不登校中の気持ち(追記あり)

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

不登校中の気持ち(追記あり)

中学校の卒業式を終え、いろいろなものを持って帰ってきました。
でも、今も部屋でカバンに入ったまま放り出してあります。
この春休みの間に、我が家は大掃除がいたるところで必要です。

息子の学校からの荷物の中に、学校で書いた作文や班ノート・目標などのプリントをまとめた冊子がありました。
(こっそり見ました
その中に、息子自身が書いた不登校中の気持ちがありました。
これは、2年生の最後に書いたもののようです。

本来なら、2年生の時のものですから冊子には入らないのだと思いますが、
担任のT先生があえて入れてくださったようです。
2枚あります。(原文です)

-----------------------------------

2年○組 
一年のころから不とうこうだった自分は2年の夏休みが終わったころに行きはじめた。
さいしょはなにをやればいいかわからなくてとまどったり、
べんきょうをしていなかったせいでじゅぎょうにもついていけなかったりした。
それでもがんばって今では1年生のときのはすこしわからないけど、
今のべんきょうにはついていけてる。友だちもふえたりしている。
あのときに、いやがらずにいっておけばよかったと思う。
これから3年生になって1年生や2年生をひっぱっていけるような3年になりたい。


2−○
1年のころ学校にこなかった。
みんなはしんぱいしていたのに、自分はこわくなって学校に行きたくないと言ってしまったこと。
さいしょのうちは一人でも行けるとおもっていたけど、だんだん一人でいることにふあんをかんじてきて、おこられたりもして、自分一人でいてもたのしくなくなってきたりもした。

そして、学校にいかなくなって、いつのまにか学年があがっていて、
べんきょうもしていなかったから、一年のべんきょうないようもぜんぜんわからなくて、
学校にきたのは夏休みがおわったころくらいだった。

みんなは夏休みの宿題を終わらせているのに自分だけぜんぶ終わらせてなくて。
それでもおうえんしてくれた人もいた。
がんばっていくうちに一年の分のべんきょうはとりもどせそうになったけど、
友だちとあそばなかった分はどうやってもとりもどせないことを知って、かなしくなった。

学校にきたてのころ、学校を休んだりしたとき、いろいろな人からおこられたりもした。
今では、学校にまいにち行って、12月のころに、休まずにきたことで、うれしかった。
今年からは、休まず学校に行くことをもくひょうにしたい。

-----------------------------------

私は、この文章を見て、悲しい涙と嬉しい涙があふれてしまいました。

息子自身が、不登校から自分の力では抜け出せないと思い、なすすべがない様子を、
親として何もその時にしてやれなかった・・・。
気持ちすらわかってやれなかった・・・。

1年生の最後は、親の目からは『楽しい不登校状態』だと思っていました。
だからこそ、親が無理矢理にでも動かねばと思いました。
けれども、息子自身がどうしたらいいかわからず不安だったんだと思うと・・・
そして、勉強のこともこんなに不安があったのかと。


反面、この文章を息子自身が学校で書いたことが嬉しいのです
なかなか、自分の本心を出すことは、恥ずかしい年齢です。
なのに、あえて、気持ちをだしたことが、息子の成長の証です。

まだまだ自分に甘いところのある息子に見えます。
しかし、こうして息子の中で不登校を乗り越えつつあるのを目の当たりにすると
今度は嬉し涙ですね


世間では、学校だけが道ではないと言われます。
しかし、我が家の場合は、復学できたことを、一番息子が喜んでいます。
息子自身が書いたこの文章、ひらがなばかりだけど、まぎれもない息子の気持ちですね

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


(追記)  

もう一枚、息子が不登校の原因を考えた文章です。
これからの部分が、朝ごはんのことというのは息子らしいです


『これまでの自分・今の自分・これからの自分』

1年のときに自分は学校に行かなかった。
なにが原因だと今思いだしてみるとこんなことがあった。
まず、小学6年生のころ、自分はいじめられていた。
それが、中学にはいったころもひきずっていたからだと思っている。
最初の頃は、自分もなじもうとしていたのに、自分はいじめられることが怖くて、学校に行きたいと思わなかった。
今からすれば、みんなも一生懸命クラスでがんばろうとしていたのに、自分だけ逃げていたということがわかった。
それを見てだれかがおもしろいと思っていじめていたのかもしれない。

学校に行かなくなっていろいろな人に迷惑をかけていたのかと思うと、自分はなんで楽しい学校に行くことを拒んで、学校に行ったらいじめられると言ったのだろう。
今の自分からしてみれば、家にいるより、学校でみんなと話したり、遊んだりするほうがよっぽど楽しい生活をしていたのではないのかと後悔している。
今ではみんなといい関係を作っていると思う。友だちも増えたりした。

