娘の大学受験が迫ってきました。
娘の高校では、半分以上の生徒が推薦などでもう決まっているそうです。
娘も、公募推薦などはとりたかったようですが、評定点がたりません。
ここへきて高2の時の欠席や遅刻などが影響しています

1月16日には、センター試験です。
そして、その後1月末から2月上旬にかけて大学入試が始まります。
そんな時期なのですが、どうも娘にはあせりがないというか・・・

塾には、毎日行っています。
しかし、夜のパソコン時間は減る気配はありません
思わず、入試に身がはいらないようであればパソコンしばらく中止にしようか?と聞いたこともあります。
でも、娘は『ちゃんとやってるし!』
もし、どこにも受からなければとは、考えもしないようです。
大学は、高望みしなければなんとかなるものでしょうか?



娘も世間の例にもれず、奨学金のお世話になる予定です。
しかし、成績がたりないため無利子で借りるものはちょっと無理
そこで、有利子で借りるものをお願いするつもりです

奨学金は、大学4年間毎月○円という形で貸してもらえます。
そして卒業後何年もかけて返していきます。
もちろん、娘がです。

そこで、月いくら借りるか?
3万・5万・8万・10万・12万といろいろです。
もちろん、たくさん借りた方が楽に学生時代を遅れます。
しかし、返済を考えると多すぎても無理があります

月に5万円かりると卒業後16000円ずつ15年間で返します。(おおよそです)
月に8万円だと21000円ずつ20年間。
卒業時22才として、20年間なら・・・42才です。
新卒の給料から2万円引かれると・・・・
結構大変かもしれません。

や家のローンの場合、自分のほしい物と引き換えに返済をします。
しかし、奨学金の場合は物として手元には残らないために自覚しにくいようです。

そこで、娘に『いくら借りる?自分でかえさないといけないんよ』と念を押して、話をしました。
娘は、返済期間が長くなってもちょっと余裕をみて借りたいと


受験のプレッシャーか、朝おなかが痛くて塾を何回か休みました。
父親とのケンカもあります
息子との姉弟ゲンカもあります

あと少し、娘には頑張ってもらいたいです



奨学金について、少し補足を・・
本来は、もっと早くに奨学金の申し込みがあります。
今回は、追加で募集があったので、我が家も急遽申し込みました。
もちろん、大学入学後でも申し込み可能です。
その場合は、入金が夏前くらい?になるのが違いでしょうか。

奨学金には、色々な種類があります。
無利子のもの・有利子のもの。
もちろん無利子の方がいいですよね。
これには、学校の成績も関係します(評定平均値3.5以上)

大学によって、成績上位○人というように、規定があるようですが、
返済しなくてよいものもあるようですよ。

どんな種類のものでも、大学で頑張りたいという子供の想いが叶うといいですね

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None