中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

欠席の日

  •  投稿日:2009-10-30
  •  カテゴリ:中学校
息子が風邪で学校を休みました。(月曜日のことです
今回は、前日から咳とのどが痛いと言っていたので、もしかしたら・・と思っていました。
息子も前日に、「とうとう休まなあかんかも・・」と。

前期の成績表で遅刻・欠席0をいただきました。
うれしいものですね。(息子は何も思ってないようでしたけど)
今までは、学校を休むことに親の方に怖さがありました。
それも、やっと薄れてきたようです。
復学後すぐは、朝動かない息子を見て、こちらが動揺してしまい藤本先生へすぐに電話です。
何回もありました。
そのうち先生の「休んでもかまいませんよ。その対応が大事です」と言われることがわかるようになってきました。

休む時は、息子もオーバーなほどの様子を見せます
最初はしんどそうにしている息子を見ると、親の方から
しんどいの?
学校どうするの?
行くの?行かないの?
と聞いていました。

私の場合まずこれがいけなったのだと今では思います。
学校に行かないという選択肢を与えていたのでしょう。
そして、息子の意思での決断の前に親の方が待ちきれずに動く(話す)ことで
欠席という息子の問題を親が引き受けていたのでしょうか?

まだまだ休む決定に口をはさみそうになりますが、今回は黙って待ちました。
息子から「今日は無理。休むわ。」と言ってきました。

もちろん、頑張れば学校へ行けたかもしれない。
もしかすると最近勉強の負荷がかかって、ちょっとしんどくなっていたかも
明日の方が心配と思う気持ちはあります。
でも、『学校へ行くのが当たり前』の感覚ができていると息子のことを信用してやりたい気持ちもあります。

何が何でも休んではいけないでは、ダメなのかと思います。
自分の体調の管理は自分でする
次は休まないようにどうすればよいのか
ここまで考えてくれるといいんでしょうけど、きっとまだ難しいかも・・・

この日私は仕事でしたので、お粥を炊き、イオン飲料を渡して出勤しました。
藤本先生にも報告をいれました。
『明日動くか(登校するか)確認しましょう』とのお返事でした。
夕方に、念のため病院につれていきました。

翌日、少し心配はしたのですが、息子は無事登校しました。
朝5時頃から起きて、さっそくパソコンに向かっていました。
風邪で欠席の間は、ゲーム・パソコン禁止です。
よっぽどやりたかったのでしょうね・・・

欠席の日と翌日の朝の登校前の様子をみて、
うまく言えませんが、以前とは何かが違う息子でした。
不登校中はもちろん、再登校後もしばらくの間、
息子の心の中で『学校へ行かなきゃ。でもイヤだ。』この戦いが行われているように感じました。
ここに、嫌な体育がある・忘れ物でおこられるなどのことがあるとくじけていたのでしょうか
それが、今回はイヤだと思う部分が少ないようでした。
その分親の方も休んだらどうしようというオーラがでてなかったかもしれません。
イヤだという感じよりも、残念という感じでしょうか
再登校後、1年以上たってやっとですね。

もちろん、これからの不安はなくなりませんが、少しずつ前進している息子に遅れないようにしないといけませんね


スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

関連記事

コメント (8)

Unknown

こんにちは♪

朝動かない息子・・・
我が家もしばらくそんな日々がありました。
なんとなく気持ちが重いのか、朝の動きがにぶく「学校行くの?行かないの?」と内心ドキドキで、先生にhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0075.gif">

わたしも、休んだら休んだときの対応をしましょう、と言われているので、できるだけ動揺せずこどもに接しようと心がけています。

が、なかなかそう上手くはいかないのが現状ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif">

ほんと難しいですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0142.gif">
でも、こどももがんばっているのでしょうからわたしもがんばらないと・・・ですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/choki.gif">

ciquciqu URL 2009-10-30 13:45  [Edit]

Unknown

風邪でお休みしてしまったのですね。でも、逆にそれで安定していることを確認できたのですよね。休むことも意味があるのですね。
我が身を振り返ると、まだ休むことの不安がありますね。私も先生に「休んでもいいです」と言われたこともありますが、いざ、休んでしまったら、うまく対応できるかどうか自信がありません。でも、ちゃろさんにもその時期があり、そして今があること。目標にしたいです。
ティカ URL 2009-10-30 17:12  [Edit]

