃないか?
親の方が、いろいろなことを考えてしまいました。
でも、藤本先生とお話させていただいて、もっと大きな視点での考え方を教えていただいたように思います

ゲームばかりしているのを見ると、受験から逃げているのでは?と思ってしまいます。
でも、裏を返せば、逃げたくなるくらいの負荷がかかっているのならそれだけ、周りの空気を読んで、きちんと受験を考えている証拠とも考えられるのですね。

いろいろ受験のことを考えると子供の気持ちより親の気持ちで納得できない部分があることに気づきます。
偏差値の低い学校、こんなとこしかいけないのか、という親の先入観。
もっとがんばれば・・
でも、この学校でも、息子にはキツイかもしれない。
いや、受験をして高校のことを考えられるだけでも十分。
この両極端な気持ちを飲み込むのがつらいのです。
藤本先生に聞いていただきました。
受験で学校選択の正解はありません
この学校は無理だろうと思ってもうまくいくかもしれない。
ここなら大丈夫と思っても、親が安心なだけで本人はイヤかもしれない
いろんな要素を考えて、少しでも確率の高いところ、本人が納得できるところを選んでいきましょう


藤本先生も、お忙しい状況だったと思いますが、いろいろ話を聞いていただき親の不安を受け止めていただきました。
ありがとうございます。

そして、こうして記事にさせていただくことで、息子に不安を移すことなく整理できるように思います。
受験が終わる春まで、どうぞお付き合いくださいね。

息子が、自分の道を自分で考え自分で納得して進んでいけますように。

スポンサーリンク

 
 タグ
None

コメント (10)

こんにちは♪

ちゃろさん♪

先日わたしのブログの方におこしいただき、ありがとうございましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/rabi_smile.gif">

うちはまだまだ始まったばかりですが、色んなところでご縁をいただいて、励まして支えていただいています。ちゃろさんにもお声をかけていただいて、嬉しい限りです。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/dogeza.gif">

これからも、どうぞよろしくおねがいいたします。

ちゃろさんの息子さんは受験生なんですね。
わたしには未知の世界で、ブログを拝見しているだけでドキドキしてきます。・・・いつか我が家もそうなるのかな~?・・・

なんて、小学生の今でさえどうにもなってないのに・・・http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_ase1.gif">
笑われてしまいます。

ちゃろさんのブログ、リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
ciquciqu URL 2009-10-21 15:49  [Edit]

成長してますね~

ちゃろさんこんにちはhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/cat_2.gif">

五木の模試ですか~。いよいよ中学3年生のクラスの中では受験の雰囲気が出始める頃ですね。
毎日、お子さんと接しているお母さんの立場からすればお子さんの成長は見えにくいところですが、こうやって記事を見せて頂くと、息子さんすごく成長しているんだなぁと感じられます。
塾にも通い、いろいろな中学校の子が集まるような模試会場まで行き、受験してきて・・・そして毎日学校に行ける状態をキープしているという事実。
ここまでの道のりは親御さんもお子さんも並大抵の努力ではなかったはずです。時にはお子さんの「伸び幅」に目を向けて、信じて見守って(ケースによっては支えて)頂ければと思います。
藤本先生のおっしゃる通り、「受験の学校選択の正解はない」と私も思います。
本人が考えて、本人が選んで受験をする。桜が咲けばもちろん万々歳。結果が出ないのも受験の辛いところではありますが、落ちることばかり考えても気分が滅入るので「前のめり」に子どもを信じて考えていきたいですね。
時々、復学した当日のこと、その時の気持ちなどを深呼吸して思い出すと考え方の転換ができるかもしれませんね。

応援してますよhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/cat_4.gif">
ぶにん URL 2009-10-21 17:06  [Edit]

Unknown

いよいよ受験も本格化してくる頃ですね。
私は高校受験のことはよく分からないのですが、一時期、うちの息子の受験に関わったこともあり、ちゃろさんの受験の記事を読むと、その当時の私の気持ちを思い出してしまいます

子どもの能力は分かっていても、少しでもレベルアップを図りたい。持てるものの最大限を引き出してあげたいという思い。それでついつい必要以上に関わってしまいたくなる。親の気持ち、とても分かります。
志望校選択にも、私はかなり関わっていました。学校訪問も数知れず、誰の受験だか・・・数をこなしていくうちに、息子と私にすれ違いが起こってきて「お母さんはこういう学校に行かせたいんでしょ。俺のことを全然わかっていない」と言われたことがあります。
子どもの気持ちを尊重しながら、親がどこで自分の気持ちを納得させられるかなのでしょうね。
息子さんにとっていい学校が見つかるといいですね。今後も見守らせてくださいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_fight.gif">
ティカ URL 2009-10-21 21:22  [Edit]

ciquciquさんへ

コメントありがとうございます
つい受験の記事が多くなってしまって、ドキドキさせちゃいましたか?http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_tehe.gif">
こうしてみなさんにコメントいただけると、すごくうれしいです!