これからは、自分で決めたことはちゃんと終わらせることと、どれだけ遅くても朝ごはんをちゃんと食べてくることと、夜は遅くても12時30分までには宿題と学校の用意をすませることです。




ぶにん先生のカウンセリングルームで、不登校中の子供の手記を記事にされています。
(不登校を乗り越えた子たちの思い)

どの子供も、乗り越えてたくましく育っていってほしいですね。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (18)

Unknown

ご卒業おめでとうございます。

悲しい涙と嬉しい涙というお気持ち、わかるような気がします。
息子は当時まだ小さくて自分の気持ちをこのような文章にもできない年齢でしたけど・・・ここでちゃろさんの息子さんに代弁してもらったかなと思いました。とても胸打たれる文章です。

自分では学校へ行きたくないと思う気持ちを変える術がわからないで不安の中に立ち止まるしかなかったのかと思うと、親としては本当にやりきれない思いが今も胸に残ります。
ですが、これを読めばしっかりと自分がこれからはどうしたいか、どうすればいいか考えられるお子さんに成長されているのもわかりますよ。

私達は後悔を胸に抱いているから、小さな成長を喜べるとも思います。この子達がもうこんな辛い思いを抱えることなく、無事社会に出られるよう、頑張って支えていきたいですね。
メリーベル URL 2010-03-17 11:28  [Edit]

Unknown

悲しい涙と嬉しい涙...私も読みながら涙が止まりません。
息子さんの文章は不登校の子ども達みんなの気持ちを代弁してくれているように感じます。
家の中で暴れている子も、楽しい不登校を過ごしているように見える子も、本音はみんな一緒なんでしょうね。

>友だちとあそばなかった分はどうやってもとりもどせないことを知って、かなしくなった。

勉強面の課題が増えてくる中学生でも、やはり1番は友達や仲間との時間なのですよね。
うちの娘も、自分がいない間の話題が出た時等に休んでいたことをとても後悔したみたいです。

それでも、毎日学校へ通えるようになって、その喜びを子ども自身も感じとりながら成長し続け、不登校を乗り越えつつある子どもの姿はありがたくもあり、もう2度とあんな思いをさせないために親としての勉強を怠ってはならないと改めて思わせてもらいました。
ふらわぁ URL 2010-03-17 12:27  [Edit]

Unknown

息子さん 卒業おめでとうございますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/s1_spr_sakura.gif">

不登校中の気持ち・・こんなに沢山の不安や色んな思いと向き合っていたんですね。
家の娘も、きっと同じ思いと向き合っていたんだな・・と思うと同時に、なかなか復学という道に方向転換できなかった自分に腹立たしい気持ちもあります。

確かに学校以外の道もあるでしょうが
我が家も「学校へ戻る」ことを選んで本当に良かったと実感しています。
「学校なんか行きたくない」と言っていた娘が、今は楽しそうに登校しています。

「学校に行きたくない」の本当の真意を分かって良かったです。
そして、こうやってブログで繋がれる事にも感謝です。ありがとうございますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/onpu.gif">
juma URL 2010-03-17 16:51  [Edit]

Unknown

息子さんが不登校のことを振り返り、その当時の自分の気持ちに向かえたこと。それを言葉にできたこと。もう、息子さんが、学校に行くことが当たり前になり、不登校のことを過去のこととして消化できてきたのだろうなと感じました。

その言葉の中に「1年生や2年生をひっぱっていける3年生になりたい」とか、「休まず学校に行くことをもくひょうにしたい」という前向きな言葉があったこと、私はとても感動しました。

友だちとあそばなかったぶんはどうやってもとりもどせなくて、かなしい・・・この部分が一番、私も悲しかったかな。中学生は勉強の遅れを取り戻すのは大変だと思いますが、それ以上に友達との時間は重いのですね。
復学して、お友達との時間がもてたこと本当によかったなと思いました。
ティカ URL 2010-03-17 20:54  [Edit]

Unknown

私も先にコメントされた方々と同じ思いです。
息子さんの文章には心をゆさぶられ、涙が出ました。
と、同時に中学時代のつらい経験をいま、このように文章にできるというのはすごいなあと。
高校生になってから、大人になってからとか、完全にその時を過去としてふり返るのとは違い、卒業間近ではあるけれど、同じ「中学時代」のなかでふり返ることができるのは、大変なことだと思います。自分の心と向き合い、ある程度客観的にその時の心をふり返って文章化するというのは大人の私でも困難な時があります。(時には…なかったことにしようと心にふたをしてしまったりとかhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0006.gif">)
うちの次男は自分が不登校していたころの事に長男が話題を振ってしまい(悪気はなかったのですが)くってかかった事があります。長男もすぐに気づき、すなおに「あ…ああ」と話すのをやめたんですけどね。
当然といえば当然なんだけど、まだ触れられたくない経験になっているんだなと感じました。

