スクールカウンセラー 2

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

スクールカウンセラー 2

月に1度スクールカウンセラーの先生に話を聞いてもらいます

最初は息子もと思ったのですが、やっぱり息子は無理。
場所が学校ということも難しい原因だったのかと思います。
そこで親の方が利用させてもらいました

ただ相談の報告は担任の先生にいっていたと思うので、
学校との唯一のつながりだったのでしょうか

カウンセラーの先生は1度息子とあっているのですが、
特にじっくりと話をしたわけでもないため、息子の性格や状態はわからないと思います

この時期、息子が家にいるのが、日常となってきており、
親の方も特に動こうという気持ちが薄れていた時期でした。
カウンセラーの先生も特に指示されるのではなく、
私の話をひたすら聞いてくださいました。

ただ後になって思うのは、この時期は何か指示されても息子が受け入れたかどうかわからず、
息子のことを考え続けるための場としてよかったのではないかと思っています。
その反面もっと他の方法があったのだろうか?と後悔もあります

行った時に来月の予約をいれて帰ります。
予定に入っているから約束を守るためにいきましたが、
そうでなければ親の方も日常の忙しさにまぎれて
子供のことから逃げてしまっていたかもしれません

この時先生に何を話したのか記憶がありません。
ただ来月に病院の受診予定があるため、
  「いったいどうやって息子をつれていけばよいですか?」
  「何と言って話せばよいですか?」
と聞くと

先生から、「『うまくいくためのヒントをもらうために行ってみよう』と言ってみれば?」とアドバイスをもらいました。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。