中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

訪問 2

  •  投稿日:2007-10-31
  •  カテゴリ:中学校
中学校の生徒指導の先生が家にこられました

事前に担任の先生からお話があり、息子にも話をしました
「先生も心配してるから、家に入ってもらってお茶を出してあげてね」と。

仕事で家をあけているため、どんな様子だったのか全くわかりません
息子に聞いても嫌がるのが想像できます

すると息子から電話がはいりました。
「先生とキャッチボールしてん。結構早い球投げるやんって言われてん。
おもしろかったで。」

速い球をほめられて、うれしかったようです


夕方学校へ問い合わせの電話をし、生徒指導の先生に様子を伺いました

約束の時間前から玄関で待ってた様子です。お茶も用意してありました
近所のグランドでキャッチボールをしていただいたようです

「 特に拒否反応はなかったですよ。」
「帰りに○○くんが次いつ来るん?ときいてくれました」

息子の様子の変化がうれしく、そろそろ動きだす時期なんだろうかとも思います


夕方予約していた歯医者も自分から時間をみて行きました


ただ、夜はしきりに「つかれた」と言っています。
体・精神ともに緊張したのでしょうか

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。