息子の中間テストが近付いてきました。

相変わらず、家で勉強している姿は見せてくれません。
日曜日などは、本当に一日中パソコンに向かっています。よく疲れないものだと・・・
勉強に関しては、何も言いませんがあまりにもやらないので、本当に親から言わなくていいのか心配になってきました
まだ、授業の内容自体は、基礎的なもののようです。
息子自身も、授業はわかると言っていました。

今は、基礎をやっていても、いつのまにか高校の勉強の内容に移行していきます。
その時に、気がつけば難しくなっていてついていけなくなっていたということがないようにと思います
逆を言えば、今の易しいと思える時期にしっかり点数に結びつけることができれば、本人のやる気ににもつながり、良い波にのることができます

親が勉強のことを言うべきかと、少し悩んだのですが、
藤本先生から、『高校生になれば親は言いません。そのための塾です。
塾の方へ、テスト対策の打診はしておいてください。それでも、本人の意思が優先です。塾側がどの程度必要と考えているか、しっかり本人と相談するように』と伺いました。

塾側は、試験前に3〜4回追加を提案してくださったようですが、
息子は、2回だけにすると決めたようです。(大丈夫か?

塾の先生から、息子が友達に勉強を教えたという話を聞いてびっくりです。
息子自身もびっくりしたようで「まさか人に教えたりするとは思わなかった〜」と言っていたそうです。


今日、訪問のN先生が様子を見にきてくださったようです。
というのも、私が帰宅した時にはもう帰られたあとで、
息子からは何も言わないので、こちらから聞くこともできません

でも、夕食後に「ちょっと、課題やってくるわ〜」と部屋に上がって行きました
そのあとは、又目の前でゲームをしていますが・・・・

頑張ってほしいですね

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None