息子のお弁当の事件?(お弁当)を藤本先生にも聞いてもらいました。
その時、いただいたアドバイスの中に、お小遣いと緊急用のお金のことがありました。

今まで、息子の中学校は制服での買い物は禁止でした(コンビニも)
そのせいか、学校にお金を持っていく習慣がありません。

先生からは、
『今回のような緊急時(お弁当を忘れた時)のために、500円か1000円くらい渡しておくのも一つの方法ですよ。
そして、これはお小遣いとは別の緊急用という点をしっかり理解させてください。』と伺いました。

息子のお小遣いは今まで1000円。そして高校生からは4000円になります。
今までのお小遣いが少なかったので、息子は、お小遣いはどんなものにいるかがよくわかっていないということのようです。

「高校生になったから友達との付き合い(交際費)のお金がいるかもしれないから、気をつけなさい」
こう言ったのでは、息子には何をどういうふうに気をつけるのか、伝わりません。
もちろん、お小遣いですので、好きに使っていいわけですが、ほっておくと4000円全部ゲームに消えていきそうです

『とりあえず1ヶ月だけお金がどんなことにいるか様子をみるように。
そのためには、1000円は好きに使って、残りの3000円は様子をみるために使わずにおいておきなさい。』
と伝えようと思います。

こんなことまで、先生に聞く我が家って・・・
アドバイス、ありがとうございました

翌日の朝、息子に500円渡しました。
息子は、『え〜、いいの?』というように、きょとんとしていました。

母 「昨日みたいな(お弁当忘れた)ことがあった時のために、お金も持っておかないとね。
息子「ああ、そうやな〜。」
母 「これは、緊急時のために使うんよ。普通におやつ買うためじゃないよ。」
息子「わかった」
母 「絶対なくさない所にいれておきなさい」
次の緊急時の判断に期待したいところです



息子のお弁当の件をお父さんにも話していました。
するとやっぱり心配だったようで、父親から息子へ注意したようです。
その後に私が帰宅し、
息子に「今日お弁当忘れたね」というと、又言われるのかとイヤな顔をしていました。

藤本先生からも同じことを言う場合は2回目の注意には工夫が必要と教えてもらいました。

同じことを父親と母親から言われると、またかと、言われた方はムカッとします。
すると、『忘れたことを気をつけよう』とする気持ちが飛んでしまい
『うるさいな〜』という気持ちの方が大きくなるそうです。
そうなると、逆効果ですね。
特に思春期の子供には、よくあるそうです。
1回目、「父親が弁当忘れずに持っていきなさい」と言えば、
2回目になる母親は、「ここに、置いておくよ」とだけいうほうがいいのでしょうか。

もちろん、何も言わずに本人の気づきを待つのも一つの方法です。
言うのであれば、『同じことを繰り返していわないように』ですね
言葉は、大切で難しいですね

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None