我が家の受験生は、もう終了とばかりに、あいかわらずの生活(ゲーム三昧)です。
これからの勉強は?で記事にしたように、今塾をどの程度残すのか?
春期講習はどうするのか?ということを支援の藤本先生に相談しています。

多くのご家庭は、中学校卒業と同時に塾も終了されることが多いようです。
ただ、我が家の息子は、基礎学力が怪しい?ため、今からが勝負という面も残っています。

藤本先生に、今の時期は勉強をよくばってはいけないと教えていただきました。
もちろん塾側は、この春休みに少しでも回数を増やして、穴埋めをしたいと考えています。
しかし、今までは受験という目標があったから、エンジンが煙をふいても回っていたようなものです。
今は少し休憩。エンジンを止めずにゆっくりまわしていきましょうと

息子には、『春休みは、本当ならがんばって取り戻す時期。でも、受験でよく頑張ったからへらしてもいい。高校に入って頑張れ!』このスタンスで考えるようにと教えていただきました。


この気持ちを息子にもたすように、火曜日に訪問のN先生が入ってくださいました。
私が、7時すぎに帰宅すると息子が先生かと思って、飛び出してきました
息子も、先生を心待ちにしているのですね。

我が家の前にも、訪問に入っておられたようで、あいかわらずお忙しいN先生です。
N先生は、到着とともに息子と外食へ。
この日は、息子の受験のがんばりをねぎらってくださったようです。
でも、マクドでって・・・・
『次に入る時は、お祝いの焼き肉な〜』と息子と約束してくださってました。

訪問のN先生から、息子の前で伺いました
『塾の件は、週3から週2に変更でいいでしょう。
 春期講習も、特に今ふやすことはいらないでしょう。』とのことでした。
息子自身は、「もう勉強は、いいわ〜」といった感じです。
大丈夫〜?と思ってしまいますけど、今は、これでいいんですよね。

常に、息子を励まして一緒に受験にいどんでいただいたN先生からの、おめでとうは、息子にとって何よりもうれしかったようです

支援の藤本先生から、伺いました。
『受験で多少無理してがんばっていた分、まだ内在的な熱をもっているようです。
あ〜しんどい。あ〜勉強いやや。という気持ちはあるでしょう。
しかし、今休憩させて次へとつなげていくことが必要です。』

不登校の原因は、環境的な要因の子供さんもおられると思います。(学校?・いじめ?)
しかし、息子の場合の不登校は、息子自身の要因が大きいようです。
受験を無事終えたからといって、今までもっていた不安定な部分がなくなったわけではありません。
そのあたりを先生方は見てくださっています。

親は、頑張っている息子を見ているとつい根本的なことを忘れて、
もっと頑張れ・やればできるよと言ってしまいそうになります。
息子の前にたって、ひっぱるのではなく、後ろから応援ですね




3月に登校を予定されている方が、お二人おられるそうです。
藤本先生も、終わらないと落着かないですよね。
お一人は、無事登校を終えられたと
再登校直前のドキドキは、私も経験しました
ブログの記事に、『先生方の邪魔をしないようにしないと』と書いていました。
それほど、心配を口に出しそうになっていたということですね。
この親のドキドキは、みんな一緒ですね。
無事の再登校を応援しています

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None