息子さんの強さを感じ、なんだか私も励まされました。
ありがとう。ちゃろさん、息子さんhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0230.gif">
かのん URL 2010-03-18 08:12  [Edit]

Unknown

私も涙があふれて止まりません。
不登校中のどうすることもできない思い、不安、復学後の喜びと悲しみ。
>べんきょうはとりもどせそうになったけど、
友だちとあそばなかった分はどうやってもとりもどせないことを知って、かなしくなった
息子さんのことばに我が家の娘も、継続登校しながらいろんな想いを胸の奥に秘めているのだとあらためて思いました。

本当に過ぎてしまった時間はとりもどせないけど、それをしっかりうけとめ前を向いた息子さん。きっと誰よりもお友達やご両親を大切にする優しい青年ですね。
piano URL 2010-03-18 13:02  [Edit]

Unknown

息子さんの言葉が胸にず~んと響いてきて、私も涙が出てきました。
不登校中、自分ではどうにもできない抜け出せない、そして一人でいることの不安。
「いつのまにか学年があがっていて」
どんどん時間だけが過ぎていってしまってるのが感じられ胸が苦しくなりました。
こんなふうに、自分の不登校のことを文章にした息子さんは不登校を過去のこととして乗り越えられたんだろうなあ思いました。
そしてこれからどうしたいか!未来に向かって進んでいる気持ちもあって、本当に学校に戻れることができてよかったなあと、息子さんの文を読んでつくづく思ってます。
息子さんは不登校を乗り越え、受験を乗り越え、たくましくなっていますね。
ここに息子さんの文章を載せてくださったちゃろさん、ありがとうございます。
不登校になってしまった子どもの気持ちがすごく伝わってきて、それを乗り越えていく子どものたくましさも感じられてよかったです。
みかん URL 2010-03-18 15:19  [Edit]

メリーベルさんへ

お祝いのコメントありがとうございます。
メリーベルさんのコメントを読んで、ものすごくわかってくださっている!と、嬉しくなりました。

息子の字で書かれたプリントを見つけた時は、なんだかすごくショックだったんです。
こんなことを考えてたのかと、思いもしないことでした。

よく支援の先生が、子供はみんな学校へ行きたい気持ちをもっていると言われます。
きっと、登校刺激の時にこんな気持ちを引き出してあげることができるのだなと感動しました。
どうしようもなく困っていたら、どんどん周りが動いて行って追いつけなくなったという感じだったのかもしれませんね。
『私たちは後悔を胸に抱いているから、小さな成長を喜べる』本当にその通りですね。
親として頑張らないといけませんね。
ちゃろ URL 2010-03-18 21:52  [Edit]

ふらわぁさんへ

息子が、こんなことを考えていたのかと驚くとともに親の方が反省しました。
そして、不登校中の子供がこんな気持ちでいることを、今道を探されている方に知ってほしいと思います。

息子が友達とのことをこんなふうに考えていたことも驚きでした。
子供は親が知らない間に乗り越えて前進しているのですね。

親が苦しい気持ちを忘れる必要はありませんが、ふらわぁさんのおっしゃるように親としての勉強を怠ってはいけませんね
ちゃろ URL 2010-03-18 21:57  [Edit]

jumaさんへ

Jumaさんの娘さんも、いろいろなことを考えられていることと思います。
息子の場合は、絶対親には話してこないだろうと・・・
それを見越して、担任の先生がこっそり教えてくださいました。
でも、女の子は将来話してくれそうですね。

学校という道を選択することが、子供に無理を強いるという考え方があることも知っています。
でも、不登校の子供の中には、こんな風に考えている子もいることを知って欲しいと思いました。『学校にいきたくない』の本当の意味を取り違えることのないよう願うばかりですね。Jyumaさんのコメントで他にもこう考えている家族がいることで後押ししてもらった気がします。ありがとうございます。
ちゃろ URL 2010-03-18 22:22  [Edit]

ティカさんへ

息子の中では、過去の出来事として消化していっているのでしょうか。
この分章を書いたのが、中2の最後だと思います。
多少かっこつけて書いているとしても、息子自身の気持ち・言葉には違いありませんね。

