息子の中学校で実力テストがありました。
その時の様子を担任のT先生が教えてくださいました。

なかなか問題を解くことができず、
ほとんど目を閉じていて、何度起こしても又寝てしまうの繰り返しだったようです。
前日、息子は夜遅くまで起きていたため、寝不足なのはわかります。
しかし、勉強へのストレス?なのか、どうしても前向きにはならないようです。

塾でも、ほこりっぽくて目が痒いと訴えます。
塾の授業中によくトイレに立つそうです。
でも、塾の教室より息子の部屋の方がよっぽどきたないのですが・・・
勉強に対するストレスからのアレルギー症状なのかと感じます

実力テストの様子を見て、学校の先生は、
『乗り越えなければならない試練ではなく、認めてあげなければならない弱い部分で、
早く志望校と展望を持たせてあげなければ、本当にくじけてしまうのではないか』と心配いただきました。
学校の先生の言われることが正解かもしれません。

目の前に壁がたちはだかった時、それをどう乗り越えるか。
自分の力で乗り越えることが無理ならどうするか。
壁の先へいくことをあきらめるのか。
壁を乗り越えるための方法を一緒に考えてやるのか。

支援の先生は、乗り越える方法を一緒に考え自分で選ぶことの必要性を考えておられるように思います。
これから、人生の中で壁はたくさん現れます。
すべて避けるわけにはいきません。
受験は、その練習なのでしょうか

スポンサーリンク

 
 タグ
None