娘の卒業の記事にみなさんからのたくさんのコメントをいただいて、なんだか感激しています。
本当にありがとうございます。
コメントのお返事がまだですが、ちょっと家を留守にしておりました。(さきほど帰宅しました)
後ほど、ゆっくりとお返事させてくださいね。

実は、娘の第一志望の大学受験が2月1日・2日でありました。
ただし、皆さんもご存じのように関東なんです
(我が家は、大阪。)
そこで、親の私も一緒に付き添いで行ってきました。
これぞ過保護・過干渉ですね。本当におはずかしい

支援の藤本先生に最初ご相談した時も
『やっぱり自分一人で行ってほしいですけど・・・』と言われていました。

塾の先生は、『普通の状態で受験できるよう、同行された方が・・・』と。

娘に聞くと、『どっちでも〜』という返事。
色々悩みましたが、口出しもこれが最後になればと思い同行しました。
最後には藤本先生にも『まあ、いいでしょう』と言ってもらえましたよ

宿と交通機関を手配して、1月31日に現地に到着です。
大阪⇔東京って、いくつも手段があるんですね。
でも、これもいい経験です。
次回、もっと楽しいことで行く時は手配はバッチリです。


当日の朝、藤本先生からメールが・・・
『もう、現地ですか?娘さんは、何時に出ます?』
『???』
先生の意図がわからず?マークで連絡すると、近所にクライアントさん(Kさん)がおられるとのことで、お話をしてくださったようです。
先生に思わず、『もう少し早めにお願いします〜』と言っちゃいましたよ。

Kさんは、お仕事だったそうですが、仕事をキャンセルして会いにきてくださいました。
そこから、急遽連絡をとり、ブログでお話させてもらっているふらわぁさんも都合をつけてくださり、3人でお会いしてきました。

ブログの最初の頃から、励ましていただいていたふらわぁさんにお会いできたことも収穫でした。
そして、同じFHEで復学されたKさんにも色々お話を伺いました。とっても社交的で素敵な方でした
みんな細かい所(原因・性格)は違いますが、その時々の気持ちは一緒なんですね。


ブログの感想をもらって、とってもパワーをいただきました。
ブログを見ると、支援の大まかな流れがわかって参考になると言っていただきうれしかったです
ふらわぁさんとKさん、急なお話だったにもかかわらず都合をつけていただいて、ありがとうございます

Kさんは、お友達がエンカレッジで支援を受けておられ、そのお話を聞いていたことでFHEの支援を決められたそうです。
仲のよいお友達でも、不登校という問題はなかなか打ち明けることのできない場合が多いです。
しかし、Kさんはお友達のお話を聞いて共感され、励ましておられました。
そのことがあったからこそ、息子さんの不登校の期間を短くすることができたと感じました。
『復学のための支援』を第三者に勧めることの難しさもそれぞれ経験していて、もっと当たり前になればとお話していました。

Kさんのお友達とふらわぁさんは、面識があったそうです!
人の輪がどんどんつながっていくようで、とてもうれしいひと時でした


2月1日の夕方から、関東方面は雪でした
試験会場の近くに宿をとりましたので、雪の影響があっても大丈夫でした。
これが、自宅で雪のニュースを見ていたら、いてもたってもいられなかったかも・・・
今回の同行は、結果オーライということで、許してくださいね〜


東京行きが決った時に、せっかくだから、オフ会でもとチラッと頭をかすめました。
でも、今回は目的が目的なので、自粛しました
決ったのも、ギリギリでしたしね。
そのうちにブログを見ていただいている方々と実際にお会いできるチャンスがあったら、又東京まで行ってしまうかも〜です
その時は、皆様どうぞよろしくお願いしますね!

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None