Unknown

先日泣きながら「気持ちが悪い」を連発し、兄においていかれ、欠席した娘http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0142.gif">。

ぶにん先生に対応をお聞きし、三食おかゆ・ゲーム禁止・おやつなしでした。
ピアノの日だったので、娘の前で「休みます」と電話。(レッスンよりも終了後の飴とシールが嬉しい娘です)。
昼は「今日はおかゆだね」と自己申告してきましたが、時間がたつにつれて、「外に行ったらだめかなあ」「なんかもう、治ったみたい」「おやつは食べれそう」。

極めつけは、夕食にメニューを変更し、娘の大好きなカレードリアに!
「治ったから」にも「食べてまた気持ち悪くなると困るからね」とおかゆの夕ご飯。

翌日は朝からカレードリア(少量)。夕飯(たくさん)その次の日の朝も、残っていたカレーを食べて行きましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0199.gif">。

日頃は弟妹にきつい長男も、帰宅早々「あいつ、今日は学校行ったの?」だったから、それなりに心配してくれていたんでしょうね。
でも…あくまでも心配している気持ちが先にあっての対応と言うお話だったのですが、私的には「どうだ!参ったか!」感があったことは否定できず…。登校した後ろ姿の娘に「ごめんね~」と心の中でつぶやきました。
今は次男が一番安定していて…。まだまだ踏ん張りどころです!
がんばりましょうねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0230.gif">。
かのん URL 2009-10-31 10:52  [Edit]

Unknown

なかなか訪問&コメント出来なくてごめんね。
そうかぁ、月曜日お休みしたんだね。
でも久々にブログにお邪魔して感じたのは、ちゃろさんの気持ちに以前とはハッキリと違う余裕というか、大きな成長を感じました。
(上から目線っぽい言い方でごめんね)
私も復学間もない頃は休むことを恐れる心がありました。
でも恐れなくていいんだ、大事なのはそうなった時にどう対応するかだと思えるようになってから楽になりました。
そして、むしろ休んだ事が今後の足固めになるとさえ感じるようにもなりました。
私がそんな風に思えるようになった頃から、娘も皆勤です。
中学に入ってからも一度も休んでいないしね^^
もちろん不登校というトラウマが私に残っているので、多少パ二くる(私の心の中だけですが)こともあるんだけど・・
これからも共に成長していきましょうね^^
メロディ URL 2009-10-31 23:07  [Edit]

ciquciquさんへ

特に朝の問題は、各家庭によって、様々のようです。
我が家も、1年たってやっとスタイル?が出来てきました。
『休んだらどうしよう』これは、不登校を経験した私たちには、常についてまわる怖さです。
親の方が、その気持ちにたいするリハビリをしなければいけないように思いますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">

>こどももがんばっているのでしょうからわたしもがんばらないと
この言葉を、ブログで何回も書いていると、本当にそんな気持ちになります。
ciquciquさんは、今これからですもの!
充分にがんばっておられますよhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_fight.gif">
ちゃろ URL 2009-11-02 00:24  [Edit]

ティカさんへ

久し振りの欠席で、思った以上に朝の怖さがなくなっていることに驚きました。
親の方は、怖さがすべてなくなることはないかもしれません。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_zzz.gif">
でも、本当に少しずつなくなっていくものなんだなって、実感させてもらいました。
ティカさんも、支援を卒業される頃には、きっとねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">
ちゃろ URL 2009-11-02 00:30  [Edit]

かのんさんへ

娘さんの休んだ日の対応、きっちり入ってますね~。
私は、以前はついかわいそうになって、甘くなっていましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">
でも親の中途半端な対応が子供のためになっていなかったと今ではわかります。
きわめつけの『カレードリア』!
よっぽど娘さん、好きなんですね~
きっとおいしいのでしょう!http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hearts_red.gif">
子供に問題が起こるたびに、親が鍛えられるのかもしれません。
ファイト!ですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/goo.gif">
ちゃろ URL 2009-11-02 22:01  [Edit]

メロディさんへ

余裕はなかなかありませんが、メロディさんに成長しているとを感じていただけたのは、とてもうれしいです。
問題が起こることを恐れず、起こった後の対応が大事と親の方がしっかりと理解しないといけないのでしょうか。
毎日のいろいろに、つい感謝の気持ちがまぎれてしまします。
再登校の時の気持ちを常にもたないといけませんね。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">
ちゃろ URL 2009-11-02 22:16  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。