息子の受験は、本当にギリギリのラインだと思います。
私学の専願です。
しかし、息子はどうがんばっても公立には評定点で無理があります。
(10段階評価で1があると無理)

本来なら、この学校がぎりぎりなら、ランクを下げて受験します。
でも、息子の場合はこれ以上下のランクはありません。
この下となると、普通科はあきらめるということです。
そして、専修学校や定時制の選択となります。

もちろん、そこが悪いわけではありません。
もしかすると息子にはそこの方が、自分のペースで進んでいけるかもしれません。
それでも、息子が普通科を目指したいと自分で決めたことで、無理でもぎりぎりでもチャレンジすることを決めました。

何が息子にとって、正解なのかはわかりません。
頑張って合格しても、又そこから進級にむけての頑張りが要求されます。
はたして、息子にそれができるのか・・・?

学校に行けるようになるだろうか
受験ができるようになるのか
高校に合格するだろうか
進級できるのか
卒業できるのか

先へ先へと進んでも、ここで終わりということがありません。
今入試直前で、ハラハラします。

でも、継続登校できている。
みんなと一緒のように受験に立ち向かえる。
これだけでも、大喜びです。

でも、親はついできたことよりも、これからの問題・心配を見てしまいます。
それが親なんだと思っています。
だからといって、親がこのようなことを子供に言えば、子供の問題ではなく、親の問題になってくるのでしょうか?

親が心配するから・親がうるさくいうから・・・
だから、勉強する?受験する?進級する?
どのへんで、子供は今やっていることが無駄ではないと気づくのでしょうか。

口出ししすぎてもダメ
何も言わずに放っておいてもダメ。

子育ては難しいです

スポンサーリンク

 
 タグ
None