ciquciquさんも再登校直後で、一番大変な時期ですね。うちも再登校後半年近くは、常に何か起こっていましたよ。
でも、1年が近づくにつれて安定してきました。で、受験がやってきたんですね~
これからも、一緒に頑張らせて下さいね。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">

リンク光栄です。こちらからもよろしくお願いします
ちゃろ URL 2009-10-21 22:34  [Edit]

ぶにん先生へ

お忙しい中、こちらにまできていただいて感激ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hikari_pink.gif">
ぶにん先生のコメントを読ませていただいて、思わず涙腺が緩んでしまいました。

>「伸び幅」に目を向けて、信じて見守って(ケースによっては支えて)
そうですよね。つい不安に目を向けてしまうのはいけませんね。

復学した当日のこと・・・初心忘れるべからずですね。

いつも、きっとみていただいているとかってに想像しています。
つい、目先のことに捕らわれて不安になってしまいますが、親の不安を息子にうつさないように気をつけないとと感じています。
ぶにん先生の応援、心強いです。
ぶにん先生の言葉を忘れずにがんばりますね。
ありがとうございますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hearts_red.gif">
ちゃろ URL 2009-10-21 23:02  [Edit]

ティカさんへ

ティカさんは、受験の先輩でしたね。
中学受験でも高校受験でも同じですね。
子供より、親の気持ちが先走りしないように気をつけないといけないようですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">

>子どもの気持ちを尊重しながら、親がどこで自分の気持ちを納得させられるか
本当に、親の先入観が一番やっかいです。
ブログで、不安解消を図るかもしれませんが、どうぞお付き合いくださいね
ティカさんの応援うれしいです。よろしくお願いしますねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/onpu.gif">
ちゃろ URL 2009-10-21 23:17  [Edit]

リンクさせていただきます。

ちゃろさん♪

さっそくリンクさせていただきます。
ありがとうございましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/nezumi.gif">
ciquciqu URL 2009-10-22 15:28  [Edit]

Unknown

運動会のこと気にして下さってありがとうございます。 遠い空の下、気にかけて下さる方がいて下さることを本当にうれしく、ありがたく思いました。

実はうちの息子、中学受験して入学したんです。といってもいつも定員割れの私学で、ほとんど全入だったんですけど。

近所の公立の方が評判がいいし、夫も私も内心は公立に進んで欲しくて…。
息子は、最初は別の私立を受験すると言っていたのですが、「やっぱり俺、夕飯はうちで食いてえ。」(この学校は夜8時半まで授業があるんです。学校で夕飯の給食を食べるんです)と公立志望に。そして9月に入ってから「友達も行くし、やっぱりあそこに行きたい。」と今の中学を受験することに…。私は、説明会に一度も行っていないので、「えっ!説明会きてないよね。」とお母さん方にびっくりされました。
つい、先日、「中学さ、カツあげとかあってさ。金もなくなるし。やっぱここ、やめとけばよかったかなって思うよ。」なんて事もいってましたが…。

長男は試験も終わり、「マジ今回やべえ」だそうです。数分前に塾の請求書を見てため息をついた私。ダブルのため息となりました。
私の表情を見て取った息子「でも俺、http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0006.gif">お母さんが寝た後に自勉やったよ。ホント。」とのこと。ここは何も言わず、見守り、今回の経験を次回に生かす!しかないのでしょうか…(泣)

今回の記事もとっても参考になりました。陰ながら息子さんの進む道が納得できるものとなりますように祈っていますね。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0230.gif">
かのん URL 2009-10-22 17:40  [Edit]

ciquciquさんへ

リンクありがとうございますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">
こちらからも貼らせてもらいました。
ciquciquさんのブログは、色々な方が応援されてますよね。ciquciquさんのお人柄が表れているようで素敵ですよ。
(鍵コメはgooにはないので、不思議な感じですね。)
ちゃろ URL 2009-10-22 23:04  [Edit]

かのんさんへ

夜の給食のある学校があるんですねぇ。
それも、すごいです。ちょっといいこと聞いたかも・・・
かのんさんは、中学受験の経験者なんですね。又経験談を聞かせてくださいね。

長男君への対応、ぶにん先生の記事にあった、『悲しい時は悲しい顔』ですね。
ちゃんとできてるかのんさんが、すごいです!

参考になると言ってもらうと、とてもうれしいんですよ。つい、ここで弱音を吐くかもしれませんが、あきれずにお付き合いくださいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hearts_red.gif">
ちゃろ URL 2009-10-22 23:27  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。