友達とのかかわりは、この年代の子供にとって親よりも何よりも大きな存在かもしれません。ティカさんの息子さんも、きっと友達の存在が大きいのでしょうね。
もしかすると、打ち明け話は友達とになるかもしれません。
親としては少し寂しいですが、それが必要なんでしょうね。

うちの息子は、まだそこまでいっていないようですが、学校という社会の中にいる間に、友達という財産を作ってほしいです。
ちゃろ URL 2010-03-18 22:26  [Edit]

かのんさんへ

息子の分章を読んでくださってありがとうございます。
ひらがなばかりなのが、ちょっといただけませんがこれがまぎれもない息子の気持ちなのだと思うと複雑な心境になってしまいました。

かのんさんの次男さんも、少しずつ乗り越えているのかもしれませんね。
親としてできるのは、子育ての勉強を続けることなのかなと思っています。
ちゃろ URL 2010-03-18 22:34  [Edit]

pianoさんへ

子供が一番よくわかっているのかもしれないと考えさせられました。
本当は学校へ行きたいという気持ちがあっても、実現できそうになければそう思わないのが一番いいと思ってしまうのでしょうか。
そんな時に、親が子供の本当の気持ちを見誤ることのないよう親子関係を小さいうちから作っていないといけないのかと反省です。

pianoさんの娘さんも、いろいろな気持ちを持って継続登校に挑戦しているのですよね。
それを応援しくじけそうな時は、愚痴を聞いてやれる親をめざしたいですね。

親は、つい喉元過ぎればと忘れてしまいがちです。
『過ぎてしまった時間はとりもどせないけど、それをうけとめ前進する』pianoさんのこのことばを忘れずにがんばりますね
ちゃろ URL 2010-03-19 21:58  [Edit]

みかんさんへ

息子が、こんなことを考えていたのかと思うと、やるせない気持ちで一杯でした。

不登校中、毎日パソコンに向かって、楽しそうにしている姿からは、想像もつかなかったのです。
『いつのまにか学年があがっていて』みかんさんも書いてくださったように、この言葉が胸につきささるようです。
子供が自分の力でどうすることもできない状態を親が見誤ることのないよう、我が家の失敗がどなたかの参考になればと切に願います。

息子にもう一度道を歩き出す勇気をくれた先生方には感謝のことばもありません。
そして、その息子を黙って見守ることのできるのはここで支えてくださる、みかんさんをはじめとした皆さんのおかげなんだなと感謝です。
ちゃろ URL 2010-03-19 22:01  [Edit]

Unknown

遅ればせながら^^;
息子さんご卒業おめでとうございます!!
そして息子さんの文章・・胸を打たれました。。
息子さん自身どうすることもできなくて辛く苦しい日々だったのですよね・・。
記事にして下さりありがとうございます。
うちの息子はこうして不登校中の気持ちを書いたり口にしたりすることはこれまでにありません。時々どう思ってたのかなって思うときもあります。まだ消化されてないのかも・・。
息子さん前向きな文章も書いてらして!嬉しい成長の証ですね。
夏恋 URL 2010-03-19 23:22  [Edit]

Unknown

不登校の時のきもち、どおしても親は一方的な目線でみてしまいます。
ちゃろさんの息子さんのかいた作文 よんでいて、子供は子供なりに悩んでいるんだな、っておもいました。 。どんなにたのしそうでも、きっとどこかで苦しいんだな、って。
息子さんなんかすごく大きくなっていくようにおもいます。うやらましいかな?なんて。
春から高校生ですね~
またコメントきますね
ゆうま URL 2010-03-20 12:41  [Edit]

夏恋さんへ

ありがとうございます
不登校中の気持ちは、私も息子がここまで心の整理ができていることに驚きました。
もちろん、学校での作文ですのでちょっとカッコつけている部分はあるかもしれません。
親としては、忘れることなく親としての勉強を続けていきたいですが、子供の心の中からは忘れて前へ進んでいってほしいですね。
夏恋さんの息子さんの口から、その時の気持ちが聞ける日もくるかもしれませんよ。
ちゃろ URL 2010-03-20 22:15  [Edit]

ゆうまさんへ

不登校中の気持ちは、息子は何も考えていないだろうと思っていたんですよ。
親の思いこみですね。
もちろん、中学生になったばかりの息子には、親が納得する説明をすることは難しかったと思います。いじめのことも、何も知らない親でした。
高校生となる息子ですが、楽しみと不安が半々です。
又、コメント待ってますね。
ちゃろ URL 2010-03-20 22:29  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。