最近の息子は、あまりよい状態ではないようです。
ただし、家ではいつもどおりゲーム三昧です。
学校と塾とゲームの日々ですね。
学校でのことは何も言いません。
親にはあまりあれこれと話してくるほうではないため、親はよくわかっていないかもしれません

しかし、学校の先生からは、最近イライラしていると教えていただきました。
隣の席のBさんが、「○○くん(息子)の調子が良くない。忘れ物が続いていたりと周りも気になっている」と言っていたそうです。
後から、Bさん(女子)は、班長さんで、自分から一緒に頑張ると言ってくれていたと聞き、学校でもみんなに助けてもらっているんだと感激です

そして、この間も殴りあいのケンカをしたと・・・
確かに目の周りがはれていました
まず自分から手を出したのではないようでホッとしました。
相手のKくんは、どうも息子の天敵といっていいような感じです

Kくんが、教室の扉を前後入れ替えて遊んでいたそうです。
息子 「そんなんしたら、あかん!」
Kくん「お前になんで言われなあかんねん!」
と、ここでKくんから膝蹴りをくらったそうです。
息子も負けずに殴り返し
それを受けて、Kくんが息子の顔面にパンチを。
そこで、先生がかけつけ・・・
と言う状況を報告していただきました。

私の最初の感想は、「息子って、ケンカできるんだ〜」というものでした。
主人も、息子に一言
「男の子ならケンカはあたりまえ。やられて黙っていたらダメ。でも、自分から手をだしてはいけない。それと、女の子には絶対手を出すな。」
なるほど・・・男親ならではの意見です

学校から連絡を受けて、帰宅後の息子の様子をドキドキしながらみていると、
自分から「今日殴りあいのケンカしてん。ここはれてるやろ」と、なんだかうれしそうに言ってきました

ケンカ自体が、良くないという意見もあります。
息子は正しいことを言っているのですが・・・
しかし、最初にKくんの遊び?を見過ごせない変な正義感のようなものが、なんだかなぁという気もします。
その場の空気を読んで対処することができるようになってほしいと思います。
これも、息子にとっての課題ですね

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None